星色気まぐれゲーム日誌

ゲーム(主にポケモン)の進捗と感想をまとめたプレイ日記です。

理想を尋ねて真実を知るイッシュ冒険レポート②

皆さん新年あけましておめでとうございます。

と言っても、もう1月も3分の1は過ぎているんですよね……早くないですか!?

 

さて、そんな新年一発目の記事は昨年ラストの記事の続きで『イッシュ冒険レポート』の二回目となります!

年末年始と三連休で一気に進んだストーリーを振り返っていきましょう!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

前回、4番道路側のヒウンゲートでベルとバトルを終えた続きから始まります。

4番道路に出るとチェレンが待っているので、四度目のチェレン戦に突入です。

f:id:hoshi_dachi3:20201231111804j:image

 

バトルが終わると、博士から幼馴染トリオに一斉着信があります。

しかし、ベルは着信に気付かなかったのか応答せず。

f:id:hoshi_dachi3:20201231112700j:image

通話で言われた通りライモン側のゲートまで行くと、博士からハイパーボールが貰えます。

また、博士から幼馴染トリオに図鑑とポケモンが贈られた理由は3人の母親『子供たちに旅立ちという経験をさせたい』と博士に頼んでいたから、という話が聞けます。

 

ここで『4番道路で未捕獲のポケモンをゲットすることをお礼にしたい』と言うチェレンと別れ、主人公は次のジムがあるライモンシティへ。

すると、育て屋のおじいさんがプラズマ団のしたっぱと揉めている場面に遭遇します。

f:id:hoshi_dachi3:20201231163101j:image

 

バトルが終わるとしたっぱ二人は遊園地の方へ逃走し、育て屋のおじいさんからお礼に自転車を貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201231163415j:image

これでようやく移動速度が上がる……!

 

その後、育て屋に戻ったおじいさんと入れ替わるようにベルが現れ、ライモンシティの名所を色々教えてくれます。

街についての説明を終えたベルミュージカルホールを見に行くのですが、ここで彼女を追わずに5番道路に繋がるゲート(もう一つの方のゲートについては未確認ですすみません……!)を通ろうとするとベルが主人公をミュージカルホールの中まで連れて行ってくれるイベントが発生しました。

f:id:hoshi_dachi3:20201231163942j:image

中に入るとミュージアムについての説明がされ、グッズケースを貰えます。

 

その後ドレスアップの体験を終えてホールの外に出ると、ベルの父彼女を連れ戻しに来ていました。

旅を続けたいと旅を止めさせたいは口論になるが、そこに現れたカミツレの言葉を受け、ベルパパの旅の継続を認めます。

そして、父からの許しを得たベル『あたしのやりたいことが見つかるまで旅を続ける』ことに決めました。

f:id:hoshi_dachi3:20201231164656j:image

BGMも相まって名シーンですよねここ……!

 

ベルと別れ、カミツレもジムに向かったことが分かったのでジムがある遊園地の方へ。

そういえば、逃げたプラズマ団が遊園地の方へ向かっていたような……と思っていると、観覧車について難しい力説をするNが下のような提案を持ち掛けてきました。

余談ですが、上記のベル親子のシーンを12/31、遊園地突入を1/1にプレイしていたので、ここからゲーム内の季節がになっています。

f:id:hoshi_dachi3:20210101124328j:image

そしてこれが後に『観覧車密室事件』と語られる例のシーンの導入である。

 

Nに言われるがまま観覧車に乗ると、ゴンドラの中でNの口から自身がプラズマ団の王様であると明かされます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101124406j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210101124350j:image

ところでこの観覧車のゴンドラの扉って現実の観覧車と同様に外からしか開かない構造ですよね?ポケスペでこのシーンに相当する回でゴンドラの扉を観覧車の内側から開いている描写があったのが未だに引っ掛かっているので……。いやゲームと漫画は別だろってツッコまれたらそれまでですが。

あと当時は本誌リアタイ勢だったのであの回にはめちゃくちゃ衝撃受けてました。

 

観覧車を降りると先ほど育て屋のおじいさんに絡んでいたしたっぱ二人が現れ、Nは主人公に問いかけます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101124444j:image

ちなみに、ここは選択肢でNの反応が微妙に異なっていました。

▶はい

f:id:hoshi_dachi3:20210101124454j:image

▶いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210101124534j:image

 

三度目のN戦へ。と判明したこともあり、Nの肩書きがプラズマ団に変わっています

f:id:hoshi_dachi3:20210101124742j:image

 

バトルが終わるとN主人公『ボクを止めたければ各地のジムバッジを集めてポケモンリーグに向かえ』と言い残し、その場を去ります。

f:id:hoshi_dachi3:20210101125318j:image

チェレンNもそれぞれが抱える事情のために『チャンピオンを超え』ようとしているんですよね……。

 

さて、Nの言葉もあるのでライモンジムに挑みましょう。

ジムのギミックは『ジェットコースターに乗りつつスイッチでコースを変えていく』というものです。

f:id:hoshi_dachi3:20210101165059j:image

 

勝利すると今までのジムと同様にジムバッジとわざマシンが贈呈され、カミツレから『跳ね橋を通れるようにしてあげるから5番道路に来て』と言われます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101170153j:image

これで次のジムがあるホドモエシティへの道が繋がるので、回復を済ませて5番道路へ向かいます。

 

ゲートを抜け5番道路に出るとチェレンに呼び止められるので、五度目のチェレン戦となります。

f:id:hoshi_dachi3:20210101170852j:image

バトルの回数が増すごとにこの台詞がチェレンの常套句と化していく=強さに囚われているように思えます。

 

バトルが終わるとカミツレが現れ、跳ね橋の方まで二人を率いてくれることになります。すると、その途中にいた男性カミツレに話しかけてきました。

f:id:hoshi_dachi3:20210101171623j:image

この男性こそ現時点のイッシュ地方チャンピオン・アデクです。

会話の中で『チャンピオンになってどうする?強くなるだけでいいのか?』チェレンに問うアデクは、主人公も合わせた二人に『この子たちと戦ってみないか』と進言します。

 

というわけで、チェレンとタッグバトルです。

ちなみにチェレンはバトル前にポケモンの回復をしてくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101172745j:image

バトル後のチェレンと園児二人組の反応は対比的なものでした。

ポケモンが一緒にいればそれでいいという人もいれば、強さを重視する人もいる……BWは随所に色んな人の考えの違いが見えますね。

 

ここでアデク一行と別れ、跳ね橋の手前まで行くとカミツレヤーコンに連絡して跳ね橋を下ろすよう要請してくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101172904j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210101172900j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210101172856j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210101172852j:image

偶然とはいえ、オレンジの空が物凄く綺麗なタイミングで跳ね橋が下ろされるアニメーションが見れました……!

なお、この場面で『オレンジの空の下』を思い出したものの風花さんの曲名SSRは未所持である。

 

跳ね橋の開通を見届けるとカミツレは『テレビの仕事がある』と言ってライモンシティに戻り、チェレン強さこそ正しいとチャンピオンに証明する』と言い残して先にホドモエシティへ向かいます。

跳ね橋の上でハネを拾いつつ主人公も遅れてホドモエシティに到着するとチェレンヤーコンがおり、ヤーコンは『橋を下ろしたせいでプラズマ団が街中に逃げたから探してくれ。見つけてくれたらジム戦の相手をしてやる』と二人を歓迎するどころか激おこモード。

f:id:hoshi_dachi3:20210101173821j:image

というわけで、ジムに挑むためにもプラズマ団を探しましょう。

 

街の南にある冷凍コンテナプラズマ団がいるかも?ということで突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20210101203011j:image

寒いの苦手なチェレンかわいい

 

なお、コンテナの中でもチェレン『チャンピオンになることに強さ以外の意味はあるのか?』と悩んでいる模様。少し前に会ったアデクの言葉が引っ掛かっているようです。

f:id:hoshi_dachi3:20210102154745j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102160249j:image

一番奥のコンテナの中に七賢人のヴィオとしたっぱたちがいます。

『王(=N)のトモダチとなるポケモンを預かっていると言うヴィオはそのポケモンを傷付けるわけにはいかないと、したっぱたちに主人公チェレンの相手を任せてきます。したっぱは八人いるので、それぞれ半分の四人を相手することに。

 

四人したっぱを倒すと作業員を引き連れたヤーコンが登場し、ヴィオを含めたプラズマ団たちは作業員たちに連行されていきました。

f:id:hoshi_dachi3:20210102161236j:image

その後、ヤーコンは『約束通りジム戦をしに来い』と言い残しジムに戻ります。

このときチェレンプラズマ団の言い分にプラズマ団の理想は人とポケモンが離れ離れになること、つまりポケモンがいない世界を目指しているようなものじゃないか』と呟いていました。

 

さて、ヤーコンからのお許し(?)も得たところでホドモエジムに挑戦しようとジムに向かうと、ゲーチスヤーコンヴィオやしたっぱたちの受け渡し交渉を持ち掛けている場面に遭遇します。

f:id:hoshi_dachi3:20210102162656j:image

街中での争いを避けるため、ヤーコンはゲーチスの言い分を呑んでヴィオたちを返します。その後、プラズマ団一行は去り、ヤーコンはジムへ戻り、チェレンはジム戦前のトレーニングのためそれぞれこの場からいなくなります。

 

これでようやくホドモエジムに挑戦できます。

ギミックは『リフトで移動する』というものです。

f:id:hoshi_dachi3:20210102164909j:image

ヤーコンが待ち受ける最深部はかなり地中深くにある模様。

 

勝利するとジムバッジとわざマシンの贈呈……となると思いきや、ここで渡されるのはジムバッジのみです。

f:id:hoshi_dachi3:20210102165836j:image

先に6番道路での用事があるので、わざマシンはそちらを済ませてから渡すと言われます。

 

それならばと6番道路に行こうとするとベルに呼び止められ、四度目のバトルに。

f:id:hoshi_dachi3:20210102170409j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102170420j:image

ここでも主人公の性別で呼び止め方が微妙に異なっています。

 

ベルとのバトルが終わると、彼女から『そらをとぶ』のひでんマシンが貰えます。

どうやら、あの後ベルパパ『早く帰って来れるように』という意図でくれたとかなんとか。

 

チェレンにもひでんマシンを渡すとのことでベルとはここで別れ、ヤーコンの用事がある6番道路の電気石の洞穴の前まで行きます。

すると、デンチュラの巣で入口が塞がれていました。

f:id:hoshi_dachi3:20210102172334j:image

これをヤーコンのワルビルが撤去してくれるのですが、巣の消え方がどうあがいてもポケレンシリーズのターゲットクリアだったんですよね!!!

これなら近くにいたポケモンレンジャー(※6番道路には戦闘後にクラボのみをくれるNPCトレーナーのポケモンレンジャーが男女一人ずついます)に頼んでタゲクリしてもらった方が早かったのでは……?

 

その後、ヤーコンから『じならし』のわざマシンを受け取り電気石の洞穴の中に入ると、いきなりダークトリニティ(トリニティと言いつつこのシーンには二人しかいないのだが)に捕捉されます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102174057j:image

彼らに連れて来られたのはNの目の前。

目的を果たすと二人は再び姿を消し、Nとの会話になります。

ちなみ、N曰く入口にデンチュラの巣を仕掛けたのはダークトリニティとのこと。 

 

そんな前置きはここまでにして、Nは主人公に問い掛けます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102174123j:image

ここも選択肢によって反応が微妙に変わります。

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210102174238j:image

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210102174305j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102174332j:image

Nの話によると、ゲーチス主人公の事を話してみたところ、ゲーチスは主人公に興味を持ったのかダークトリニティを使って主人公たち幼馴染トリオのことを調べさせたそうです。

 

以下、調査に伴うゲーチスの感想

チェレン強さという甘い理想を求めている』

ベル誰もが強くなれるわけではないという悲しい真実を知っている』

主人公どっちにも染まっていないいわばニュートラな存在』

f:id:hoshi_dachi3:20210102174656j:image

これらの調査結果を踏まえ、ゲーチス主人公がトレーナーとして大成することを期待していると教えられます。

 

これで言いたいことを言いきって満足したのかNが去り、洞穴をしばらく進んでいると再びベルに呼び止められます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102174524j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102174531j:image

ここも主人公の性別によって呼び止め方が異なります。

 

ベル主人公を呼び止めたのは電気石の洞穴のギミック(ぐらぐら浮いている石は大きくて電気を帯びている石がある方向に向かって押すと磁力に引き付けられる)を教えるためで、その話が終わるとアララギ博士が現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102174541j:image

ポケモンの起源を調べていることを理由に父親からギアルの調査を頼まれた』と言う博士は主人公にしあわせタマゴをくれました。

ちなみに、ベルが同行している理由は博士のボディーガードのためだそうです。

 

ここで二人とはお別れ……かと思いきや、洞穴を少し進むと二人が追いかけてきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102180949j:image

古い洞穴を調べてもギアルの存在証明は100年以上前のデータでは不可⇒ギアルは100年前に突然誕生したポケモン?という博士の話は聞いていて興味深かったです。

 

再び二人と別れ、橋の手前まで進むとまた唐突に現れたダークトリニティ(今回はちゃんとトリニティでした)に捕捉されます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102181636j:image

主人公を捕捉し橋を渡り終えた三人は『階段の下でプラズマ団が待ち構えているからそこまで来い』と言い残して姿を消します。

 

そして、その言葉通り洞穴の出口の手前にはNが待ち構えていました。

N『灰色の世界からポケモンと人間を白黒切り分けてポケモンを独立させること』とのこと。そして、自分のように主人公にも何かしらのがあるのか尋ねます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102190402j:image

ここも選択肢で答えが変わります。

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210102190648j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102190643j:image

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210102190704j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102190707j:image

 

そして、Nと四度目の勝負です。

三度目の勝負のときは撮り逃してしまったんですが、このカットインかっこいいですよね……!

f:id:hoshi_dachi3:20210102190741j:image

 

ここのバトル終了後の台詞は『トモダチになりたいポケモンが異なることもあり微妙に違います。

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210102191113j:image

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210102191124j:image

こうしてバージョン別の台詞を並べるとNには真実より理想を追究している方が合っているように聞こえるんですよね。

ガラルスタートーナメントの相方ホップ選択ルートの方が正史っぽく感じた件といい、『公式が提示する物語の可能性が多岐にわたる場合、全ルートを比較するとどうしても或る一つのルートに正史っぽさを感じてしまうのは避けて通れないということでしょうか……。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

まあそもそもポケモンって基本的に二種同時販売な上クリスタル版以降は主人公も選べるようになっているので

A版男主でプレイした世界

A版女主でプレイした世界

B版男主でプレイした世界

B版女主でプレイした世界

と最初から世界の可能性4パターンあるんですけどね……。

これでポケマスで『ブラックを男主でプレイした世界』のその後を見せ付けられて解釈違い(※しかも『ブラックを男主でプレイした世界』におけるそれぞれの主人公描写はかなり本家に忠実なので文句も言い難い)に効果抜群を食らったのが『ブラックを女主でプレイした世界』がBWの軸となっていた私です……。かつてプレイしていたときもブラックが一番やりこんでたので……。

 

話は戻して、ここで主人公の声を耳にしたベル博士と共に現れます。

ラクサ演説後のシーンにはチェレンしか居なかったので、Nとこの二人が直接会うのはここが初めてですね。

f:id:hoshi_dachi3:20210102191201j:image

ここでポケモン勝手に分類して分かった気になっているポケモン図鑑も貴女の考え方も嫌い』と初対面の博士にありったけの嫌悪感を吐き散らしたNはフキヨセ方面へと去っていきます。

ただ、この辺りの話は現実でも割とあることだと思うのでNの言い分を否定しづらいんですよね。現実の動植物の分類(生物の授業で習う用語で言うと『二名法』に出てくるようなやつです)も言ってしまえば『人間が勝手に分類してそう名付けているだけ』ですし……。

 

一方、博士Nの意見も考え方の一つとしては分かるから、と真っ向から反論する様子はありませんでした。この辺りは両者の精神年齢の違いが如実に表れているように感じます。

そして、博士『もう少し調査を続ける』と洞穴に戻り、ベル『今は博士のボディガードだから』と彼女に付き添うことになったのでここでお別れです。

 

洞穴を抜けるとそこはフキヨセシティとなります。

少し進むと父親の方のアララギ博士が現れ、図鑑をアップデート(姿の切り替え機能の実装)してくれました。

f:id:hoshi_dachi3:20210102191810j:image

この後ジムリーダーのフウロも出てくるのですが、彼女は『ジム戦の相手をしてあげたいけど、ヘリに乗っていたときにタワーオブヘブン付近で見かけたポケモンの様子を見に行きたいから先にそっちに来て欲しい』と言い颯爽とタワーオブヘブンに向かってしまうので、まだジムには挑戦出来ません。

 

タワーオブヘブンを目指して7番道路を歩いていると母親から着信があります。

f:id:hoshi_dachi3:20210103154624j:image

ちなみに母親も元はトレーナーだったそうです。ライモンシティでベルの父親も元々はトレーナーだったという描写があったので、もしかすると幼馴染トリオの両親はトレーナー時代からの知り合いだったのかも……?

(最新作の剣盾でもソニアとルリナはジムチャレンジで知り合ってそこから友人になったとルリナのリーグカードに書かれていますし)

 

そんなこんなでタワーオブヘブンに到着。

最上階までの道のりにイベントは無いのでひたすら上を目指していきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210103165744j:image

塔登りの時間だオラァ!!!

 

入ってすぐの場所にいた女性が話していた鐘がある屋上に着くとフウロがいます。

フウロがヘリから見えたポケモンは彼女の勘が告げた通り傷を負っていたものの、げんきのかたまりを与えてるとたちまち元気を取り戻して飛び去ったと教えてくれます。

ちなみに、何故操縦中にポケモンを見つけられたのかというと、パイロットも兼業しているだけあって視力には自信があるからだと語っていました。

 

そして『鳴らす人の心根が音色に反映される』という鐘を鳴らしてみないかと提案されるので一つ鳴らしてみましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20210103165842j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210103170037j:image

あの鐘を鳴らすのはあなたということですねわかります

 

音色から主人公の人柄を感じ取ったフウロは改めて主人公に名乗り、ジムに挑戦するよう言い残して先にジムへと戻ります。

f:id:hoshi_dachi3:20210103170058j:image

 

というわけで、フキヨセシティに戻ってジム戦です!

ギミックは『大砲に乗り込んで移動する』というものなのですが……

f:id:hoshi_dachi3:20210103171450j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210103172844j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210103172851j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210103172848j:image

……何度見ても歴代ギミックでここが一番(物理的に)ぶっ飛んでませんか!?

なおネタ路線でぶっ飛んでるギミック部門個人的1位はカキの試練だと思っています。

 

ちなみにフウロ的にこのギミックは『特訓』らしいです。

f:id:hoshi_dachi3:20210103173442j:image

いや特訓かコレ……?

 

物理的にぶっ飛んだ後はバトルで気持ち的にぶっ飛びましょう!ということでいざジム戦!!

f:id:hoshi_dachi3:20210103173511j:image

 

勝利後、いつものようにジムバッジとわざマシンが贈呈されます。

f:id:hoshi_dachi3:20210103173956j:image

その後、フウロから『ネジ山方面にプラズマ団が飛んで行ったのを見た』という情報が得られます。

 

次の目的地にプラズマ団がいると聞いて若干の不安を覚えつつジムを出ると、入口のすぐそばでNが待ち構えていました。

ジム戦直後の未回復状態でバトルを持ちかけられるのかと身構えていたのですが、N主人公のポケモンと話をしたかっただけのようです。

f:id:hoshi_dachi3:20210103175700j:image

このとき名前が挙がるのはパーティーの先頭に設定していたポケモンです。

あと、このシーンに雨が降っているのが個人的に凄く好きなのですが、これって仕様なのかたまたまなのかどっちなんですかね……?

 

N主人公のポケモンの会話は主人公には聞こえないのですが、その後のNの言葉からいくつかの主人公に関する情報がNに教えられていたことが判明します。

f:id:hoshi_dachi3:20210103175745j:image

情報①『カノコタウンで生まれ育ち母親と二人暮らし』

情報②『ポケモン図鑑をキッカケに世界を見聞するための旅をしている』

 

f:id:hoshi_dachi3:20210103175923j:image

そして、主人公を信頼しているポケモンの関係を『良い』と称したN『全ての人とポケモンがキミたちのように向き合うなら、人に利用されるだけのポケモンを解き放たずにポケモンたちと人の行く末を見守ることが出来るのに』と、ただ単純に人とポケモンを別離させたいというわけではないような言葉を零します。

 

また、ゲーチスが探しているという『特別な石』についても教えてくれました。

f:id:hoshi_dachi3:20210103180416j:image

石の正体は新たな英雄を待つために姿を変えた伝説のドラゴンポケモンであり、Nはそのポケモンとトモダチになりたいのと語ります。

 

また、人間とポケモンを白黒ハッキリ区別して切り分けるにしても争いまでは起こしたくないようです。

f:id:hoshi_dachi3:20210103180609j:image

 

f:id:hoshi_dachi3:20210103180658j:image

ここの台詞はリアルの動物にも言えることなので深く考えさせられますね……。

 

最後に主人公とポケモンの仲を引き裂くことに関しては多少の良心が働いていた様子を見せ、Nは去っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210103180938j:image

 

これでフキヨセシティにおける現時点のイベントは終了したので、次のジムがあるセッカシティにいくために7番道路を抜けてネジ山の入り口がある階段を登ろうとするとチェレン六度目のバトルを仕掛けてきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210109183306j:image

相変わらず『◯◯バッジを持つ者同士で勝負だ!』が常套句となっていますが、彼は彼なりにここまでの道のりで『自分の求める強さとは何か』を考えて続けているようです。

負けないことが強さなのか、勝つことが全てなのか。

勝負は楽しいけど強いって何なのか。

チェレンの悩みごとはこちらも色々と考えさせられますね……。

 

バトルが終わると、ポケモンレンジャーの段差飛び降り並に豪快なショートカットを踏んでアデクが階段の上にあるネジ山の入口の手前から主人公チェレンの前に現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20210109184140j:image

意外とタフだなこのおっちゃん。

 

『弱いから負けたのに良い勝負だったと言われても』と困惑するチェレンアデクは改めて『強くなってどうするのか』を問いかけます。

f:id:hoshi_dachi3:20210109184601j:image

その言葉に『生きている証が欲しい』から『強くなってチャンピオンになり存在理由を得たい』と答えるチェレン

すると、そんなチェレンに弟子(=イッシュ四天王のレンブの姿が重なったアデク『何になりたいかは大事だが、それ以上に大事なのは強くなり得た力で何をするのかではないのか?と再び問いかけます。

そして、二人に『なみのり』のひでんマシンを渡すと『共に歩むポケモンが何を望むか忘れるな』と言い残しアデクは去ります。

 

ただ、チェレン何をしたいのか分からないからトレーナーとして強くなることで自分という存在をみんなに認めてもらうんだ』とまだ少し反発気味な模様。

f:id:hoshi_dachi3:20210109185052j:image

これはどのシリーズのポケモンでも言えることだと思うのですが、主人公『プレイヤーの分身的な立ち位置』であることもあって基本的に選択肢以外の意思が描写されていない関係上、ストーリー内で『悩みと葛藤を繰り返して成長していく姿』を見せるのはライバルが担当していますよね。

 

これで次にチェレンと会うのはハチクとのジム戦を終えた後かな……と思いきや、ネジ山に入ってすぐの場所ですんなり再会します。

f:id:hoshi_dachi3:20210109190737j:image

ネジ山の視察中だったヤーコンもいます。

ちなみに、フキヨセのジムバッジを取る前にネジ山に行った際に入口を塞いでいた作業員はヤーコンの部下だったりします。

 

ネジ山を進むとプラズマ団のしたっぱから『強大な力に通ずる何かを手に入れた』ということが伺えます。

f:id:hoshi_dachi3:20210110154607j:image

この後したっぱは去り、チェレン『チャンピオンに言われたこと、強くなって何をしたいのか、そもそも誰のために強くなるのか』を少し考えたいからしばらくここに残ると言います。

 

ネジ山を出るとセッカシティで、出口のすぐそばにアララギ博士がいました。

f:id:hoshi_dachi3:20210110154940j:image

ここも選択肢で反応が微妙に変わるところです。

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210110155146j:image

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210110155159j:image

この後博士から得られるリュウラセンの塔についての情報は下記の通りです。

イッシュ地方で最も古い建造物といわれている。

伝説のポケモンが生まれた場所とも眠る場所とも伝わっている。

セッカシティを抜けた先にある。

詳しいことは何一つわかっていない、というのも塔の中に入った人間がいないため。

 

上記の情報を伝えるとアララギ博士リュウラセンの塔の見学に行くため去っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210110165215j:image

また、この街にいるNPCの数名からは伝説のポケモンについての話が聞けるのですが、全てブラックではゼクロムホワイトではレシラムに関するものとなっております。

▼男性NPC

『伝説のポケモン理想真実)を求める英雄を助ける。そして、肉体が滅ぶとダークストーンライトストーン)となり新たな英雄の誕生を待つという……そんな話を小さいときに聞いたことがあるよ』

▼女性NPC

『伝説のポケモンゼクロムレシラム)は英雄に知識を与え、敵対者に稲光火柱)で刃向かう。その英雄とポケモンの親子のような姿に心酔した多くの民は一致団結し、建国し、昔のイッシュは発展した……そう言われているのよ』

 

ちなみに、別のNPCからはリュウラセンの塔に関する話も聞けます。

▼男性NPC

理想真実が交じり合い出来たとされるリュウラセンの塔……。数千年も昔よりあそこにそびえ、ワシらを見守っておる……。本当かどうか知らんがな』

▼女性NPC

『風雪にさらされても変わらずそびえる塔……。その存在は人に何を伝えるのでしょう』

 

セッカジムには特に何の前イベントをこなさなくても挑戦出来たので、真っ直ぐハチクの元へ伺います。

ギミックは『スイッチを押しながら方向転換ボードの向きを調節しつつ氷の床を進む』です。

f:id:hoshi_dachi3:20210110165158j:image

シッポウジムの頃からかくとうタイプポケモンを連れてきているので、ここはかなり攻略が楽に感じました。

 

f:id:hoshi_dachi3:20210110165418j:image

勝利後、ジムバッジとわざマシンも贈呈されてから話しかけた際に聞ける『いくら戦えど強さとは何か分からない。だが君なら何か答えを見つけるかもな』という言葉がチェレンの考え事も相まって刺さりましたね……。

 

ジムを出ると幼馴染の二人が揃っています。

f:id:hoshi_dachi3:20210110165643j:image

『何をしたいのか、何をすべきか考えようと自分と向き合ったら何も無いように思えた』『自分は本当に強くなったのか、ポケモンが強くなっただけなのかよく分からなくなった』チェレンは考えすぎて迷走してしまった模様。

 

f:id:hoshi_dachi3:20210110165854j:image

一方、ベルはというと『だいすきクラブに行って自分のやりたいこと、自分に出来そうなことを探す』とのこと。彼女も未だ悩みの最中にいるようです。

 

すると、ジムの中からどこか殺気のある様子のハチクが出てきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210110170018j:image

ハチクチェレンベルの二人ではなく違う誰かの気配に気付いていたため上記のような様子となっていました。

 

姿を見せない怪しい気配……といえばダークトリニティです。

ハチクに気配を察知された三人は姿を現し、『主人公だけに伝える予定だった』という用件を話し始めます。

f:id:hoshi_dachi3:20210110170338j:image

三人主人公に伝えたかったのはゲーチスからの伝言で、リュウラセンの塔に来い、そこでNがお前を待っている』という内容でした。

 

その後三人は去り、ハチクチェレンは即座にリュウラセンの塔へ向かいます。

ベルは少し迷っているようだが『あたしもとりあえず行くべきだよね?』という様子。

 

主人公もリュウラセンの塔へ向かうため街を北上するとアララギがいます。

ちなみに、ここでのベルの呼び止めは男女どちらでも同じでした。

f:id:hoshi_dachi3:20210110171541j:image

アララギ曰くプラズマ団壁をぶち抜いて塔の中に侵入し、ハチクとチェレンプラズマ団を追いかけていった』とのことです。

 

ここでベル『そもそもリュウラセンの塔って何?』と聞かれたアララギ『イッシュの国ができる前の太古の昔からそびえ立ち、塔の最上階では伝説のドラゴンポケモン理想真実)を追究する人間が現れるのを待っていた』と伝わっていることを教えてくれました。

そして、まだ子供である主人公たちプラズマ団との荒事に首を突っ込むことをあまり良しとしていないアララギでしたが、ベル『二人は強いから大丈夫』という言葉を受けて考えを改め、主人公に塔を登って様子を見てきてほしいと頼みます。

また、ベル『二人と比べてあまり強くないからここで博士のボディーガードをしたい』と志願したので博士の傍に残ることに。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

……というわけで、今回はここまでです。

次回はリュウラセンの塔から開始します!

 

そろそろイッシュ地方の冒険もクライマックスが近付いてきましたが、果たして年度末までにメインストーリーを完走できるのでしょうか……。

まあ、それが終わったところでED後要素を回収したいシリーズや未消化のシリーズが沢山待ち構えているのであまりのんびりとはしていられないですが……!

 

さて、ここからはオマケの時間です。

まず、年末の仕事納めの日に人が少ない時間帯を狙って映画を観に行ってきました!

f:id:hoshi_dachi3:20210111113643j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20210111113657j:plain

とうちゃんザルード冒険キャップを無事に入手完了です!

にしても、まさか映画でも怪しい人物の見分け方に使っている勘が当たるとは……。

 

あと、元日に配布されたKIBOのピカチュウも受け取りました!

f:id:hoshi_dachi3:20210111114852j:image

特別な技を覚えているポケモンは軽率にポケジョブに出すと折角の技が上書きによって消えてしまう恐れがあるので、速攻でレベルアップ技を覚える最後のレベルまで上げに行きましたよね……。こういうとき剣盾はバトルが出来る相手が多くて助かります。

 

ではでは!

| ・∇・)ノシ♪

理想を尋ねて真実を知るイッシュ冒険レポート①

皆さんおはこんばんにちは。

気付けば2020年ももう片手で数えられる日数しか残っていなくて本当に驚いています……!

 

さて、前回の記事で『年内に最低でもあと一回は更新したい』と書いてから結構日が空いてしまいましたが、何とか宣言通り(?)に一つは記事が出来ました!

内容はタイトル通りです!遂にイッシュ地方での冒険が始まります!

これ本当にポケシフター開通を年内→年度末に延ばして正解でしたわ……。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

まずはゲーム開始時お馴染みの挨拶・前口上・主人公の設定タイムです。

アララギ博士とお話します。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215905j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215936j:image

というわけで、前回の記事でも紹介しましたが、改めて主人公たちを紹介します。

 

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201115215924j:image

かつてブラックをプレイしたときと同様に女主人公を選択しました。

この辺りの選択はダイヤモンドでもそうだったのですが、基本的に『かつてプレイしていたソフトはその当時と同じ主人公の性別御三家ポケモンを選ぶ』ようにしています。

名前は安定のデフォ名でトウコちゃんです。

 

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201115215814j:image

ブラックがトウコちゃんスタートなので、こちらでは男主人公を選択。

名前は他のソフトと同様にデフォ名のトウヤくんです。

 

主人公の性別と名前を決めると、本格的にイッシュ地方の冒険が始まります。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215817j:image

 

博士がカノコタウンにある主人公の家に贈り物を届けに行く場面が描かれます。

ちなみに11月に始めたのでゲーム内の季節はです。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215833j:image

個人的に季節変化ギミックはかなり好きだったので第5世代だけで終わったの残念なんですよね……。

 

博士が研究所に戻ると主人公を操作できるようになります。

主人公の部屋に博士からの贈り物が置かれていて、それを主人公とチェレンが見ている場面からスタートです。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215940j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215822j:image

ちなみに、もう一人の幼馴染であるベルは少し遅れて登場します。

 

三人揃ったところでようやく動けるようになるので、一歩を踏み締め、博士からの贈り物を開きます!

f:id:hoshi_dachi3:20201115215826j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215859j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215910j:image

プレゼントボックスの中には手紙と三つのモンスターボールが入っていました。

というわけで、御三家選択の時間です!

 

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201115215829j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215919j:image

上述の通り、かつてプレイしていたときと同じツタージャを選択。

 

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201115220059j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215928j:image

 

ブラック版と被らないようにするためポカブミジュマルの二択だったのですが、個人的に今後プレイするであろうBW2でメイポカブを当てたかったという理由でミジュマルにしました。

 

三人がそれぞれポケモンを選び終えると、ベルポケモンバトルを申し込まれます。

というわけで、室内でのバトルをチェレンが若干不安視する傍ら、ベルと初めてのバトルです!

f:id:hoshi_dachi3:20201115215914j:image

何気に『主人公が選んだ御三家に不利なタイプを選んだライバル』の先駆者ですよね彼女。

 

バトルが終わるとパワフルなポケモンたちにより部屋がめちゃくちゃになります。

そして、二人のバトルを見ていたチェレン『二人だけバトルを楽しむのはずるくない?』といった具合でポケモンを回復してくれた後にバトルを申し込んできました。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215839j:image

 

f:id:hoshi_dachi3:20201115215836j:image

流れるようにチェレンとの初バトルです。

 

幼馴染二人とバトルを終えると、二人はめちゃくちゃにした部屋の件を主人公の母親に謝罪するため先に一階へ下ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215932j:image

丈夫なWiiさん

 

二人を追って主人公が一階に行くと、チェレンベルが主人公の母親に謝罪していものの『後片付けはあたしがやっとく!』と全く怒っていませんでした。

その後、博士にポケモンのお礼を伝えるためチェレン『研究所の前で待ってる』と、ベル『一度家に戻る』と言って主人公の家から去ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201123172948j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123173015j:image

二人が去った後、主人公の母親は主人公のポケモンを回復してくれた後にライブキャスターを渡してくれました。

 

ベルが来ていない状態では研究所に入れないため、先にベルの家に行って彼女の様子を見に行きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123173159j:image

ベルの父親は超が付く程の過保護であるため娘の旅立ちを猛反対しており、そのせいで父娘は揉めてしまったようです。

主人公に親子喧嘩を見られたベルは少し申し訳そうにしながら研究所に向かいました。

 

これで三人揃ったので研究所に入れるのですが、ここを無視して道路に出ようとするとチェレンが止めに来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123173527j:image

 

というわけで研究所にお邪魔します。

f:id:hoshi_dachi3:20201123173904j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123173907j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123173910j:image

博士にプレゼントのお礼を言うと、渡したポケモンと共に旅に出て図鑑を完成させてほしいと頼まれました。これでポケモン図鑑も入手です!

 

その後、博士はポケモンの捕獲方法を教えるので1番道路に来て欲しい』と言い、先に出て行きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123174054j:image

これは恐らく追々登場するアララギ博士の父でしょうね。

どちらもアララギ博士なので地味に区別が難しい父娘です。

 

研究所を出ると主人公の母親がいて、既に博士が娘or息子と幼馴染二人に依頼した内容を把握していた母親は三人にタウンマップを贈ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201123174501j:image

そして、もう一度『部屋の後付けはあたしがやっとくから心配いらない』と言い、二人の親にも事情を話しておくと伝えて三人を送り出してくれました。

 

その後、ベル『最初の一歩は皆で踏み出そう』という案に乗り、三人同時に一歩を踏み締め、1番道路へ向かいます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123175818j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123175821j:image

はいここGOTCHA!(アニメPV版)に出たところです!!!!!!!!

 

1番道路で三人にポケモンの捕まえ方を教えると、博士は『カラクサタウンで待ってる』と言って一足先に次の町へと向かいます。

このときモンスターボールを五個くれました。

f:id:hoshi_dachi3:20201123175916j:image

 

f:id:hoshi_dachi3:20201123182024j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123182027j:image

その後、ベルの提案でカラクサタウンまでの道のりで誰が一番ポケモンを捕獲できるのか競争することに。

 

幼馴染二人は御三家以外に捕獲したポケモンの数が1匹なので、2匹以上捕獲すると競争に勝てます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123182020j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123182017j:image

捕獲競争が終わると三人に向けて博士から着信が入り、『カラクサタウンのポケモンセンターで待っている』と言われます。

 

というわけで、第二の町ラクサタウンに到着です。

ここで博士をガン無視して2番道路に出ようとするとプラズマ団に止められます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123182510j:image

 

ポケモンセンターに行く前に色々と町を探索します。

博識なチェレンは既にポケモンセンターのことを知っているようです。

f:id:hoshi_dachi3:20201123183019j:image

個人的に印象に残ったイッシュ地方のお話(byカラクサ民家の少年)

『世界を導く英雄の元、そのポケモン姿を表し英雄の助けとなる……』

 

さて、ポケモンセンターの前にいる博士に話しかけると施設の中の説明が始まります。

第5世代以降はORASやLPLEのような過去作リメイクを除いて)ポケモンセンターの中にフレンドリィショップが併設されている形となっているのでかなり楽です。

f:id:hoshi_dachi3:20201123183200j:image

回復→PC→ショップの順で説明すると博士は『サンヨウシティに着いたら発明家のマコモに会いなさい』と言ってカノコタウンに戻ります。

 

そして、ポケモンセンターを出ると出ーチスプラズマ団の演説が始まります。

f:id:hoshi_dachi3:20201129104513j:image

よく見ると、この時点で観客の中にNが混ざってるんですね。

 

ポケモン解放を訴える演説が終わり、観客が捌けるとそのNが主人公に話しかけてきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129104719j:image

ここでチェレン『随分早口なんだね』と言っている通り、Nの文字送りスピードは設定を『はやい』にしているときの文字送り以上に早く流れるよう設定されています。

 

そして流れるように最初のN戦へ。

f:id:hoshi_dachi3:20201129104958j:image

初戦終了後の『そんなことを言うポケモンがいるのか……!?』という台詞は終盤になってその意味が分かるのでしっかり覚えておきましょう・

 

バトルが終わるとNは去ります。チェレンも主人公にジム戦を話を振った上でサンヨウシティへ向かうのでここで一旦お別れです。

f:id:hoshi_dachi3:20201129105231j:image

 

主人公もサンヨウシティに向かうため2番道路に出ると、母親から着信の後に本人が現れてランニングシューズを渡されます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129105548j:image

どうやら、めちゃくちゃになった部屋を片付けていたら出てきたそうです。

これでようやく走れるようになりました!

 

そして、サンヨウシティの直前でベルに呼び止められます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129111705j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129111702j:image

ここの呼び止め方が主人公の性別で微妙に違うんですよね。

女の子同士の方が何処となく距離感詰まってる感じがします。

 

その流れで二度目のベル戦に。

f:id:hoshi_dachi3:20201129111708j:image

 

 

ベルとのバトルが終わるとサンヨウシティに入れます。

しかし、肝心のジムはジムリーダーが不在のためまだ挑戦出来ません。

f:id:hoshi_dachi3:20201129112113j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129112940j:image

また、この時点ではマコモにも会うことが出来ません。

 

このままジムリーダーを探してトレーナズスクールに直行しても構わないのですが、夢の跡地にいる女の子から最初に選んだ御三家に不利なタイプ(選んだ御三家の有利タイプに効果抜群を取れるタイプ)ポケモンを貰えるので、こちらを先に入手しておきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129114519j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129114516j:image

 

寄り道も終わったのでトレーナズスクールに向かいます。

しかし、チェレンはいるものの肝心のジムリーダーがいません。

f:id:hoshi_dachi3:20201129115045j:image

チェレン曰く『先程までジムリーダーと状態異常について話していた』とのことなので、入れ違いになったということでしょうね。

 

スクールで学んだ成果を試したいということで、二度目のチェレン戦に突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20201129115027j:image

このバトルが終わるとチェレンはオレンのみをくれます。

 

そして、スクールの外に出るとジムの入口にデントがいるので、話しかけることでようやくジム戦が解禁!

f:id:hoshi_dachi3:20201129115636j:image

というわけで、サンヨウジムに挑みます!

ジムギミックは『カーテンに描かれたタイプに有利なタイプの床スイッチを押す』という単純なものです。

 

二人のジムトレーナー戦と三問のギミックを解くとジムリーダーの前に到着します。

f:id:hoshi_dachi3:20201129132620j:image

サンヨウジムは選んだ御三家によって三人のうち誰と戦うのかが変わります。

 

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201129132704j:image

くさタイプツタージャを選んだので、相手はほのおタイプの使い手のポッドです。

 

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201129132725j:image

みずタイプミジュマルを選んだので、相手はくさタイプの使い手デントです。

 

ジム戦に勝利すると、毎回恒例のジムバッジわざマシンを入手できます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129133448j:image

第5世代からわざマシンが使い切りではなく永続になります。

これ以降、使い切りのわざマシンは剣盾のわざレコードまで登場しないんですよね。

 

ジムを出るとようやく会うことができたマコモに話しかけられ、彼女の研究室までオート移動となります。

f:id:hoshi_dachi3:20201129133444j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129133451j:image

そして、今やすっかり懐かしい存在となってしまったひでんマシンを貰えます。

 

続いてマコモ『夢の跡地にいるムンナからゆめのけむりを採取してほしい』と頼まれるので再び夢の跡地に向かうことに。

f:id:hoshi_dachi3:20201129133454j:image

ちなみに、奥にいる少女はマコモの妹でボックス管理人のショウロです。

 

夢の跡地にある木をいあいぎりで切り、奥に進もうとするとベルが現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129134115j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129135009j:image

ポケモンの鳴き声を聞きつけ奥に進むと、ムンナを蹴りつけるプラズマ団のしたっぱに遭遇します。

 

そして、初めてのプラズマ団したっぱ戦へ。

f:id:hoshi_dachi3:20201129135040j:image

実際は男したっぱ→女したっぱの連戦となります。

 

連戦が終わっても、したっぱはムンナを蹴ることを止めません。

f:id:hoshi_dachi3:20201129142013j:image

 

そのとき、ゲーチスが増えたり瞬間移動したりする謎現象が起きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129142120j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129142110j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129142104j:image

さり気なくとんでもないことを暴露されている件。

 

そして、ゲーチスの謎現象に恐れ戦いたしたっぱが逃げたのと入れ替わるようにムシャーナが現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129142113j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129142107j:image

その後、ムシャーナムンナと入れ違いになる形でマコモが現れ、先程の謎現象ゲーチスムシャーナの能力で見せた夢幻であったことが説明されました。

 

ムシャーナムンナが去った場所にはゆめのけむりが残されており、これを持ち帰ったマコモは研究室へ戻ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201129142117j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129142100j:image

ベルはムンナを探すためしばらく夢の跡地に残るそうなので、主人公は先にマコモの研究室に向かいます。

 

ここでマコモからはCギア、ショウロからはともだちてちょうが貰えました。

f:id:hoshi_dachi3:20201129143427j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129143457j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129143536j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129143551j:image

これでようやく下画面が埋まります。

また、ポケモンセンター二階の通信ルームも使用が解禁されました。

とはいえ、WiFiコネクションはとうの昔にサ終してるのでユニオンルームしか使えないのですが。

 

これにてサンヨウシティでやれることは終わったので、次のジムがあるシッポウシティを目指します。

3番道路を進んでいるとチェレンに呼び止められ、三度目のチェレン戦に。

f:id:hoshi_dachi3:20201206155211j:image

 

 

バトルが終わると猛スピードでプラズマ団が横切り、遅れてベルと女の子が登場します。

f:id:hoshi_dachi3:20201206155721j:image

女の子のポケモンを奪ったしたっぱを追いかけるため、主人公とチェレン地下水脈の穴へ。

 

 

地下水脈の穴ではプラズマ団のしたっぱとのシングルバトル→タッグバトルが続きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201206162205j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206162305j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206162321j:image

タッグバトルに勝つとしたっぱは退場し、チェレンは女の子にポケモンを返すため一足先に彼女とベルが待つ場所へ戻ります。

遅れて主人公が3番道路に戻ると女の子からお礼にヒールボールが貰え、ベルは女の子に付き添うためここでお別れ。

 

これで3番道路の下側の道に進めるようになるので、途中でチェレンから濃い草むらについての説明(野生のポケモンが二匹同時に飛び出してくることがある)を受け、しばらく歩くとシッポウシティに着きました!

f:id:hoshi_dachi3:20201206165508j:image

チェレンポケモンセンターの場所とこの街のジムリーダー・アロエが使うタイプを教えてくれた後にカゴのみをくれます。

 

ジム兼博物館に入ろうとするとNが再び登場。

f:id:hoshi_dachi3:20201213145630j:image

二度目のN戦です。ちなみに、Nの手持ちは毎回変わるので前回のバトルから続投しているポケモンはいません。

 

バトルが終わるとNは対になるパケ伝のポケモンとトモダチになると言い残して退場します。

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201213150407j:image

 

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201213150420j:image

 

これで博物館に入れるようになるので、キダチ(副館長でアロエの夫)の案内を受けます。

展示物は基本的にどちらのバージョンでも同じなのですが、キダチが『砂漠で見つかった、古いというだけで他は特に何も無いけど綺麗だから展示している石』のみバージョンで異なります。

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201213150848j:image

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201213150859j:image

 

後のライトストーン/ダークストーンですねわかりまs(ry

 

ジムは二階にあるのでいざ挑戦!

ギミックは『ヒントのメモを頼りに指定の本を探す』というものです。

f:id:hoshi_dachi3:20201213153411j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201213153414j:image

 

勝利後、ジムバッジとわざマシンが貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201213153513j:image

その直後、キダチが駆け込んできてプラズマ団が展示物のホネを奪いに来た』という旨を聞かされます。

 

夫婦の後を追い掛け、主人公も博物館の方に戻ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201213154453j:image

これはかなり的を得ていると思った女の子の台詞

 

すると、プラズマ団は堂々と夫婦の前で『えんまく』を焚き、展示物のホネを強奪してしました!

f:id:hoshi_dachi3:20201213155218j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201213155643j:image

ジムの外に出るとヒウンジムのジムリーダー・アーティ、幼馴染二人が次々と現れるので、アロエチェレンベルには博物館の守護を、主人公アーティには泥棒探しを任せて自身は3番道路側のゲートの監視に向かいます。

また、このタイミングでベルからマコモから預かった』というダウジングマシンを渡されました。

 

プラズマ団ヤグルマの森にいるので、こちらを追いかけていきましょう。

また、この森にはNPCトレーナーとしてポケモンレンジャーがいるのですが、BWのポケモンレンジャー戦闘後にきのみをくれる仕様となっています。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153337j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201220153320j:image

イッシュでレンジャーベースを置いてそうな街といえばヒウンシティですかね?

それに加えてあと2~3箇所ぐらいイッシュ地方にレンジャーベースがありそうです。

(※私は本編世界にもゲーム内に描写されていないだけで外伝と同様レンジャーベースが存在していると思っています。じゃないとNPCの職業にわざわざポケモンレンジャーが出てくる理由やマナフィのタマゴを通じて本編とポケレンシリーズが繋がっている理由が謎になってしまうので……。)

 

個人的に好きなNPCレンジャーさんの台詞です。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153334j:image

BWはポケモンと人間の共存』がテーマなのもあり、随所にポケモンが傍にいることの良さ』を語る人が多い印象です。

 

こちらはキャプチャ絡みでハッとした話。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153340j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201220153344j:image

ポケモンと心で会話する』ための媒介が恐らくキャプチャ・スタイラーってことなんでしょうね。

 

それからもなんやかんやで最後のしたっぱを追い詰め、ようやく盗んだホネを返してくれることになりました。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153330j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201220153316j:image

 

すると、七賢人のアスラが登場し、意味深なことを言い残して引き上げていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153323j:image

プラズマ団が退場後、アーティは主人公に『ヒウンジムで待ってる』と言い、アロエはホネ奪還のお礼につきのいしをくれてそれぞれの街へと戻っていきます。

 

これでヒウンシティに行けるようになったので、ヤグルマの森を抜けてスカイアローブリッジへ!

f:id:hoshi_dachi3:20201220153921j:image

 

爽快な橋を駆け抜けるとイッシュ地方一の大都会・ヒウンシティが待っています!

f:id:hoshi_dachi3:20201220172838j:image

残念ながらここまで進行したとき現実の月が11月から12月に変わっていたのでゲーム内の季節もからに変わってしまいヒウンアイスが買えなかったんですけどね!!!

週末にしかゲームを進められていなかったのが原因では

 

色々街を探索した後にジムを訪ねると、闇深い言葉を残してチェレンが去っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201226160740j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226160751j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226160757j:image

ライバルが『チャンピオンになる!』と意気込むのは他の地方でもよくあることなのですが、チェレンの場合そこに生の意味を見出そとしているのがね……。

 

その後、アーティが『プライムピアにプラズマ団が出た』と言って様子を見に行ってしまったので、まだジム戦には挑めなさそうです。

f:id:hoshi_dachi3:20201226160714j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201220174219j:image

主人公もアーティの後を追いかけプライムピアに向かうとベルアイリスがおり、ベルムンナプラズマ団に盗られたということが判明します。

 

幼馴染のポケモンをパクった不届き者のプラズマ団ジムの前のビルにいるので、敵討ちも兼ねてキツめに倒しておきましょう。

その後、ビルの入り口を塞いでいたしたっぱたちがビルの中へ引き返していくので、主人公たちも後を追って中に突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20201220174232j:image

Nがトモダチになろうとしているドラゴンの話を聞かされたり、ゲーチスが友情を語ったりするのを聞き届けるとムンナベルの元に帰ってきます。

ここでプラズマ団一行は『真のアジトなら既に別の場所にある』と言い『けむりだま』を残して去っていくのですが、ムンナの奪還には成功したので一先ず問題は解決。

 

ベルアイリスは街巡りへ、アーティはジムに戻ったのでここでようやくヒウンジムに挑めるようになります。

ジムのギミックは『ミツの壁を抜け、床のスイッチを押しながら道を拓く』というものです。

f:id:hoshi_dachi3:20201226163211j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226163223j:image

ジムバッジ獲得。

ちなみに、ヒウンシティNPCダンサーのチーム結成サブイベントをクリアしていると『おまもりこばん』が貰えるため、ここから得られる賞金の金額が増やせます。

 

ジム戦に勝利し、ジムを出るとベルから着信が来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201226164043j:image

4番道路側のゲートで待っているとのことです。

アイリスに鍛えてもらったこともあり、自分のポケモンを自分の力で守れるくらいの力はついたという幼馴染のお願いに応えましょう。

 

ゲートに入るとベルと3度目のバトルになります。

f:id:hoshi_dachi3:20201226164342j:image

初戦の室内戦のこともあって今回ベルはきちんと受付スタッフにゲート内のバトルの可否を尋ねていました。結果は『電光掲示板さえ壊さなければOK』とのことです。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

……ということで、今回はここまでです!

思ったより『イッシュ冒険レポート』の開始に時間がかかってしまいましたが、何とか年内に1回目を始められて良かったです……!

あとは今年度中にメインストーリーを完走し、ポケシフターを開通できるかどうかですが……この辺りは何とか頑張って進めていきたいです。

 

ここからはオマケです。

まずはFGO5.5章を無事に完走しました!

f:id:hoshi_dachi3:20201226173446p:image

平安京PUで金時を呼べなかったのが物凄く悔しい!

多分これもエドっさんのせい

 

続いてゲッチャレの進捗です!

なんとかマーシャドーを貰えるまではポイントを稼げました!

f:id:hoshi_dachi3:20201226171813j:image

実はキミきめは劇場に観に行ってたんですけど、その当時まだUSUMどころが3DSを持っていなくて入手出来なかったんですよね。

なので、数年越しのリベンジ達成?成功です!

 

最後に、3か月経ったのでミリシタで9月にあった連勤イベントの衣装が交換できるようになりました!

f:id:hoshi_dachi3:20201226173540p:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226173512p:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226173524p:image

やはり衣装まで揃えた完全版MVは良い……!

 

それでは、オマケもここまでとして……恐らくこれが年内最後の更新となるので、この言葉で締め括らせていただきます。

 

皆さん、よいお年を!

| ・∇・)ノシ♪

キズストくん涙の閉校式〜近況報告を添えて〜

皆さんおはこんばんにちは。

色々あった2020年ももう今月で終わりなんですね。

そう考えると早かったような……とにかく、驚くばかりです。

 

さて、今回の記事は11月下旬~12月上旬にかけての諸々の振り返り回です。

今回はカテゴリーが凄いことになっていますが、その分振り返りも多いです。

 

それでは色々と振り返っていきましょう!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

①【ありがとう、そしてさようならキズストくん……!】

皆さんは以前こちらの記事で触れたキズストくんことキズナストライカー!のことを覚えておりますでしょうか。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

上記の記事で述べた通り、こちらのアプリは2020年12月7日14時を以てサービスが終了しました。

f:id:hoshi_dachi3:20201207183441j:image

 

最後のログインボーナスはユウキくん。

これに元々残っていた分を合わせると20連分のSスターが手元にあったので、曜日ガチャとスペシャルガチャを10連ずつ回してガチャ納めとしました。

f:id:hoshi_dachi3:20201207070831j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201207142335j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201207142344j:image

『監督さんのバカバカバカ〜!』が色んな意味で突き刺さる……。

 

さて、アプリに関する思い出も一監督としての私の想いも上記の記事で述べたのですが、閉校日を迎えたということで今一度、もう少しだけキズストくんについてお話していこうかと思います。

 

まず、ゲーム内アイテムに関してはどうにかして揃えることが出来ました。

f:id:hoshi_dachi3:20201206081847j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206081851j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206081854j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206081845j:image

 

最推しの夜宵リョウくんに関しては全衣装のレベルマも達成しています。

f:id:hoshi_dachi3:20201206081908j:image

 

しかし、残念なことにゲーム内称号のコンプリートは出来なかったんですよね……。

f:id:hoshi_dachi3:20201206081935j:image

流石に全衣装のプラチナ称号を取るのは厳しかった……。

 

監督レベルも上限(200)に到達することは出来なかったので、やり残しが多少あるまま閉校を迎えてしまったことは凄く悔しいです。

f:id:hoshi_dachi3:20201207070758j:image

 

また、ゲーム内には未開放のまま終わってしまったキズナシナリオもありますし、公式ブログの話では開催出来なかったクリスマスイベントもあったそうですし、悔しい点は他にもあります。

(未開放シナリオをまとめたシナリオ本とかオフライン版アプリが出てきてくれたら嬉しいのですが、恐らく望み薄でしょうね……。)

 

ですが、それ以上に楽しい思い出をキズストくんには貰ったので本当に感謝しかありません!

f:id:hoshi_dachi3:20201206081801j:plain

本当に本当にありがとうございました!キズナストライカー!』!!!

 

最後に。

f:id:hoshi_dachi3:20201207142750j:image

花ちゃんのまた会う日までを信じて待っています。

一監督として、皆とのキズナが紡いだ思い出を胸に抱きながら。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

……さて!

ここからは一転、近況報告パートとなります!

別れがあれば出会いもある!近況報告では様々な『出会い』を中心にお送りしていきますよ!!

 

②【VS徘徊伝説inシンオウ

まずはこの記事以降のDPPtの話です。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

まず、DPではエムリットマスターボールを費やし捕獲致しました。

f:id:hoshi_dachi3:20201126210555j:image

 

ただ、PtDPより徘徊ポケモンの数が多いのでマスターボールの使用は保留としています。

f:id:hoshi_dachi3:20201126210610j:image

出来たらクレセリアに使いたいところですが、なかなか上手く遭遇出来ないんですよね……。

 

そして、マスターボールを使えるのは1回だけなので、こちらでも捕獲要員エルレイドさんを用意することにしました。

f:id:hoshi_dachi3:20201126215818j:image

『くろいまなざし』は丁度パールに♂のムウマがいたのでそちらから遺伝、♀のラルトスプラチナで野生出現する個体を捕獲しました。

そこから♂のラルトスのタマゴを孵化させ、『さいみんじゅつ』を覚えるレベルまでラルトスを進化させずに育て、その後エルレイドが『みねうち』を覚えるレベルに合わせてラルトスキルリアと進化させていき……最後に『かげぶんしん』で埋めている枠を『でんじは』に出来たら完璧なのですが、DPPt(とHGSS『でんじは』わざマシンを入手するにはBPが必要なのでこれはもう少し先になりそうです。

 

エルレイドVS徘徊伝説のその後についてはまた『シンオウ冒険レポート』シリーズで発表出来たらと思います!

 

あと、タマゴといえばパルパークで受け取ったメタモンの力を借りてフィオネを孵すことが出来ました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126210619j:image

これでマナフィフィオネをHOMEまで送ることが出来たら図鑑完成に近付けます……!

 

③【ダイマックスアドベンチャー完走!】

続けてのお話です。

サブタイトル通り、ダイマックスアドベンチャーで捕獲できる伝説のポケモンを全て捕獲することに成功しました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126205801j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126205804j:image

画像はソードですが、シールドでも勿論揃っています。

というよりずっとセルフ協力プレイでアドベンチャーを巡ってました。

 

ちなみに、一番最後に捕獲したのはパルキアでした。

これがなかなかHPを削れなくて、リアルパルキアのバカヤロー!!』案件と化しましたね……。

f:id:hoshi_dachi3:20201126210048j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126210110j:image

さみしがりのみえっぱりで思わずふふってなった。

 

また、ソードだけなんですが、幸運なことにカプ・テテフ色違いだったんです!

f:id:hoshi_dachi3:20201126210020j:image

 

通常のポケモンなら何度か色違いに遭遇していて、それらは全て伝説のポケモンを持ち帰るために泣く泣く見送っていたのですが、

【⚔️で遭遇した色違いポケモン

f:id:hoshi_dachi3:20201126214748j:image

 

【🛡で遭遇した色違いポケモン

f:id:hoshi_dachi3:20201126205916j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126215828j:image

まさか伝説のポケモン色違いにまで遭遇できるとは思っていなかったので吃驚仰天です……!

あと、最初に色違いのポケモンに遭遇したときに気付いたんですが、同じホストでアドベンチャーを巡っても色違いの判定は別々に行われているんですね。

 

④【宣言通りBW始めました!】

お次はサブタイトル通りです。

上記のシンオウ冒険レポートで触れた通り、次にプレイすると宣言していたBWを始めました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126210424j:image

近いうちに『イッシュ冒険レポート』シリーズを始めた際に改めてお話すると思いますが、ブラック版が主人公トウコ・御三家ツタージャホワイト版が主人公トウヤ・御三家ミジュマルでスタートしました。

現在も少しずつストーリーを進めており、ヒウンジムからバッジを貰った辺りまで到達したら『イッシュ冒険レポート』シリーズで諸々を振り返っていきたいと考えております。

なので、もうしばらくお待ちください!

 

⑤【祝!GOとHOMEの連携開始!】

そしてこちらは念願の!GO⇒HOMEの連携開始についてです!!

装飾付き、キラキラ、リトレーンといったGO固有の個体はGOの方に残し、それ以外の転送可能なポケモンはほぼ全てHOMEの方に送りました。

 

GO側のトレーナーレベルの上限の都合で少し遅れての機能解禁となりましたが、無事にHOMEへの転送を完了させ、キョダイマックス個体のメルメタルを入手。

f:id:hoshi_dachi3:20201126225852j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126225849j:image

 

こちらをswitch版のHOMEからに送り、バトルでダイマックスさせることでキョダイマックスの姿の図鑑登録を完了させました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126214800j:image

ちなみに、連携記念キャンペーンに合わせてGOで開催された色違いメルタン捕獲チャレンジは失敗に終わりました。無念!

 

⑥【幻のポケモンゲットチャレンジ開始!】

あと、幻のポケモンといえば少し前に始まった幻のポケモンゲットチャレンジがありますよね。

こちらもポケモンセンターでぬいぐるみやマスコットを買ったり、ポケストップ自販機で麦茶を買ったりして少しずつポイントを集めております。

 

今のところ入手できた幻のポケモン1ポイントで入手できるゲノセクト

f:id:hoshi_dachi3:20201126214857j:image

 

13ポイントで入手できるボルケニオンの二匹となっており、

f:id:hoshi_dachi3:20201128172937j:image

23ポイントで入手できるマーシャドーはまだゲット出来ていないのですが、こちらは『薄明の翼』のDVDプレゼントが始まったタイミング(つまり12月25日以降)ポケモンセンターで色々買うことで残りのポイントを集めようかなと考えていることです。

 

それはそれとして『薄明の翼』は普通に売って欲しかったんですけどね!!!!!!!!!!

 

⑦【ようやくガラル勢が来たポケマスくん】

その前に、19シーズンメイの復刻に勝てました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126210724j:image

実装当時はまだそこまで女主人公のコンプに本気じゃなかったので見送ってたんですよね……。無事に入手できてよかったです。

なお、後述する他のガチャに関してはとことん八つエド案件に見舞われた模様。

 

そして、本題はこちらです!

ゲームそのものの発売日と鎧の孤島の配信日はログボ+既存キャラに関連話をさせるだけで済まし、冠の雪原に至ってはログボすらなかったポケマスくんがようやくガラル勢のバディーズを実装してくれました!!!

ぶっちゃけ遅すぎる気はしなくもないんですが、その辺りは恐らく『ゲーム本編の展開が落ち着かない限りパシオに来れない』という事情でもあったのでしょう。

 

さて、まさかのザシアンを引き連れフェス限実装という破格の扱い(ガラルの主人公は最終的にチャンピオンになるのでフェス限実装でも問題は無いと思うのですが)で実装されたポケマス時空ユウリちゃんですが、こちらのバディーズサーチに挑んだところ……

f:id:hoshi_dachi3:20201130154617j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201130154627j:image

……特に推してる女主人公に限って天井するのナンデナンデ!?!?!?

※うp主はコンプ狙ってたりするほどの女主推しなのですが、その中でも特に好きなのがトウコちゃんとユウリちゃんだったりします。ちなみにトウコちゃんを天井したときの話はこちら。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

 

……もしかしてミュウツー様、エドっさんの転送先をパシオに設定してたりしません?

(※光の軌跡のメインストーリーはエドワードの行方に関しては不明なまま完結しています)

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

 

⑧【悪魔堕天使に財布むしり取られた話】

で、パシオに飛ばされたかもしれないエドっさん(と書いて物欲センサーと読む)がしつこく顔を出すのがこちらの765プロ劇場ことミリシタです。

f:id:hoshi_dachi3:20201126210331p:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126210325p:image

天井して間もないところにエミリー限定まで来るのナンデナンデ!?!?!?

ナンデナンデ言いたいだけだろ

 

天井のくだりはこちらを参照ください。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

まあエミリーが次にSSR来るならほぼ確実に限定だろうと踏んでいましたし!?こちらはギリギリ天井免れましたし!?(※但し折り返しは通過済)致命傷で済みましたけど!?

f:id:hoshi_dachi3:20201126210319p:image

お願いだからもうずっとミュウツー様のなぞのばしょに幽閉されててくれエドっさん!!!!

 

というかここまで八つ当たりエドっさん案件を引き摺るとは思っていませんでした。

頭文字が一緒光の軌跡のプレイ期間お仕事ガールズガチャが被ってた合体事故なだけだったはずがナンデナンデ……?
hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

⑨【最近のFGO

序盤あまり触ってる時間無くてマジで間に合わないかもって焦って林檎かじりながら4.5章相当のイベントを駆け抜けた矢先に5.5章の実装予告が来て焦ったマスターです。

 

f:id:hoshi_dachi3:20201126211059p:image

ちなみにノーチラスイベのPUは半分だけ仕事してくれました。

星5の単体ライダーは初めてなので嬉しい!

 

5.5章3.5章(大奥)や4.5章(ノーチラス)と異なりメインストーリーの一つとして常設してくれたのが救いです。

f:id:hoshi_dachi3:20201205143511p:image

ただ、基本的に某神のごとく『コンティニューしてでもクリアする』精神のマスターなので、なるべく配布されたコンティニューアイテムが使用可能な期間中に完走したいですね……。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

とまあ、こんな感じの振り返りで今回は終了です!

FGO5.5章をやりつつBWメインストーリーも進めていくので年内に『イッシュ冒険レポート』が始められるのかは微妙なところですが、ゲッチャレマーシャドーの件があるので少なくとももう一記事くらいは今年中に更新したいと思っております。

 

なので、今回はいつもと変わらぬ締め括りとしましょう。

ではでは!

| ・∇・)ノシ♪

懐かしと初めてのシンオウ冒険レポート⑥

皆さんおはこんばんにちは。

 

本日はポケモン剣盾発売1周年記念日ですね!

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

この11月半ばは本編タイトル(剣盾→ピカブイ→USUM→SM)の発売記念日が連続しているので、めでたいこと尽くしな気がします!

それとはまた別で、月日の経過の早さに驚かされるのですが。

そして一年前の記事で書いた予定通りに全く進んでいないという。

 

さて!今回お送りするのは『シンオウ冒険レポート』の続きとなります。

ここからはED後要素をひたすら回収していく……のですが、今回で全てのED後要素は回収していません!!

 

理由は文末に今後の予定も合わせて述べますので、ひとまずED後のシンオウ地方にゴー!です!!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

まずはED後要素をフルで回収するため、シンオウ図鑑『見つけた数』の完成を目指します。

未回収要素のヒントはマサゴタウンの研究所前にいる助手から貰えるので、最初に話しかけたときに出てくるカンナギタウンの長老が主人公に見せたいものがある』という言葉に従い、カンナギタウンへ向かいましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20201114145332j:image

 

すると、DPでは登場しない方のパケ伝の情報が得られます。

ダイヤモンドの場合】

f:id:hoshi_dachi3:20201114145328j:image

 

パールの場合】

f:id:hoshi_dachi3:20201114145313j:image

 

Ptではこんごうだまを持っていたらディアルガが、しらたまを持っていたらパルキアが出てくるよという話を聞くことができ、

f:id:hoshi_dachi3:20201114145324j:image

 

長老の言う通りテンガン山で入手出来るこんごうだま

f:id:hoshi_dachi3:20201115122616j:image

 

しらたまを携えて、

f:id:hoshi_dachi3:20201115122624j:image

 

やりのはしらへ行くと、ディアルガパルキアの捕獲に挑めます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122627j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115122620j:image

ちなみに、両方の玉を所持している状態だとディアルガとの戦闘準備が優先されました。

 

の二匹はこれで終了。

空いていたアンノーンはズイの遺跡で出てきた個体をサクッと捕獲して埋めたので、お次は湖のポケモンたちです。

 

まずは感情の神・エムリットから。

とはいえエムリットは俗に言う『徘徊ポケモンの一種なので、『見つけたポケモンとして登録されるとすぐにシンオウ地方を飛び回り始めます。

f:id:hoshi_dachi3:20201114145336j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114145339j:image

エムリットが徘徊を始めた直後、ナナカマド博士が現れ『徘徊ポケモンマーキングマップがあれば居場所が確認できる』と教えてくれるのですが、肝心のマーキングマップを貰い忘れていたので回収しに行きました。

 

f:id:hoshi_dachi3:20201114145317j:image

素でバッジ入手個数に応じて貰えるポケッチアプリの受け取りを忘れておりました。

 

続いて知識の神・ユクシーです。

ユクシーは徘徊しないタイプのポケモンなので、この場でそのまま捕獲チャレンジに移項します。

f:id:hoshi_dachi3:20201114145321j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114145944j:image

こちらもn年前のリベンジ達成。

伝ポケを倒さずにきちんと捕獲できるようになったことに進歩を感じる。

 

湖のポケモン最後は意志の神・アグノムですが、アグノムに関してはDPでは下記の記事で触れた通り既に捕獲済みなので、

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

やり残していたPtでのみ捕獲チャレンジです。

f:id:hoshi_dachi3:20201114150205j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114153531j:image

エムリットの捕獲はまだ残っているものの、これで『見つけた数』に湖のポケモンを追加出来たのでここは一旦良しとしましょう。

徘徊ポケモンの捕獲は時間がかかるので後回しです。

 

DPではここでシンオウ図鑑『見つけた数』を全埋めすることに成功しているのですが、Ptではまだ少し埋め残しがあります。

それがハクタイの森にある森の洋館20時以降に出現するロトムです。

f:id:hoshi_dachi3:20201114221150j:image

シン、ダズル、イマチに並ぶホラーNG勢のナタネさんに代わって、森の洋館の調査を行っていきます

但し、調査と言いつつ報告パートは無い。

 

どこからともなく皿が飛んできそうな食事室ですね……。

f:id:hoshi_dachi3:20201114221157j:image

※皿が飛ぶのはオブリビア地方にあるジュゲマの屋敷です。

 

二階の個室が立ち並ぶフロアは……

f:id:hoshi_dachi3:20201114223004j:image

な ん か い る

幽霊少女がいる場所で拾えるわざマシン『みがわり』だったのも不穏な件。

 

ロトムが登場するのは左から二番目にある部屋のテレビです。

f:id:hoshi_dachi3:20201114223021j:image

 

テレビを調べて叩くとロトムが出てきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201114223039j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114223104j:image

ロトム自体は図鑑スマホのお陰で全然怖くないという。

 

ちなみに、DPでは全国図鑑入手後ロトム捕獲チャレンジが可能となります。

f:id:hoshi_dachi3:20201114223132j:image

 

ここまで来ると3タイトルのシンオウ図鑑『見つけた数』が全て埋まったので、まずは助手に確認してもらいます。

f:id:hoshi_dachi3:20201114152128j:image

 

助手に完成を確認してもらったところで、コウキもしくはヒカリの言う通りナナカマド博士シンオウ図鑑を見せに行きましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20201114152810j:image

 

シンオウ図鑑の完成報告が終わり、ナナカマド博士からポケトレを貰うと研究所にオーキド博士が現れ、オーキド博士が主人公の図鑑を全国図鑑にアップデートしてくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20201114152805j:image

 

そして、全国図鑑が手に入ったことでパルパークが解禁されました。

f:id:hoshi_dachi3:20201114152813j:image

これで中古で購入したGBAソフト(第三世代)からポケモンを輸送できます!!!!!

 

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

そしてやはりここで触れた予定通りにも進んでいないような(ry

 

早速、パルパークを訪れるとオーキド博士に再会します。

f:id:hoshi_dachi3:20201114224045j:image

オーキド博士は主人公にポケッチのアプリを渡し、シンオウ地方での拠点にしているハクタイシティへと去っていきました。

 

という訳で、以前中古で購入したGBAソフト(第三世代)の五作品から輸送対象として選んだ御三家・伝説・幻のポケモン+αを輸送していきます。

ダブルスロットが使える本体(DSLiteでずっとプレイしていたのがパールだけなので、パールを受け入れ先にして諸々の準備を始めましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20201114155730j:image

 

輸送対象に選んだポケモンは全てリーフグリーンにまとめておいたので、こちらから六匹選んでパールに送ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201114155646j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114155841j:image

ちなみに、+αの選出は

フィオネのタマゴを作るために必要なメタモンポケトレ使えば捕獲できるけど手間がかかるので)

・嫁ポケのロコン

・御三家と同等ポジションのピカブイ系列(ピカチュウ、ブースター)

・推しポケのチルット

・毎作恒例の大器晩成ポケモン(600族)からボーマンダ

だったりします。

 

ここまで済ませると、後はパルパークで捕獲ショーに参加するだけです。

f:id:hoshi_dachi3:20201114155914j:image

パルパーク内で出現したポケモンにパークボールを投げるとボールに収まってくれるので、これを六匹分繰り返せばOKです。

後はショーで捕獲したポケモンをボックスに入れて貰えば輸送終了となります。

 

これでパルパーク関連は終了です。

第三世代→第四世代の輸送が完了したので、次は第四世代→第五世代の輸送についてですが、それは後述致します。

 

ここからは全国図鑑入手後のイベントです。

DPでミズキからイーブイが貰えるのは全国図鑑入手後でした。

f:id:hoshi_dachi3:20201114225826j:image

Ptですぐに貰えたのはPtシンオウ図鑑にブイズが追加されたからなのでしょうね。

 

続いて、まんげつじまクレセリア徘徊開始イベントです。

ミオシティにある船乗りナミキさんの家に行くと、彼の息子が悪夢に囚われている姿が確認出来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122730j:image

どう見てもダークライが原因です本当に(ry

 

息子を悪夢から解放するにはみかづきのはねが必要なので、これを入手するためにまんげつじまへ向かいます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122734j:image

ちなみに、Ptでは一度ナミキさんがみかづきのはねを探しにまんげつじまへ向かったものの、トレーナーでは無かったためか見つけることが出来なかった旨を奥さんから聞くことが出来ます。

 

まんげつじまの奥にいるクレセリアに話し掛けると、上述のエムリットと同様『見つけた数』に登録された後にシンオウ地方の徘徊を開始します。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122741j:image

そして徘徊ポケ安定の捕獲後回しである。

 

クレセリアが島を去った後、先程までクレセリアがいた場所にみかづきのはねが落ちているのでこれを拾います。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122737j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115122727j:image

これでナミキさんの息子を悪夢から覚ませることが可能となります。

ミオシティに戻り、息子にみかづきのはねを使いましょう。

 

みかづきのはねを使うと息子は囚われた悪夢から現実へと戻ってくる(=目が覚める)ので、これにてミッション完了です。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122720j:image

ところで息子くんが囚われていたダークライ悪夢の場所って……もしかして、『なぞのばしょ』だったりします……?

 

お次はおくりのいずみにあるもどりのどうくつの探索です。

こちらはDPPtで内容(とかくれいずみへの道・おくりのいずみのBGM)が異なります。

 

DPではのある部屋を三回通ることに成功した先の部屋ギラティナがいて、捕獲に挑戦することが出来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122856j:image

 

一方、メインストーリー中でギラティナの捕獲が済んでいるPtではのある部屋を三回通ることに成功した先の部屋やぶれたせかいへ通じる穴が開いており、そこから向かったやぶれたせかいはっきんだまを入手することが出来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122849j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115122852j:image

はっきんだまギラティナに持たせることでオリジンフォルムを維持できるようになります。

 

こちらはPtのみの要素です。

パルパークでオーキド博士が去り際に言っていたハクタイシティの拠点に行き、話し掛けるとカントー三鳥の徘徊が始まります。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122845j:image

……こちとらつい先日ガラル地方そちらの三匹によく似た徘徊ポケモンを捕まえろって言われたところなんですけど!?

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

話は戻って、こちらはDPPtで共通のイベントです。

殿堂入り前は通してもらえなかったチャンピオンロードの先に進むと、タッグトレーナーの一人・マイと一緒に行動するイベントが発生します。

f:id:hoshi_dachi3:20201115165812j:image

 

224番道路側の出口までマイを案内すると同行イベントは終了です。

彼女は道路の先にある石板に来るポケモン(=シェイミ)を見るために訪れたそうですが……。

f:id:hoshi_dachi3:20201115165809j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115165815j:image

こちらの石板にシェイミを訪れさせるには、かつてPtで配布されていた『オーキドの手紙』たるアイテムが必要なんですよね……。

なので、マイシェイミと対面するイベントは今となっては発生不可能ということになります。

非正規手段ことなぞのばしょを用いた裏技ならシェイミがいる『はなのらくえんに到達し、捕獲に挑めること自体は可能らしいですが、イベントそのものは発生しないそうなので。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

ということで、今回回収したED後要素はここまでとなります!

……ところで、殿堂入り後のジュンの伝言ことキッサキシティで船に乗れ!関連のイベント(◯◯エリア上陸、バクと行動、ヒードランとの遭遇)が全く含まれていませんね?

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

この辺りについて、冒頭で触れた通りの理由を説明していきます。

◯◯エリア三か所で発生するイベント、もといED後ストーリーはエリア探索を含めると時間がかかりそうなので、これらについてはポケシフターの開通後に行おうと考えたからです。

 

『ポケシフターの開通』年内から今年度中に引き延ばしたのなら別に時間がかかろうと先にDPPtで◯◯エリア関連イベントを回収しても良いとは思ったのですが、3DSシリーズの生産が終了した』ことがどうも引っ掛かって……というより、もたもたしているとポケモンバンクサービス終了する(=第五世代→第六・第七世代への輸送が止まる)んじゃないかと不安になったので、こちらの不安を先に解消してしまいたい気持ちの方が勝ってしまいました。

キズストくんがサ終決定したのもあってサ終が何よりも怖いんですよね……。

 

そのため、◯◯エリア関連イベントの回収は後に回し、次回からは今年度中にポケシフターを開通する』ことを優先とした『イッシュ冒険レポート』シリーズを始めようと思います。

そして、ポケシフターが開通出来たタイミングで◯◯エリア関連イベントの回収(DPPt)、ED後ミッション(光の軌跡)、体験版以降のストーリー進行(救助隊DX)といった未消化状態のイベント等を進めていきたいと考えております。

その間に最新作(リメイク含む)が出たらまた予定が変わりそうですが……。

あとダイマックスアドベンチャーの伝ポケ捕獲(剣盾)も終わっていないのでそちらもいずれ進めていきます……!

 

という理由で、次回より舞台をシンオウ地方からイッシュ地方に移した冒険を始めていきます!

ではでは……!

| ・∇・)ノシ♪

ワクドキの新天地!ガラル冒険レポート⑭

皆さんおはこんばんにちは。

 

ガラル冒険レポート・冠の雪原編も第三回となりました。

今回は、前回予告した通り『ガラルスタートーナメント』を中心とした『冠の雪原』のストーリー『第二部』に相当する部分の振り返りをお送り致します。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

まずは第一部の『THE END』が表示された直後の民宿です。

シャクヤとピオニーが出て行った民宿の玄関には謎のアイテムが落ちていて、これを拾わないことには外に出られないのでアイテムを回収します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031170623j:plain

 

拾ったアイテムはピオニー作の伝説メモ三種によく似た『伝説のメモ?』であり、不思議と称されるようにタイトルは『????????』と伏字、内容も半分近くが『…』で伏せられ読みづらいものとなっています。

f:id:hoshi_dachi3:20201031170640j:plain

ただ、タイトルは『?』を、本文は『…』を一文字とし、尚且つ過去作(SM/USUMの知識があるとメモの内容を推測出来なくはないんですよね。

という訳で、推測してみた結果がこちら↓

 

ウルトラビースト

ちらの せいと ほか 

ぐ なぞ きょだいな あな

ーンはかせに よって はっけ

むこうには わたしたちの している

ケモンと ちが そんざい

ルトラビーストが すんでいる

 

恐らく、こう書かれているのではないのでしょうか。

 

こちらのメモを携え、マックスダイ巣穴に向かったピオニーに話し掛けます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171148j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031171203j:plain

しかし、今までの伝説メモと異なりこちらの『伝説メモ?』はピオニーにとって身に覚えのないものだそうです。

それならこのメモは誰が書いて民宿に……?そう思ったときでした。

 

f:id:hoshi_dachi3:20201031171230j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031171253j:plain

巣穴でアドベンチャー中だった団体が叫びながら現れ、最後に出てきた少年が研究所にポケモンか分からない生き物がわんさか現れた』と言います。

 

以前はアローラにいた研究員はポケモンか分からない生き物』ウルトラビーストだという事実にすぐ辿り着き、それらが現れた原因はウルトラホールだと推測します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171309j:plain

 

……そういえば、フリーズ村の民宿に『ウルトラホール』を開くことが出来るポケモンがいましたよね。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171431j:plain

彼女曰くふわふわちゃん(=コスモッグ)は村の外で震えていたのを連れて帰って来ちゃった』個体らしく、『その子と出会ってから知らないポケモンが雪原に増えたとのこと。

これは怪しい……。

 

ちなみに、こちらのコスモッグはある程度冠の雪原のストーリーを進めることで民宿のおばあさんから譲って貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171453j:plain

私はメモ三種の調査を全て終わってからコスモッグを入手したのでどのタイミングで譲ってもらえるのか完全に把握出来ていないのですが、おばあさんが譲渡の際に『村を救ってくれてありがとう』と言っていたので、恐らく『豊穣の王伝説』の調査完了後(もしくはブリザポス/レイスポスを村から追い払った後)に譲渡フラグが建つのでしょうか……?

 

また、マックスダイ巣穴にいるシャクヤに話しかけると『巣穴で初めて発見された伝説のポケモンについて教えてもらえるのですが、そのポケモンというのがコスモッグの最終進化系であるソルガレオソードの場合)もしくはルナアーラシールドの場合)なんですよね……。

f:id:hoshi_dachi3:20201101163528j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101163322j:plain

これらを踏まえると

異世界コスモッグがマックスダイ巣穴の最奥に繋がるウルトラホールを開く。

②ウルトラホールを開いたコスモッグはそのままこちら側の世界を彷徨い、フリーズ村の外で村民のおばあさんに保護される。

コスモッグが開いたウルトラホールを通り、様々な『伝説のポケモン』や『フリーズ村の村民が知らないポケモン』がこちら側の世界のマックスダイ巣穴やカンムリ雪原に現れる。そのとき、最初にこちら側に来た伝説のポケモンが『ソルガレオ』もしくは『ルナアーラ』だった。

④その穴を通って『ウルトラビースト』までこちら側の世界に現れた?

という流れなのでしょうか……?

 

話は戻って、『伝説メモ?』をピオニーに渡した後の場面のその後です。

研究員が奥で首を傾げる傍ら、ピオニーは主人公に『メモについて身に覚えはないが、新しい探検が始まる予感がする!』と『伝説メモ?』の内容について付けたクソデカフォント調査ミッション名を告げます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171327j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031171348j:plain

最早『伝説』を二回言うのはデフォルトなのか。

 

こちらの調査ミッションはダイマックスアドベンチャーで捕獲した』ネクロズマをピオニーに見せることで達成できます。

f:id:hoshi_dachi3:20201108085313j:plain

また、ヨロイ島のマックスレイドバトルで時折クララ/セイボリーが参加してくれるように、ダイマックスアドベンチャーではNPC枠にシャクヤ(※この画像だと右端がいることがあります。

 

何度か撤退を余儀なくされ、苦戦の末にようやくネクロズマの捕獲に成功しました。

f:id:hoshi_dachi3:20201108085352j:plain

 

こちらの巣穴産ネクロズマを手持ちに入れ、ピオニーに話し掛けましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20201108085412j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201108085539j:plain

すると、普段ピオニーに話し掛けた際に表示される選択肢(戦闘or伝ポケを見せる)がすっ飛ばされ、イベントが発生します。

 

このイベントで今までの『伝説メモ』と同様にピオニーからネクロズマの感想を聞き、メモに調査完了のチェックマークが付けられます。

f:id:hoshi_dachi3:20201108085627j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201108085646j:plain

 

そして、ピオニーが全く身に覚えの無かった『伝説メモ?』の書き手が判明。

f:id:hoshi_dachi3:20201108085711j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201108085725j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201108085742j:plain

……アローラから来た研究員がウルトラビーストについてのメモを書くのは分かるんですけど、それが書き手の研究員や民宿の借り手のピオニー知らぬ内にピオニー探検隊の借りている民宿の玄関(=室内)に置かれていたってどういうことですか!?

研究員曰く『伝説メモ?』には控えがあるそうなので、何者かがメモの原本もしくはコピーの一部を持ち出し、主人公に見てもらえるような場所に置いたとかですかね……。

 

更に驚いた事実がもう一つ。

f:id:hoshi_dachi3:20201108085803j:plain

ウルトラホールの原因ふわふわちゃんじゃなかったの!?

 

ウルトラホールを開けられるのはコスモッグ系列だけだと思っていたのですが、私が把握していないだけでネクロズマにもウルトラホールを開く能力があるのでしょうか……。

それとも、ウルトラホールを最初に開いたのはコスモッグ(=ふわふわちゃん)で、最初にマックスダイ巣穴に現れたのもソルガレオ/ルナアーラというのは間違いないが、ウルトラホールを活性化させ、ウルトラビーストすら呼び寄せてしまうほど広げてしまった原因ネクロズマであるということなのでしょうか……?

 

些か疑問点は残ったものの、メモの調査そのものは完了したので研究員からお礼のアイテムが二つ貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201108085846j:plain

ここで貰えるのは『とくせいパッチ』『ウルトラボール』の二つでした。

どちらも『マックスこうせき』で交換できるレアアイテムとなります。

ちなみに、同じくモンスターボール系のレアアイテムである『ドリームボール』は雪原内のデリバードレイドで稀に入手できるとのこと。ぼんぐりボールサファリコンペはウッウロボから超低確率で合成できるので、これでプレシャス以外のレアボールは入手手段が出来たということでしょうか。

 

最後に、ピオニーから激励の言葉を貰って『伝説メモ?』にまつわる調査イベントは終了です。

f:id:hoshi_dachi3:20201108085926j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201108085942j:plain

さて、残りの巣穴産伝説ポケモンを捕獲していきますか……!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

とまあ、ここまで『伝説メモ?』にまつわるイベントの話ばかりでガラルスタートーナメントはどこへ行ったんだ、となりますよね。

実は『伝説メモ?』の調査完了のくだりは流れの都合上ここに差し込んだだけで、実際は雪原のストーリー完走後に達成したものだったりします。

 

では、実際にプレイしていたときはどのような流れだったかというと、ピオニーに『伝説メモ?』を渡してクソデカフォントの調査ミッション名が表示された直後まで遡ります。

調査ミッション名が表示された後は自由行動が再開するので、マックスダイ巣穴の外に出ると主人公のスマホロトムダンデから着信が入ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171521j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031171542j:plain

どうやら、ダンデはホップに主人公の番号を聞いて電話をかけてきた模様。

このシーンは先日公開された『薄明の翼』の特別編でも『シャクヤとピオニーがいる列車の中で、ダンデのアイコンが表示された通話画面が赤い本体ロトムスマホに表示されている』という描き方で出てきていましたね。

 

ダンデの願いを受け、主人公はシュートスタジアムへ。

ストーリー終盤の雰囲気を感じ取ったので、ここからは例の如く服装をデフォルトのものに戻しています。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171614j:plain

 

スタジアムのエントランスにいるダンデに話し掛けることで『お願い』の内容を聞けるのかと思いきや、内容はバトルコートで話すと言われてしまったので更にコートへと向かいます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171632j:plain

すると、コート上には見覚えのあるライバルジムリーダーたちが勢揃いしていました。

 

ソードの場合

f:id:hoshi_dachi3:20201031171643j:plain

 

🛡シールドの場合

f:id:hoshi_dachi3:20201101162317j:plain

 

その中でホップが真っ先に主人公に気付き、話し掛けてくれました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171709j:plain

この辺りの描写は主人公だけ電話で呼び出されている上に、ダンデから事情を聞かされないままコートに直行させられている』のに(『薄明の翼』での描写が本家でも適用されているのなら)ダンデは他の参加者には招待状を贈っている(=事情を事前に説明した上でコートに呼び出している)という点を踏まえると、恐らくダンデ『全ての下準備(=他の参加者を勢揃いさせること)を入念に行った上で、主人公にはサプライズをしかけよう』としていたのではないでしょうか。

 

話を戻して、主人公がホップと話していると遅れて入場してきた先輩弟子が話しかけてきます。

どうやら、マスター道場で主人公に負けて以降猛特訓を重ねたらしく、晴れてマイナーリーグジムリーダーに就任することが決定したそうです!

f:id:hoshi_dachi3:20201031171721j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101162250j:plain

これはめでたい!!

 

ところで、マイナーリーグのジムリーダーであるクララ/セイボリーをトーナメントに呼び出せるのなら、出てこない方のバージョンでマイナーリーグのジムリーダーをやっているであろうオニオン/サイトウやメロン/マクワも呼び出せませんか!?

というか、薄明でサイトウ・マクワ・クララ(⚔限定組)とオニオン・メロン・セイボリー(🛡限定組)が勢揃いしてるのめちゃくちゃ羨ましいんですけど!!!あれ本家でもやらせてくれません!?!?

メロンさんのレアリーグカードでいわユニ姿のマクワさん映ってるんだから、盾時空でもマクワさんはいわタイプのジムリーダーやってるってことでしょう!?

(ラテラル・キルクスのジムリ組はともかく出てこない方のバージョンで道場修行をしているかどうか怪しい先輩弟子がマイナーリーグのジムリーダーになれているのかどうかはまた別問題ですが。)

 

……はい。これ以上この話題を続けるといつまで経っても本題に進まないので話を戻します。

先輩弟子からジムリーダー就任の報告を聞いた後、ダンデから『ガラルスタートーナメント』の開催とそれに至った経緯について聞かされます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171736j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031171805j:plain

このとき、ダンデはスタートーナメント開催の理由の一つに『主人公と弟が競い合い、互いに高め合うのを見て、ライバル仲間がいて初めて到達できる強さを知った』と挙げているのですが、それ以前からキバナはダンデをライバルしていて、ブラッシータウンの住人は『ダンデとソニアは昔いいライバルだった』って言ってるんですよね。

つまり、周りからはライバルに見える相手やライバルだと思ってくれている人がいたにも関わらず、ダンデ自身はそれに気付いていなかったと……。

この辺りは本人も『今までオレは自分と向き合い、鍛えることで強さを追い求めてきた』と語ってるので、以前のダンデが『ライバルとして向き合ってくれた相手をライバルだと思っていなかった、もしくは気付いていなかった』のはほぼ確実なんでしょうね。

……それを踏まえるとかつてはジムチャレンジャーだったソニアがバトルから身を引いてしまうのも分からなくはないという。

 

開会宣言が終わったので、主人公はエントランスに戻ってトーナメントに参加するためのパートナーを探すことになりました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171832j:plain

 

エントランスにいるライバルやジムリーダーたちに話し掛けることは可能なのですが、この時点で選択できるパートナーはホップと、

f:id:hoshi_dachi3:20201031171904j:plain

 

マリィの二人のみです。

f:id:hoshi_dachi3:20201031171921j:plain

なお、二人と同じく主人公の同期ライバルであるビート『君(=主人公)と組むと君が倒せない』という理由で断ってくるので今回のパートナー候補には入っていません。

 

ここからは、選んだパートナーによって少し内容が変わります。

ホップをパートナーに選んだ場合】

f:id:hoshi_dachi3:20201031171948j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031172005j:plain

・マリィはネズと組む

・キバナはダンデと組む

・ポプラの名前が無い

 

マリィをパートナーに選んだ場合】

f:id:hoshi_dachi3:20201101162435j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101162503j:plain

・ホップはポプラと組む

・キバナはネズと組む

・ダンデの名前が無い

 

また、どちらを選んでも登場する右下の???枠(キバナとダンデorネズのタッグが初戦に当たる相手)はどうやらシーソーコンビの二人だそうです。

つまり、マリィをパートナーに選んだ場合、ダンデは主催者であるのにも関わらず記念すべき『ガラルスタートーナメント』の第一回には参加していないということに……?

この点やホップをパートナーに選んだ場合は決勝で当たるのがダンデ&キバナのタッグになることを踏まえると、どことなく『ホップをパートナーに選んだ場合』の方が正史であるような気がしなくもないです。

 

パートナーを決定するとトーナメントが始まります。

対戦相手の片方は本編メインストーリーにおけるファイナルトーナメントで戦った人と同じになっており、戦うタイミングもファイナルトーナメントのときと同じになっています。

【1回戦(共通)】

f:id:hoshi_dachi3:20201031172907j:plain

ファイナルトーナメントの初戦で戦ったルリナと、彼女と組んだヤローとのタッグと対戦です。

 

【2回戦(ソードの場合)】

f:id:hoshi_dachi3:20201031172956j:plain

ソードの場合、ファイナルトーナメントの二回戦で戦ったサイトウと、彼女と組んだマクワとのタッグと対戦です。

 

【2回戦(シールドの場合)】

f:id:hoshi_dachi3:20201101162701j:plain

シールドの場合はファイナルトーナメントの二回戦で戦ったオニオンと、彼と組んだメロンとのタッグと対戦です。

 

【決勝戦ホップをパートナーに選んだ場合)】

f:id:hoshi_dachi3:20201031173016j:plain

勝戦の相手は、ファイナルトーナメントでも戦ったキバナは固定であり、選んだパートナーに応じて組む相手が変わります。

上でも触れましたが、ホップをパートナーに選んだ場合はダンデがキバナのパートナーです。

 

【決勝戦マリィをパートナーに選んだ場合)】

f:id:hoshi_dachi3:20201101162816j:plain

マリィをパートナーに選んだ場合、上述の通りキバナのパートナーはネズとなります。

よくよく考えたら、どちらの場合でも決勝戦『ファイナルトーナメントの決勝で戦ったキバナ』『パートナーの兄』のタッグになっていますね。

 

勝戦で勝利を収めると、優勝タッグ(主人公&選択したパートナー)と主催のダンデがコートにいる場面に移ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201031173050j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101162855j:plain

 

そして、ダンデは今後も『ガラルスタートーナメント』を開催していくこと、『トレーナーとポケモンが優勝を目指し、観客が熱戦を望む限りその営みはずっと続いていく』ことを皆に宣言します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031173124j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031173143j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031173218j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101162928j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031173238j:plain

ここでローズが憂いた未来同じ年数を出す演出がずるい(※褒め言葉)よなぁ……。

 

そして、ダンデは観客(とプレイヤー)に向けて笑顔を見せ、普段はバウタウンの灯台の下で活動中のポケモンバンド・マキシマイサズを呼びます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101150925j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101151003j:plain

 

ここで本編+DLCを含めた全体で二度目となるエンドロールが再生されます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101151021j:plain

今までの締めは本編メインストーリー以外全て『THE END』の暗転が表示されるだけだったので、『ガラルスタートーナメント』を以て剣盾の物語は完全に幕を閉じたということなのでしょう。

……そう考えると切なさも感じますね。

 

出来たらDLCを第3弾、第4弾と続けて『全ポケモンの解禁』『全タイプのユニフォームの着用者の実装』を行ってもらいたかったところですが……。

特に、冠の雪原で過去作の化石ポケモンが大半新規内定を貰っていながら、露骨にシンオウの化石ポケモンだけスルーされているのとかめちゃくちゃ引っ掛かりますし。確かにそろそろDPPtリメイクが来てもおかしくはない時期ですけど……。

ただ、switchという1画面しかないハードDPPtのリメイクがされてもポケッチや地下通路の化石発掘などが再現できないのではないかとも思ってしまうのですが。

これは『マナフィのタマゴの連携』を理由に密かにDPPtとの同時リメイクを望んでいるポケモンレンジャーシリーズにも言えることですけど、DPPtレンジャーシリーズは『2画面ハードのDSだからこそ出来たシステム』の色が濃く出ているので、無理に1画面ハードでリメイクされたところでオリジナルの良さを削ってしまわないかが不安です。

(※DPPtと同じ第4世代の本編シリーズ作品であるHGSSはオリジナルである金銀が1画面ハード時代の作品なので今回は除外しています。それでもポケスロンのように2画面ハードだからこそできたものはありますが。)

 

エンドロールを見届けてゲームを再開すると、シュートスタジアムの受付スタッフからトーナメントの優勝祝いが貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101151104j:plain

(加えて、従来のトーナメント優勝時と同様にボールガイからもアイテムを貰えます。)

 

それが、賞金100万円と『ゲームセット』という名前のユニフォーム一式です。

f:id:hoshi_dachi3:20201101151141j:plain

恐らく他のユニフォーム一式と同様に『ゲーム』という名のユニフォームの『セット』ということなのでしょうが、ストーリー自体の『ゲームセット(=完結)』というダブルミーニングであるように感じました。

なんとなくですが、この『ゲームセット』が新たにガラルチャンピオンとなった主人公のチャンピオンユニフォームとしての役目を担っていると思います。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

……と、ここまでが『冠の雪原』におけるストーリーのお話でした!

『ガラルスタートーナメント』を経て冠の雪原の『第二部』どころか『ソード・シールド』の物語の完結を見届けたので、ここからはおまけ要素についてのお話となります。

 

①【人によっては懐かしいあの手段あのポケモンが出現……!?】

ボールレイクの湖畔にあるこちらの石碑を調べてから、ローカルorインターネット通信で出会ったトレーナーにアイテムを貰う行為を繰り返すと、ミカルゲが出現します。

f:id:hoshi_dachi3:20201101151331j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101151314j:plain

この『通信で出会った人に沢山話し掛けることで特定の場所にミカルゲが出現する』という手法が上でも触れたDPPtの地下通路で出来たものなんですよね。

なお、私は最初にダイヤモンドをプレイしていた当時、この手法でミカルゲを入手することはできませんでした!残念!!

というより当時の自分では条件的に無理ゲーだった。

 

ちなみに、ミカルゲの捕獲後に石碑を調べるとテキストの内容が変わります。

f:id:hoshi_dachi3:20201101151355j:plain

 

②【ヨロイ島で出会ったデザイナーとまさかの再会】

初回の『ガラルスタートーナメント』をクリア後、シュートスタジアムにこちらの男性NPCが出現するようになるので彼に話し掛けます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101151433j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101151509j:plain

すると、手描きのゆるいダンデがプリントされたファッションアイテムが貰えます。

 

また、こちらのアイテム入手後、手持ちorボックスにレジエレキレジドラゴがいればそれぞれのポケモンに応じたイメージのパーカーが貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101151552j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101151536j:plain

 

③【カンムリ雪原図鑑を完成+メルメタルを見せると……?】

まずはシリーズ恒例となる『図鑑の完成報告』です。

ヨロイ島図鑑のときと同様、最初の探訪の際に図鑑をアップデートしてくれた研究員に図鑑を見せます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101151652j:plain

 

完成した図鑑を見せると賞状を見せてもらえ、

f:id:hoshi_dachi3:20201101151717j:plain

 

リーグカードには図鑑完成の印(右上ののアイコン)を押してもらい、

f:id:hoshi_dachi3:20201101163552j:plain

 

レプリカクラウンが貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101152753j:plain

 

そして、手持ちorボックスにメルメタルがいるとナット柄のキャップが貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101151810j:plain

ちなみに、イベント発生の優先順位はこちらの方が上でした。

(完成報告をするつもりで話しかけたらメルメタルに反応されたので)

 

ナット柄のキャップは正面から見ると本当にただのナットが描かれているのですが、

f:id:hoshi_dachi3:20201101163011j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101163027j:plain

後ろから見ると鍔の上部はメルタン柄になっています。

 

④【ガラナツリースガラルヤドキング

ヨロイ島で入手できるガラナツブレスをガラルヤドンに使えばガラルヤドランに進化できますが、ガラルヤドキングにするには一体どうすればいいのか。

その謎を解き明かすのがこのおばあさんの作るガラナツリースです。

f:id:hoshi_dachi3:20201101163045j:plain

ガラナツブレスより枝の要求数が多いのはサイズの都合ですかね……?

 

ガラナツリース』をガラルヤドンに使うことでガラルヤドキングへ進化することができ、ガラルヤドキングをおばあさんに見せると、『ガラナツブレス』のお姉さんにガラルヤドランを見せたときと同じくファッションアイテムが貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101163102j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101163112j:plain

余談ですが、シェルダーの噛み付き先と進化用アイテムってリンクしてますよね。

・ガラルヤドラン→シェルダーが噛み付いている→進化に必要なアイテムは腕につけるブレスレット

・ガラルヤドキングシェルダーが噛み付いている→進化に必要なアイテムは頭に乗せるリース

 

⑤【ジムリーダーに就任した先輩弟子の肩書きと手持ちポケモン

『ガラルスタートーナメント』で主人公にジムリーダー就任を明かした先輩弟子ですが、トーナメント後に道場で戦うとジムリーダー就任に合わせて肩書きがポケモントレーナーからジムリーダーに変わっています。

f:id:hoshi_dachi3:20201101152831j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101163124j:plain

 

また、二人の手持ちにはそれぞれガラルヤドキングが追加されていて、クララ初手に繰り出すポケモンがガラルヤドキングに、

f:id:hoshi_dachi3:20201108090410j:plain

 

セイボリーダイマックス枠がガラルヤドキングに変更されています。

f:id:hoshi_dachi3:20201101163136j:plain

 

⑥【シャクヤが話す、夜中の女性の噂とは……?】

マックスダイ巣穴にいるシャクヤに話し掛けると色々な話題が聞けたり。伝説のポケモンの位置を教えてもらったり、ゲーチスやフラダリのファッションアイテムを入手できるのですが、その中の一つに『夜になると髪の長い女性が何かを探して彷徨っている』というものがあります。

f:id:hoshi_dachi3:20201101152108j:plain

 

そして、ここからが未だにイベント発生条件が分かっていない(ソードは運よく一発で見れたがシールドでは未だに未回収のまま)のですが、夜にいにしえの墓地を訪れるとオリーヴさんが現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101152147j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101152221j:plain

オリーヴがここまで熱心に探す人といえばローズしかいません。

しかし、ブラックナイト騒動後に自首したローズがいるはずもなく……。

 

それでも『カンムリ雪原にローズらしき人がいる』という噂を確かめるべく雪原に赴いたオリーヴの前に、ピオニーが現れました。

f:id:hoshi_dachi3:20201101152407j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101152447j:plain

レアリーグカードの情報でローズの弟であることが確定している+巣穴の研究員が『顔はローズ委員長そっくり』というだけあって、ピオニーを見たオリーヴは一瞬彼のことをローズだと勘違いしてしまいます。

 

この後、噂の真相『ピオニーをローズだと見間違えただけ』だったということを知ったオリーヴはもう雪原に用は無いとタクシーを呼び出し去っていきました。

f:id:hoshi_dachi3:20201101152518j:plain

ちなみに、オリーヴはローズに弟がいることを知っていたようなので、もしかするとローズの口から弟の存在を聞いたことがあったのかもしれません。

 

オリーヴが去った後、ピオニーはオリーヴを通して知った『ローズの周辺の人間』について感想を零します。

f:id:hoshi_dachi3:20201101152536j:plain

一度はチャンピオンになったものの、ローズの委員長就任を受けてその座を即辞任してしまったり、主人公に対しても『元チャンピオン』より『元ジムリーダー(ちなみに使用タイプはローズと同じはがねタイプであり、レアリーグカードだとはがねユニを着ている姿が確認できる)を名乗るぐらいなのでピオニーは兄にあまり良い感情を抱いていない(というか出奔の原因がローズと比較され続けてグレたから)のはよくわかりますが、それでも一緒に捕まえたゾウドウ(現在はダイオウドウ)を手放せなかったり、オリーヴの発言や態度から上記の発言に至るなど、完全に嫌いにはなれていないんだな、と思いました。

ブラックナイト騒動とその後のローズを見て、彼は一体何を感じたんですかね。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

……以上、おまけ要素のお話でした!

ここからは本当におまけもおまけな余談+αです。

 

①【ソードで『サファリボール』の合成に成功しました!!!】

f:id:hoshi_dachi3:20201108090249j:plain

ちなみに、材料はしろぼんぐり×4でした。

マジでソシャゲ並みの運ゲーでしたね……。

さて、どのポケモンに使いましょうか。

『嫁ポケ(ロコン・ユキハミ)を入手可能な全てのボールで捕獲するチャレンジ』は既にGTSでサファリ・コンペ入りの個体を交換してもらってボール遺伝で入手することに成功していますし……。悩みます。

 

②【冠の雪原編で密かに触れていた『環のSSRについて】

f:id:hoshi_dachi3:20201109072122p:image

エドワードォ!!!!

※エミリーと違って環はエドっさんと一文字も被っていません。つまり、今回は前回の天井(八つ当たりエドっさん)の流れ弾をそのまま食らっただけの完全なとばっちりである。

 

というわけで(?)、次回はそろそろED後要素が未回収なままの『あの作品』や『この作品』の続きに戻りたいですね……!

第二目標である『年内にポケシフターを開通する』改め今年度中にポケシフターを開通する』をどのように実行するのかもお話したいところですし……!!

 

ではでは!

f:id:hoshi_dachi3:20201109080228p:image

f:id:hoshi_dachi3:20201109080222p:image

| ・∇・)ノシ♪

ワクドキの新天地!ガラル冒険レポート⑬

皆さんおはこんばんにちは。

 

先日、ポケモン×BUMP OF CHICKENのコラボPV『GOTCHA!』で使用された楽曲『アカシア』のCDが届いてウッキウキな私です。

f:id:hoshi_dachi3:20201107141220j:plain

 

また、数日前にはエキスパンションパスの舞台を中心とした『薄明の翼』の特別編も公開され、ポケモンセンターではクリスマスグッズとしてシャイニー生地+クリスマス帽子のユキハミちゃんマスコットが発売し、ポケモン供給ラッシュが続いているなぁと感じる次第です!

環のSSR?あれはもう八つ当たりエドっさん案件の再来ルート確定です本当に(ry

 

それでは、ガラル冒険レポート・冠の雪原編第二回、始まります!

今回はぶっちゃけると『豊穣の王伝説』のイベント進行中でもイベント開始フラグが建つ地点に行けば同時進行が出来た『巨人伝説』『鳥ポケモン伝説』、それからソニアさんからの依頼である『三匹のポケモンの足跡探し』を振り返っていきましょう!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

というわけで、まずはメモの順番通りに『巨人伝説』からです。

ピオニーからメモを入手後、カンムリ雪原にある四つの遺跡のどれかに近付くと彼から電話が来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031162454j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162520j:plain

この場面、もし『豊穣の王伝説』と同時進行だった場合、向こうの展開次第じゃ『てょわわわぁ~ん』状態のピオニーが電話をかけてきたとかいう超絶カオスな状況になったのでは……?

 

遺跡を見つけたことでクソデカフォントの調査ミッションタイトルが表示されます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031162536j:plain

これ毎回やるのか

 

『巨人伝説』の調査ミッション内容は至って単純で、

①各遺跡の扉にあるギミックを破って扉を開く。

②各遺跡の床にあるスイッチを押して中の像の力を解放する。

③像を調べると出てくるレジ系を捕獲する。

これを4か所の遺跡で行い、ピオニーに報告すればメモ②『巨人伝説』の調査は完了です。

 

というわけで、各遺跡の調査を行いましょう。

まずは岩山の遺跡です。

扉の開錠ギミックは『手持ちの先頭のポケモン(=はじめのポケモン『かわらずのいし(=かわらぬイシ)を持たせることで破れます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031162617j:plain

 

そして、床のスイッチを全て押し、

f:id:hoshi_dachi3:20201031163315j:plain

 

像から力を感じるようになったらこちらを調べます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163345j:plain

 

遺跡名、スイッチの配置、感じる力からお察しですが、こちらの遺跡に登場するのはレジロックです。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163402j:plain

 

レジロックを捕獲するとメモ②の1ページ目が更新され、

f:id:hoshi_dachi3:20201031163420j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163440j:plain

 

ピオニーから連絡が来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163512j:plain

この調子でどんどん他の遺跡に挑みましょう。

 

続いて氷山の遺跡です。

こちらの開錠ギミックは『ひんし状態ではない(=いのちある)』『フリージオ(=ゆきのけっしょう)『手持ちの先頭にして連れ歩く(=ともにあるけ)ことで破れます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031162643j:plain

 

こちらも岩山の遺跡と同様、床のスイッチを押して像の力を解放させてから像を調べると、

f:id:hoshi_dachi3:20201101161154j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163620j:plain

 

遺跡名等から予想出来た通り、レジアイスが登場します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163631j:plain

 

こちらも捕獲後にメモ②更新(今回は2ページ目)→ピオニーからの着信が続きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163703j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163715j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163733j:plain

これで四つある遺跡のうち半分が調査完了しました。

 

三つ目は黒鉄の遺跡です。

こちらの開錠ギミックは『指笛を鳴らす(=おとをひびかせよ)ことで破れます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031162558j:plain

ちなみに、ブログではメモ②のページ番号に合わせて岩山氷山黒鉄の順で記載していますが、実際の攻略順は黒鉄岩山氷山でした。

 

そして、上二つの遺跡と同様に床のスイッチを押す→像の力を解放する→像を調べることで、

f:id:hoshi_dachi3:20201031162938j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163005j:plain

 

レジスチルが出現します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163033j:plain

 

そして、捕獲→メモ②更新(今回は3ページ目)→ピオニーからの着信です。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163049j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163119j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163542j:plain

これで準備は整ったので、最後の遺跡に向かいます。

 

というわけで、ここがメモ②の調査ミッション最後の舞台となるです。

こちらの開錠ギミックは手持ちにレジロック(=いわのきょじん)』『レジアイス(=こおりのきょじん)』『レジスチル(=はがねのきょじん)がいれば破ることが出来ます。

(※但し、ギミック解除には『各巨人の捕獲後のイベントを見ていること』が必須であるらしく、岩山・氷山・黒鉄の遺跡でのレジ系の捕獲をスルーして過去作のレジ系で扉を開こうとしても開錠出来ないそうです。)

f:id:hoshi_dachi3:20201031162713j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162726j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162740j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162756j:plain

 

こちらの遺跡は開錠に成功すると、遺跡の外側に描かれた模様が意味深に映ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163757j:plain

 

そして、こちらでも今までの三か所と同様に床のスイッチを押す……のですが、ここでの塔登り』にんじんのタネを植える畑』のときのように一つしか選ぶことの出来ない分岐点が訪れます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101161233j:plain

 

でんきの力を選んだ場合】

遺跡の外側に描かれた模様のうち、左側に描かれたXの形と同じになるように床のスイッチを押すと、像にでんきの力が解放されます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101161407j:plain

 

でんきの力を感じる像を調べるとでんきタイプの新レジ系・レジエレキが登場します。

f:id:hoshi_dachi3:20201101161435j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101161503j:plain

ずっとぽいんぽいんはねてるのかわいい

 

ドラゴンの力を選んだ場合】

一方、遺跡の外側に描かれた模様のうち、右側に描かれたYの形と同じになるように床のスイッチを押すと、像にドラゴンの力が解放されます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163931j:plain

 

ドラゴンの力を感じる像を調べるとドラゴンタイプの新レジ系・レジドラゴが登場します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031163944j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163959j:plain

新技の仕様が分かっていなくて驚いた思い出。

 

そして、レジエレキorレジドラゴを捕獲するとメモ②の4ページ目が更新されます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164012j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164035j:plain

これで『巨人伝説』に書かれたポケモンは全て捕獲出来たので、フリーズ村の民宿で待機しているピオニーへ報告します。

 

レジエレキを捕獲した場合】

f:id:hoshi_dachi3:20201101161530j:plain

レジドラゴを捕獲した場合】

f:id:hoshi_dachi3:20201031164051j:plain

報告内容は最後のポケモンが選択したポケモンに応じて変更される以外同じです。

ピオニー隊長曰くレジ系五体は

レジロック→ヤローの肩幅みたい

レジアイス→間接照明みたい(なので光らせてシャクヤに見せたい)

レジスチル→ボウリングの玉みたい

レジエレキ→ぱちぱち弾けるお菓子みたい

レジドラゴ→挟む力が強い洗濯ばさみみたい

とのことですが……感想の方向性が斜め上にぶっ飛んでますよねこの人。

(先に捕獲したバドレックスや後に捕獲するガラル三鳥、アドベンチャーに登場する伝説・UBを見せた際の感想も大体こんな感じだったので元々の語彙力がそういう系の人なのでしょう。)

 

とまあ、ピオニーの着眼点はさておき、これにて『巨人伝説』の調査ミッションは完了です。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164109j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164126j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164140j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164158j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164219j:plain

メモ②の全4ページに調査完了のチェックマークを付けてもらい、これにてレジ系の捕獲は完了!……ではありません。ほら、もう一体いますよね。レジ系。

某遺跡の最下層に鎮座している、岩・氷・鋼の巨人を連れていないと動き出さない巨人……某老いぼれ元レスラーが『信じられるのは己の力』とか言っておきながら、堂々と主人公の前に繰り出してきたあのパワフルな巨人です!

 

というわけで、『鳥ポケモン伝説』の調査を始める前にレジギガスをゲットしに行きましょう!!

レジギガスを出現させるためには、手持ちにレジ系五体(※レジエレキとレジドラゴは片方しか入手できないため要注意)を入れ、

f:id:hoshi_dachi3:20201031165423j:plain

 

巨人の寝床にある、普段は微量のワットすら発生しない無反応の巣穴を調べます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165446j:plain

 

すると、巣穴の中からダイマックス状態のレジギガスが登場するので、単身マックスレドバトルという形で捕獲に挑めます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165459j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165509j:plain

ちなみに、このレジギガスLv.100である。

ハッスルし過ぎじゃないですかレジギガスさん?

 

折角なので、レジギガス捕獲後にレジ系を集めてキャンプ開いてみました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165519j:plain

サイズの割にレジ系は小食でビックリ。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

話は戻って、伝説メモの続きです。

メモ③『鳥ポケモン伝説』の調査ミッションを進めていきましょう。

 

こちらの調査フラグが建つのは『ダイ木の丘』にある大きな木に近付いたタイミングとなります。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164713j:plain

 

主人公が巨木に近付こうとするとどこからともなくガラルファイヤー、ガラルサンダー、ガラルフリーザーの三匹が次々と現れ、巨木の下でバトルを始めます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164804j:plain

 

三鳥たちは主人公など目もくれず戦い続けますが、主人公のスマホロトムが鳴り出したことで状況は一変。

主人公がいたずらに飛び跳ねるロトムスマホを止めたそのとき、三鳥とバッチリ目が合いました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164828j:plain

 

そして、主人公を見た三鳥はそれぞれ異なる方向へと飛び去っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164846j:plain

 

その後(というより、三鳥バトル中に着信を寄越した?)ピオニーからダイ木の丘を飛び去った三鳥の居場所を告げられ、クソデカフォントの調査ミッション名が表示されます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164904j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164923j:plain

この人『伝説』って二回言ってんぞ。

 

そして、メモ③が更新され、各ポケモンが飛び去った先が書き込まれました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164951j:plain

 

ちなみに、この『ダイ木』は序盤に巣穴探訪をスルーして雪原全体を探索していた際に知ったのですが、巨木を何度も揺らしているとダイマックス状態のヨクバリスとの単身マックスレイドバトルが発生し、

f:id:hoshi_dachi3:20201031165555j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165623j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165646j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165714j:plain

バトルに勝利すると大量のきのみを入手することが出来ます。

よくあるきのみが一度に10個近く入手できたのはそこまで衝撃的でなかったのですが、今まで『バトル施設の連勝記録に応じた景品』という形ぐらいしか入手方法の無かった『サンのみ』『スターのみ』まで入手できたのは驚きましたね……。

更に言うと、こちらのきのみは運が良ければ雪原ワットショップの掘り出し物でも入手できますし、『ミクルのみ』といった珍しいきのみも雪原にあるきのみの木から拾えるので、本当驚くことばかりです。

 

とまあ、きのみの話はここまでにして、各地に飛び去った三鳥探しに戻ります。

まずはカンムリ雪原を飛び回っているガラルフリーザからです。

雪原ワットショップに飛ぶ→姿を見かけたら追い掛ける→追いついたところでガラルフリーザーが仕掛ける分身ギミックを見破る、という工程を踏むことでようやく戦闘に突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165015j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165037j:plain

 

捕獲に成功するとメモ③の内容が更新され、

f:id:hoshi_dachi3:20201031165103j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165120j:plain

ピオニーから着信が入ります。

この調子で他の二匹も追い掛けましょう。

 

ということで、続いて追っていくのはヨロイ島に飛び去ったガラルファイヤーです。

こちらは駅の前に飛び、道場手前のこの地点まで追跡を進めると戦闘に突入できます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165137j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165154j:plain

配色的にもタイプ的にもファイヤーというよりイベルタルの近縁種なのでは

 

二匹目の捕獲後もメモ③更新→ピオニーからの着信が続きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165211j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165227j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165242j:plain

余談ですが、ソードでガラルファイヤーの捕獲に挑んでいるときのヨロイ島探訪者がここ『一礼野原』に来ていて、しかもあくタイプ使いのネズさんだったという凄い偶然が起きていました。

つまり、右の岩の向こうにネズさんがいます。

 

はい。この調子で最後の一匹も捕獲していきましょう。

ガラルサンダーはワイルドエリアを走り回っているので、自転車でひたすら追いかけていきます。起点(タクシー移動先)『キバ湖・東』にしました。

最初は勢いよく走り回るのでなかなか追い付けないのですが、見失わないように後をつけていくうちにガラルサンダーがバテてスピードダウンしていくので、その隙に接触して捕獲パートに突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165255j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165309j:plain

 

捕獲後にメモ③が更新されるのは一匹目、二匹目と同様なのですが、最後の一匹のときのみピオニーからの着信がありません。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165329j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165344j:plain

なので、テキストの指示通り、フリーズ村の民宿にいるピオニーへ直接報告しに行きます。

 

早速『鳥ポケモン伝説』の三匹についてピオニーへ報告します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165743j:plain

ちなみに、こちらの鳥ポケモンたちはゲーム上ではカントー三鳥のリージョンフォーム』とされているものの、実際はカントー三鳥によく似た姿をしているが故にリージョンフォーム扱いを受けているだけの別種という少々ややこしい存在なんですよね。

噂によると『ダイ木に集う三鳥』色違いカントー三鳥』と同じ配色になっているそうなので、その辺りが『ダイ木に集う三鳥』の命名の際に誤解を生んだ原因となっているのかもしれません。

もし『カントー三鳥のリージョンフォーム』だと思われていなければ、この三匹にどのような名前が付けられていたのでしょうか……。

 

とまあ、気になるところはあれど『鳥ポケモン伝説』の調査ミッションはこれにて達成です。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165800j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165819j:plain

ピオニーから調査完了のチェックマークを貰います。

 

これにて三つの伝説メモの調査は全て終えたので、調査パートのエピローグに突入しました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165838j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165853j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031165911j:plain

全調査完了のお礼として、ピオニーからレアリーグカードを貰えました。

こちらのカード裏面情報で『ピオニーはローズの弟』であることが判明します。

そりゃ研究員さんに顔はローズ似って言われて当然ですわ!

 

レアリーグカードを受け取るとダイマックスアドベンチャーを思う存分楽しんだシャクヤが民宿に戻ってきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031165943j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031170003j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031170026j:plain

シャクヤは『満足いくほどアドベンチャーを楽しめたから伝説ツアーやっても良いよ』と言うのですが、そのツアーは先程主人公が完遂したばかり。

 

元々『先に始めるなら、シャクヤが混ざりたくなるようなツアーにしよう』とは言っていたもののシャクヤが合流する前にツアーの題材が尽きるという。

f:id:hoshi_dachi3:20201031170048j:plain

ようやくシャクヤが合流したというのに、これではツアーが始められないとピオニーは『新しい伝説』を考えると言い出します。

 

そして、自分がツアーの題材を考えている間に『着替えてきなさい』とピオニーがシャクヤに探検着を渡すのですが、これが本人の言う通り、主人公からも見て分かるように光り輝くものなんですよね……。

f:id:hoshi_dachi3:20201031170117j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031170208j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031170221j:plain

『自慢の娘だから光らせて周りに自慢したい!』いうピオニーに、反抗期全開のシャクヤは反発します。

 

そして、この一件が原因でシャクヤの気が変わってしまったので、彼女は主人公に光り輝く探検着こと『ゴールドセット』を押し付け、再びダイマックスアドベンチャーに戻ってしまいました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031170240j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031170256j:plain

 

その『ゴールドセット』を着用した結果がこちら。

f:id:hoshi_dachi3:20201031170309j:plain

……これはシャクヤじゃなくても、もっと言えば反抗期全開じゃなくても着づらいやつじゃねーか!!!

 

シャクヤがマックスダイ巣穴に戻っていった後、ピオニーは主人公へのお礼と『今後も拠点にした民宿は自由に使っていい』という言葉を述べます。

そして、『これからは家族交流の時間だ!』とシャクヤを追い掛けてマックスダイ巣穴へ向かいました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031170336j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031170352j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031170408j:plain

 

シャクヤを追い掛けたピオニーが民宿を出て、主人公が民宿の中を見上げたところで『THE END』となります。

f:id:hoshi_dachi3:20201031170425j:plain

ここで、冠の雪原のストーリーの第一部となる『伝説メモの調査編』が幕を閉じました。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

ひとまずストーリーの方に一段落着いたので、続いて『ソニアの依頼の足跡探し』に移ります。

最初の足跡を見つけるとカンムリ雪原の各地に足跡が出現するので、各足跡から得られる手がかりが100%になるまで足跡を探します。

その後の流れは

①フリーズ村の民宿(※ピオニー探検隊が拠点にしているものとは別)にいるソニアに報告する。

②手がかりを頼りにソニアがポケモンの居場所をサーチしてくれる。

③ソニアが教えてくれた場所に行くと該当のポケモンのシンボルが現れるので、シンボルに接触し捕獲チャレンジ。

④捕獲後、再びソニアに報告するとお礼のアイテムが貰える。

というものです。

 

足跡一つにつき手がかりが2%得られるので、50個×3匹分を見つければソニアの依頼は達成できます。

ぶっちゃけると全ての足跡を見つける必要は無いので、ヨロイ島のアローラディグダ探しより楽でした。

アローラディグダ枠とか言ってすまない。

 

なので、コバルオンビリジオンの足跡探しは『巨人伝説』の調査中に、

コバルオンの手がかり発見~出現まで】

f:id:hoshi_dachi3:20201031162817j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162832j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162856j:plain

 

ビリジオンの手がかり発見~出現まで】

f:id:hoshi_dachi3:20201031163218j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163232j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031163250j:plain

 

テラキオンの足跡探しは『鳥ポケモン伝説』の調査中に同時進行していました。

テラキオンの手がかり発見~出現まで】

f:id:hoshi_dachi3:20201031164245j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164307j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164322j:plain

 

三匹の捕獲完了報告を済ませるとソニアは仮説の立証を手伝ってくれた主人公にお礼を言い、ブラッシータウンの研究所へと戻っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164402j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164420j:plain

このとき『チャンピオンじゃなかったら助手に誘えたのにな』って言われるのが少し切ないのと同時に、ソニアは主人公とホップの二人をどちらも『自分の助手にしたい』と思える存在として見てくれていたことが判明してほっこりしました。

 

ちなみに、ソニアが使っていたこちらの民宿なんですが、彼女が来る前はワンパチの隣にいる『ダンバルが一匹だけポツンと佇んでいた無人の家』だったので、てっきりホウエン地方のチャンピオンでデボン・コーポレーションの御曹司なダイゴが持つ別荘の一つだと思ってたんですよね。

f:id:hoshi_dachi3:20201107174605j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201107174838j:plain

……が、実際はフリーズ村の住人の家だった模様。

いや、ピオニーの発言でフリーズ村の拠点が『民宿』だと判明した時点で別荘説の可能性は薄れていましたけど!ダンバル一匹ポツンと放置されていたらそう思っちゃうじゃないですか!!

 

話は戻して、ソニアの依頼で捕獲した三匹についてです。

この三匹は所謂イッシュの三闘に相当する準伝ポケモンたちなのですが、そうなるとレジ系五匹を揃えてレジギガスを出したように『三闘の後輩』であるケルディオも出現方法がありそうですよね。

 

その鍵を握るのが、ボールレイクの湖畔の小島にあるこちらのです。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164453j:plain

 

調べても特にテキストが表示されるわけではない、謎に鎮座されたこの鍋の前で

①ソニアが研究所に戻った後に、

②手持ちにコバルオンテラキオンビリジオンを入れて、

③キャンプでカレーを作ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164515j:plain

 

すると、キャンプ終了後にケルディオのシンボルが出現します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164543j:plain

幻のポケモンが配信や外伝作品との連携といった特別な手段や裏技・バグ技といった非正規手段を用いずにゲーム内に登場し、捕獲まで出来るのはORASデオキシスに続いて2ケース目ということでよろしいのでしょうか……?

※まだORASは未着手ですが、エピソードデルタでデオキシスの捕獲に挑めるということは把握しております。

 

そんなこんなでケルディオの捕獲に挑戦です。

何気に一度ポケモンから離れた時期がBW2の途中だったので、ケルディオを入手するのはこれが初めてだったりします。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164603j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031164622j:plain

 

ケルディオを捕獲し、ブラッシータウンの研究所に戻ったソニアに報告すると『四匹目』の存在に驚く姿が見られます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031164638j:plain

このときワンパチが『やれやれ』と言いたげな雰囲気を醸し出していたのと、ソニアがカンムリ雪原から引き揚げる際に主人公のことを見ていたことも踏まえると、ワンパチは『四匹目』の存在を薄々察していたのかもしれませんね……?

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

……ということで、ガラル冒険レポート・冠の雪原編第二回はここまでとなります!

ソニアさんからの依頼を達成し、伝説メモの調査ミッションも全て完了して『第一部』が終わりました!

 

ですが、まだ冠の雪原もう一つの目玉『ガラルスタートーナメント』が一切出てきておりません。

つまり、次回は冠の雪原ストーリー『第二部』に相当する『ガラルスタートーナメント』編となります!

 

最後に、公式から先行公開されていたシールド版のレジエレキ図鑑説明文で思ったことを一つ。

f:id:hoshi_dachi3:20201101161759j:plain

レジエレキがいればローズを悩ませていたエネルギー問題解決できたのでは……?

まあ、ローズがレジエレキの存在を把握していたらしていたで、レジエレキを『ガラルの未来を守るための生体電池』として永遠に利用し続けようと目論むだけだろうな……とも思うのですが。

恐らく、本編で利用を目論んだムゲンダイナのことも『エネルギーを生み出すための機構』として見ていたと思われますし。

 

ではでは!

| ・∇・)ノシ♪

ワクドキの新天地!ガラル冒険レポート⑫

皆さんおはこんばんにちは。

 

カンムリ雪原での冒険がようやく落ち着いたので、こちらでも冒険を振り返っていこうかと思います。

……はい。実はですね、記事の編集(主に画像挿入)に時間がかかるのでそちらを後回しにしていたら、冠の雪原のストーリーを完走していました!

 

というわけで、ガラル冒険レポート冠の雪原編第一回、スタートです!!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

まず、DLCを購入済で最新版に更新するとカンムリパスを自動的に入手できます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031143531j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031143553j:plain

 

というわけで、こちらを携えブラッシータウン駅の駅員さんに見せます。

この流れは鎧の孤島のヨロイパスのときと同じですね。

f:id:hoshi_dachi3:20201031143623j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031143640j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031143709j:plain

 

カンムリ雪原駅に到着すると、研究員の女性にカンムリ雪原図鑑を追加してもらえます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031143733j:plain

ここまでがシンオウ冒険レポートの最後に触れていた箇所となります。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

そして、ここからがその後の冒険の軌跡です!

まず、駅を出ると女の子が男性と口論になっている場面に出くわします。

f:id:hoshi_dachi3:20201031143810j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031143903j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031143916j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031143931j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031143951j:plain

 

女の子から『助けてほしい』と頼まれた主人公は、元ジムリーダーだと言う男性、もとい事前情報で明かされていた新キャラのピオニーとバトルをすることになります。

f:id:hoshi_dachi3:20201031144010j:plain

 

しかし、女の子もといピオニーの娘・シャクヤは二人がバトルをしている隙に自分が行きたいと言っていた『マックスダイ巣穴』と向かってしまいました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031144033j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144106j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144125j:plain

なので、ピオニーも娘の後を追ってそちらに向かってしまいます。

 

f:id:hoshi_dachi3:20201031144155j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144225j:plain

……この時点でピオニーさんが予想外の親バカだったことに驚く私である。

(ガチめに光の軌跡のタルガさんみたいな落ち着きのある人だと思っていたので)

 

シャクヤを追いかけていったピオニーの後に続きマックスダイ巣穴に入ると、困り顔の研究員(シャクヤ曰く以前はアローラ地方にいたそうです)がピオニーに絡まれていました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031144323j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144356j:plain

 

ダイマックスアドベンチャーは危険なのできちんと説明を受けてもらわない限り入れることができない』そうなので、ピオニーに代わって主人公が研究員から説明を受けます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031144419j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144433j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144452j:plain

 

ちなみに、冠の雪原では個人的にマックスダイソウゲンポイントが多かったと思います。

これはその一つですね。

f:id:hoshi_dachi3:20201031144534j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144557j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144625j:plain

お前は何を言っているんだ。

 

……とまあ、説明を受けても理解が出来なかったピオニーは研究員の静止も振り切り単身マックスダイ巣穴へ向かってしまいました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031144646j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144711j:plain

ちなみに、彼女のこの台詞の真相はピオニーのレアリーグカード入手後に判明します。

どうあがいても闇深案件なんだよなぁ……。

 

それはさておき、ピオニーを追い掛けつつシャクヤを探すため主人公もダイマックスアドベンチャーに挑みます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031144733j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144818j:plain

ここはテキストの誘導通り『ひとりであそぶ』を選んでいれば最終巣穴に登場する伝説ポケモンスイクンで固定となるのですが、私はこのときソードとシールドを同時に進めていて『みんなであそぶ』を選んでいたのでキュレムとの対面となりました。

(※画像はソードで撮ったもの。右端がシールドの主人公のマサル

 

ダイマックスアドベンチャーが終了するとシャクヤと遭遇します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031144843j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144935j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031144954j:plain

主人公の名前を褒めてくれたり、囮に利用したことを素直に謝れる辺り、シャクヤちゃんは父親に対して反抗期全開なだけで根はいい子みたいです。

 

そんな反抗期全開の娘(スケールワールドによると160cm/155cmで身長から推測すると中学生ぐらいの年齢だと思われる主人公より背が高く、ブレザー調の服装であることからシャクヤは恐らく高校生ぐらいの年齢でしょうか)は主人公に父考案の探検ツアーの同行を任せ、自身はマックスダイ巣穴でのダイマックスアドベンチャーを楽しむと諸々の伝言を頼み去っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031145023j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145047j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145112j:plain

 

シャクヤの伝言を伝えるべく入口まで戻ると、ピオニーが大の字になって転がっていました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031145142j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145230j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145307j:plain

研究員さんの辛辣なツッコミが何か好き。

 

f:id:hoshi_dachi3:20201031145334j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145357j:plain

自身はダイマックスが嫌いだが妹のマリィにまで使用を制限してこないネズさんといい、ガラルの大人は自身の考えの押し付けをしない人が多くて安心しますね。

だからこそ、終盤のローズ委員長の強行(ダンデが自分を手伝ってくれないから決勝戦をぶっ潰してブラックナイトを起こしたこと)が際立ってしまうのですが……。

 

シャクヤの伝言を聞いたピオニーは『それならシャクヤが混ざりたくなるような探検にしよう!』と主人公にリーグカードを渡し、探検の拠点があるフリーズ村へ来るよう促します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031145438j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145450j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145512j:plain

 

フリーズ村はマックスダイ巣穴からそう遠くないので、サクッと到着します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031145535j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145608j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145628j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145656j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145713j:plain

村に着くと村長から土産物のスウェットを貰い、ヨロイ島と同様に先頭のポケモンの連れ歩きの許可を頂けます。

 

その後、ピオニーが拠点としている民宿の位置を教えてくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031145732j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031145806j:plain

また、村長の言う像を確認すると上記のテキストが表示されました。

 

ピオニーが宿泊している民宿に入るとこれから行う探検の説明が始まります。

f:id:hoshi_dachi3:20201031145859j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031150023j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031150005j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031150053j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031150114j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031150141j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031150202j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101153812j:plain

『シャクヤが民宿に戻ってきたときに誰かがいないと困る』という理由でピオニーは留守番隊長となったので、主人公は探検隊長として行動します。

ここでサバイバルセットを貰えるので着替えることに。

ちなみに、バンダナの色はバイクスーツやテントの色と同様にデフォルトカラー+各タイプ色の19色から好きな色を選んで変更することができます。

(なのでソードではこおり色、シールドではむし色に変更しました。二つ合わせてユキハミちゃんカラーです!)

 

また、サバイバルセットと合わせて『伝説のメモ』を三種渡されます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031150724j:plain

 

【その1:豊穣の王伝説

f:id:hoshi_dachi3:20201031150755j:plain

 

【その2:巨人伝説

f:id:hoshi_dachi3:20201031150836j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031150901j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031150932j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151100j:plain

 

【その3:ポケモン伝説

f:id:hoshi_dachi3:20201031151117j:plain

 

……実を言うと、冠の雪原の冒険は『主人公が訪れたカンムリ雪原で偶然、様々な伝説について調査を行っている探検家兼考古学者のピオニーと出会い、彼の頼みで主人公は調査の協力をすることになる』『調査の途中で(鎧の孤島のホップと同様に)ソニアがストーリーに関与してくる』『ピオニーは落ち着いた人物だが、主人公や調査に同行させた娘に危機が及んだときは年長者・保護者として相応の対処をしたり荒っぽくなったりする(上でも触れましたが、要するに光の軌跡のタルガさんを本編シリーズに登場させたようなキャラ付けだと思っていました。ちなみに娘もパネマちゃんみたく主人公より年下、あって同級生かと)』といった感じになるのかなって予想していたんですよね。

 

それがまさか、調査は『ピオニーが娘との旅の目玉として考えたもの』だったとは……。しかも、本来は主人公が行わないものだったものを娘(シャクヤ)に押し付けられる形で引き受ける羽目になるとは……。予想って当たらないものですね。

後述しますが、カンムリ雪原に来ていたソニアさんの件も冠の雪原のストーリーとは別口で進行できるものでしたし。

 

まあ、そんなこんなでピオニーは主人公にメモ①『豊穣の王伝説』から進めることを勧めてくるので、こちらから進行……

f:id:hoshi_dachi3:20201031150539j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031150628j:plain

……って、何だこの昔のテレビ番組にありそうなクソデカテロップ!?

あと片仮名で『キズナ』って書かれるとキズストくん思い出して切なくなるんだよなぁ……。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

というわけで、まずは『豊穣の王伝説』を解き明かすべく、ピオニーとの会話中ちょくちょく映り込んでいたこちらの置物?を調べたいのですが……。

f:id:hoshi_dachi3:20201031151254j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151329j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151349j:plain

その前に、ピオニーからマスターボールを貰えます。

 

そして、改めて調査開始です!

f:id:hoshi_dachi3:20201031151414j:plain

 

改めて、こちらの置物?を調べましょう!!

f:id:hoshi_dachi3:20201031151447j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151508j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151525j:plain

めっちゃ固そうだけどアンタこれで寝るつもりだったの……?

 

置物?を愛用の枕代わりにしようとしていたピオニーでしたが、主人公が欲しいという意思を見せると譲ってくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031151545j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151609j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151631j:plain

置物?の正体は『きぼりのかんむり』というアイテムでした。

 

『何かの一部』と言われると、そういえば先程調べたものに『何かが足りない違和感がある』ものがありましたね!

f:id:hoshi_dachi3:20201031151702j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151726j:plain

というわけで、何かが足りない違和感があるポケモンの像にこちらのアイテムを嵌めます。

 

すると、ポケモン像が喋った……!?

f:id:hoshi_dachi3:20201031151754j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151810j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031151822j:plain

……のではなく、像の陰に隠れていて見えなかったポケモンが主人公に声を掛けてきました。

 

呼ばれるがままそのポケモンの元へ赴くと、力比べをしたがっているようなので要望に応えましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20201031151859j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031153217j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031153240j:plain

名前が『?????』な時点でお察しですが、ここでこのポケモンを捕獲することはできません。

 

戦闘終了後もポケモンは何とかして主人公と意思疎通を図ろうとしますが、残念なことに主人公(とプレイヤー)にそれは伝わりません。

f:id:hoshi_dachi3:20201031153316j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031153344j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031153538j:plain

 

困ったポケモンですが、そこに現れたピオニーを見て何かひらめいたようです。

f:id:hoshi_dachi3:20201031153605j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031153646j:plain

ポケモンはピオニーの前に行くと、不思議な力を使って————

 

f:id:hoshi_dachi3:20201031153707j:plain

————恐らく、これが冠の雪原ぶっちぎりのマックスダイソウゲンポイントである。

 

ピオニーの身体を借りることで人間との意思疎通を可能としたポケモンは、改めて人間に伝わる言葉で主人公に自己紹介を行います。

f:id:hoshi_dachi3:20201031153730j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031153804j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031153832j:plain

(さりげなく、主人公が律儀にピオニーを隊長呼びしていることが判明するという)

 

謎のポケモン改めバドレックスは『自分に対する信仰が本当に人々から忘れ去られてしまったのか確かめたいが、自身が向かったところで騒ぎになるだけなので代わりに聞き込み調査をしてほしい』と主人公に頼みます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031153852j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031153911j:plain

ここで1回目のメモ①更新。

 

フリーズ村の人はそこまで多くないので、サクッと聞き込みを行いバドレックスへ報告します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031153937j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154013j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154036j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154102j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154122j:plain

人間たちの間で自身の存在が完全に『おとぎ話』となっていることを知ったバドレックスは、自身の力を取り戻すために人間の信仰心を頼るのではなく愛馬を取り戻した方が早いと、主人公に今度は『愛馬について村長に聞いてくれ』と頼みます。

 

なので、早速村長の家に向かったのですが、どうやら村長はこの僅かなやり取りの間に巨人の寝床にある畑の様子を見に行ったそうです。

f:id:hoshi_dachi3:20201031154155j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154231j:plain

 

なので、彼の行き先である畑に向かうと、そこにはカンムリ雪原の土地がやせ細っていくのを嘆く村長の姿がありました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031154315j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154346j:plain

村長は『豊穣の王伝説について調べたいのなら自分の家に来るといい』と言うので、お言葉に甘えてお邪魔させていただきます。

 

ここで『ポケモン像は村長が子供の頃の時点で既に何かが足りない違和感がある状態となっていた』ことが判明します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031154435j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154459j:plain

 

『豊穣の王伝説』についての資料は村長の家の本棚にあるので、こちらを読んでいきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031154516j:plain

👑豊穣の王

その者 この地に豊穣をもたらすポケモン

右の手をかざせば 草花は生い茂り

左の手をかざせば 畑に実りを授ける

青く巨大な冠を輝かせ 愛馬のポケモンと地を駆ける

その足跡には命が芽吹き 地上に豊穣がもたらされる

我らは彼の者を王として崇め奉った

 

🐴王の愛馬

王の従順なる足であり その力を引き出す者

ひとたび二匹が一つとなれば 一夜の間に森をうむ

元々は気性が荒く 村の作物を貪る暴れん坊であったが

これを王が諫め 自身の配下とした

その毛並みの色を 凍てつくこおりのような という者あれば

闇夜のゴーストのような という者あり

どちらの言い分が正しいかは誰も分からない

 

🏇キズナのタズナ

愛馬を手懐ける際に 王が力を込めしタヅナ

実りを与えてくださる王に 我ら人が捧げたもの

王とその愛馬だけでなく 我ら人との繋がりでもある

年の始めに王へと捧ぐこと忘れるべからず

輝く花とたてがみを幾重にも重ね織る

その作り方 子々孫々に至るまで語り伝えよ

 

🥕雪原の野菜

カンムリ雪原のにんじんは変わった育ち方をします

雪深い土地の畑では つめたいにんじんが育ち

お墓の近くの畑では くろいにんじんが育ちます

こおりタイプポケモンは つめたいにんじんを好み

ゴーストタイプポケモンは くろいにんじんを好みます

おとぎ話に出てくる豊穣の王の愛馬も

にんじんが大好きなのですが

書かれている本によって

白い姿の愛馬が つめたいにんじんを食べていたり

黒い姿の愛馬が くろいにんじんを食べていたり

何故か描かれ方が違います

 

💃フリーズ雪踊り

年々厳しさを増す雪原の寒さ 辛いですよね

お家でぬくぬく過ごしすぎて 運動不足になっちゃいますよね

そんなあなたにフリーズ雪踊り!

動いて体温を高めましょう!

両手をあげてちょいなちょいな

お辞儀をしてはフリーズフリーズ

さあ皆で輪になって踊ろう

フリーズ雪踊りで元気な老後!

 

👕お土産アイデア

フリーズ村観光係 お土産品アイデア企画

今回の商品化は 豊穣の王Tシャツに決定致しました

昔の資料を使いまわして デザインコストを削減します!

たくさんのご応募ありがとうございました

 

……そして、商品化されたものがこちらである。

f:id:hoshi_dachi3:20201101153728j:plain

 

これで村長の家の本は一通り目を通したので、バドレックスに報告します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031154547j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154619j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154649j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154710j:plain

ここでメモ①二度目の更新。

ということで、バドレックスの愛馬を呼び寄せるためのにんじんを探します。

 

にんじんはそのものではなくタネとしての入手となり、タネはフリーズ村の畑の前にいる男性にマックスこうせき8個渡せば貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031154747j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154813j:plain

要求鉱石数が地味に多いんだよなぁ……。

 

タネの入手をバドレックスに報告すると、今度はこのタネを植えるのに適した畑の場所を教えてくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031154850j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154910j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031154925j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155001j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155028j:plain

メモ①三度目の更新です。

ダクマの進化と同様に、一つのロムで片方しか選べない分岐点が訪れました。

 

また、このときバドレックスの依頼を受けて即座にそらとぶタクシーを呼ぼうとしても使うことが出来ません。こちらのおばあさんの童歌を聞くことが必須だからです。

f:id:hoshi_dachi3:20201031155058j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155114j:plain

ぶっちゃけ村長の家の本で読んだ内容と同じなんだよなぁ……。

 

童歌を聞くとタクシー移動が可能となるので、雪原のワットショップ店員がいる地点まで飛んで指示された畑へと向かいます。

 

雪深い土地の畑を選んだ場合】

こちらの畑にタネを蒔くと、

f:id:hoshi_dachi3:20201031155137j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155206j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155222j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155301j:plain

 

バドレックスが力を籠めつつ踊り出し(フリーズ雪踊り?)

f:id:hoshi_dachi3:20201031155334j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155411j:plain

 

つめたいにんじんが生えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031155446j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155522j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155553j:plain

 

これで愛馬を呼び寄せることが可能となったので、後はタズナがあれば……そう思った瞬間—―――

f:id:hoshi_dachi3:20201031155621j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155653j:plain

 

—―――白い馬ことブリザポスが横切りました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031155722j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155749j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155811j:plain

メモ①四度目の更新。

にんじんを狙って村に向かったブリザポスを追い掛けるべく、フリーズ村へ戻ります。

 

墓標の傍らにある畑を選んだ場合】

一方、こちらの畑にタネを蒔くと、

f:id:hoshi_dachi3:20201101154441j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101154519j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101154858j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101154922j:plain

 

同様にバドレックスが力を籠めつつ踊り出し(フリーズ雪踊り?)

f:id:hoshi_dachi3:20201101154952j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101155027j:plain

 

今度はくろいにんじんが生えました。

f:id:hoshi_dachi3:20201101155053j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101155118j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101155214j:plain

 

こちらでもタズナの話が出た後に――――

f:id:hoshi_dachi3:20201101155312j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101155354j:plain

 

――――黒い馬ことレイスポスが横切ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201101155426j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101155546j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101155609j:plain

そして同様にメモ①四度目の更新が行われ、レイスポスを追いかけフリーズ村へと戻ります。

 

つめたいにんじんを入手していた場合】

フリーズ村に戻るとブリザポスが畑を荒らそうとしていたため、それを止めるべくバトルに突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031155854j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155923j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031155946j:plain

ここでは捕獲不可なので倒してしまいます。

 

バトルが終わっても興奮冷めやらぬブリザポスは村民の一人に襲い掛かろうとしましたが、それをバドレックスが思念を飛ばして止めました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031160034j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160100j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160127j:plain

 

バドレックスからの念を受けたブリザポスは何処かへ走り去り、先程までいた場所にはしろいたてがみが残されていました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031160148j:plain

 

くろいにんじんを入手していた場合】

こちらも同様にレイスポスとのバトルとなります。

f:id:hoshi_dachi3:20201101155757j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101155828j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101155901j:plain

捕獲不可なのも同じなので倒します。

 

バドレックスが思念を飛ばしてレイスポスを立ち去らせるのも同じですが、

f:id:hoshi_dachi3:20201101155940j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101160005j:plain

 

こちらでは拾えるアイテムがくろいたてがみとなっております。

f:id:hoshi_dachi3:20201101160039j:plain

 

愛馬が村から立ち去ると村長が主人公に村の危機を救ってくれたことに対するお礼を述べ、主人公が拾ったたてがみを見てキズナのタズナ』の作り方を教えてくれました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031160228j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160245j:plain

 

これらの情報を伝えるために、再びバドレックスと話します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031160311j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160351j:plain

たてがみはあるので、後は花があればタズナの材料は揃います。

 

花が必要であることを言うとバドレックスは渾身の力を以て『かがやくはな』を咲かせようとしましたが、今のバドレックスの力では複数のタネから一本のにんじんしか採れなかったときと同じく花びら一枚が限界なようでした。

f:id:hoshi_dachi3:20201031160411j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160431j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160453j:plain

とはいえ、これでタズナの材料は揃ったので後はタズナの作り方を知っている人に作ってもらうだけです。

 

どうやら村長がタズナの作り方を伝授してきた一族の末裔らしいので、タズナ作りは村長に依頼しましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20201031160535j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160555j:plain

 

しかし、手先が器用なはずな村長でもタズナは作れませんでした。

f:id:hoshi_dachi3:20201031160628j:plain

 

万事休すかと落ち込む主人公の前にピオニーが現れ、村長に作り方を教わりながらタズナを作ってくれると言ってくれます。

タズナをヒモ呼ばわりしている隊長に任せて大丈夫なのか……?と思いきや――――

f:id:hoshi_dachi3:20201031160655j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160734j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160749j:plain

――――キズナのタズナ、完成である。

 

どうやら、ピオニーは裁縫技術に長けているようでした。

f:id:hoshi_dachi3:20201031160811j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160837j:plain

つまりシャクヤが着てるあのブレザー調の服も貴方が……?

 

ピオニーのお陰でタズナが完成したので、早速バドレックスに報告します。

f:id:hoshi_dachi3:20201031160859j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160923j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031160955j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162040j:plain

メモ①五度目の更新。

タズナの完成を報告すると、バドレックスも愛馬の居場所が分かったと告げてくれます。

その場所は『カンムリ神殿』

タズナとにんじんを携え、神殿を目指しましょう!

神殿の手前の道路がユキハミ&モスノウ天国で大歓喜モノでした。

 

神殿に到着するとバドレックスが待っており、愛馬は自分と袂を分ってからは神殿を根城としていることを教えてくれました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031161224j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161309j:plain

 

つまり、初めて神殿を訪れた際に感じた視線は愛馬のもの……?

f:id:hoshi_dachi3:20201031161254j:plain

実は序盤のマックスダイ巣穴に向かったピオニーをガン無視して先に雪原のアイテム回収をしていました。

 

バドレックスの話を聞き終えると、作戦決行です。

f:id:hoshi_dachi3:20201031161336j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161407j:plain

キズナのタズナをバドレックスに渡し、愛馬を呼び寄せ全盛期の力を取り戻すべく動き出したバドレックスの指示に従いましょう。

 

ブリザポスと戦っていた場合】

神殿の片隅にある寝床に置くのはつめたいにんじんで、

f:id:hoshi_dachi3:20201031161422j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161441j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161458j:plain

 

こちらをセットすると、バドレックスに『愛馬は脅威と感じるもの(=一度フリーズ村で自身を打ち負かした主人公)を避ける傾向があるので、物陰に隠れて愛馬が戻ってくるのを待とう』と言われます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031161515j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161531j:plain

 

なので、大樹の根っこの陰に隠れて状況を観察していると、そこにブリザポスが現れました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031161551j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161607j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161629j:plain

 

ブリザポスつめたいにんじんに夢中になっている隙にタズナを携えたバドレックスが飛び出し、ブリザポスにタズナをかけて制御を試みます。

あまりの激しさに、目覚めたばかりのピオニーもこの表情。

f:id:hoshi_dachi3:20201031161647j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161703j:plain

そして、激しい格闘の末、バドレックスはブリザポスを制御することに成功しました!

 

レイスポスと戦っていた場合】

こちらも設置するにんじんと登場する愛馬以外は同じ流れです。

まずはくろいにんじんをカゴにセットします。

f:id:hoshi_dachi3:20201101160251j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101160321j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101160338j:plain

 

そして、こちらも大樹の根っこの陰に隠れてレイスポスの登場を待ちます。

f:id:hoshi_dachi3:20201101160400j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101160417j:plain

 

レイスポスくろいにんじんを味わっている隙にバドレックスがタズナを携え飛び出し、

f:id:hoshi_dachi3:20201101160452j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101160505j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101160525j:plain

 

目覚めたばかりのピオニーと共に、バドレックスがレイスポスの制御に挑む様を見守り、

f:id:hoshi_dachi3:20201101160552j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201101160625j:plain

制御成功まで見届けました!

 

キズナのタズナを介して愛馬を制御することに出来たことでバドレックスは全盛期の力を取り戻し、自身の孤独を救ってくれた主人公への感謝も兼ねて『自身の捕獲に成功できたならば、主人公を認め、今後の道行きに力を貸す』と告げます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031161745j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161808j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161829j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161850j:plain

流石に寒空の下延々とピオニーを放置するわけにはいかないので、一旦彼を帰らせた後でバドレックスの捕獲チャンスが訪れます。

 

というわけで、メモ①調査の最後を飾るバドレックスの捕獲に挑戦です!

ブリザポスを選んだ場合・はくばじょうのすがた

f:id:hoshi_dachi3:20201031161904j:plain

 

レイスポスを選んだ場合・こくばじょうのすがた

f:id:hoshi_dachi3:20201101160815j:plain

 

そして、冠の雪原最大の功労者・捕獲要員のエルレイド(みねうち・さいみんじゅつ・でんじは完備)のお陰で無事にバドレックスをゲットできました。

f:id:hoshi_dachi3:20201031161929j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161948j:plain

これがバドレックスと出来る最後の会話となるのですが、てょわわわぁ~ん状態のピオニーが傍に居ないのにも関わらず人間の言葉を話しているんですよね。

 

これに関しては一応二パターンの可能性を考察しているのですが……。

①ピオニーは帰らせた時点で起きている=ここのバドレックスはピオニーを介さずに人間の言葉を話している=全盛期の力を取り戻した上に主人公を認めたことで意思疎通の手段として人間の言葉を使えるようになった。

②この時点ではまだピオニーを操っている=遠隔ではあるもののまだピオニーの身体を借りているので、バドレックスは人間の言葉で意思疎通が図れている=バドレックスは人間の言葉を話せるようになったわけではない。

 

……個人的には①の方が夢があっていいなと思います。

だってもう人間の言葉で話せないのは寂しいじゃないですか……!

 

さて、バドレックスとの会話が終わると、どのタイミングで目覚めたのかは分かりませんがピオニーから電話が来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201031162124j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162140j:plain

そして、六度目にして最後のメモ①更新。

メモの内容を解き明かしたので、ピオニーへ一連の出来事を報告しましょう!

 

民宿にいるピオニーに『豊穣の王伝説』『バドレックス』について報告すると、メモ①の調査終了となります。

f:id:hoshi_dachi3:20201031162202j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162226j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031162254j:plain

調査完了のチェックマークを貰い、第一ミッションクリアです!!!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

ちなみに、上で少し触れたソニアさんの件についてはこのようになっております。

フリーズ村を出て少し進んだところにある足跡を調べるとソニアが現れ、

f:id:hoshi_dachi3:20201031161015j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161047j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161109j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20201031161136j:plain

カンムリ雪原のあちこちにある手がかりの足跡三匹分探してほしいと依頼されます。

要するに鎧の孤島のアローラディグダ捜索枠ですねわかります

 

こちらはピオニーの伝説メモ三種(=雪原ストーリー)とは別口となっているので伝説メモの調査を進める過程で達成できますし、メモの調査終了後に行っても問題ありません。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

というわけで、今回は冠の雪原のストーリー開始~『豊穣の王伝説』の調査完了までお送り致しました。

次回はメモ②『巨人伝説』とメモ③『鳥ポケモン伝説』ソニアの依頼の振り返りの予定です。

 

既にストーリーは完走しているので、ブログの編集作業頑張ります……!

何で環の限定SSRこのタイミングで来たの……!?

 

ではでは!

| ・∇・)ノシ♪