星色気まぐれゲーム日誌

ゲーム(主にポケモン)の進捗と感想をまとめたプレイ日記です。

理想を尋ねて真実を知るイッシュ冒険レポート⑤

皆さんおはこんばんにちは。

 

ポケモンデーに合わせて公開されたポケモンプレゼンツでは様々な情報が公開されましたね……!

ダイパリメイクは来るとは思っていたんですけど、まさかの『リマスターに近い忠実なリメイク(BDSP)』『新要素(舞台が過去・オープンワールド)に挑戦したリメイク(レジェンズアルセウス)』の二作になるのは完全に予想外だったので驚きました!

(……PLアルセウスって本編カウントで良いんですよね?『舞台が本編なだけの外伝』とも取れそうなので物凄く曖昧な立ち位置にいる印象があります)

 

BDSPレジェンズアルセウスも購入するつもりでいるので、それまでに何とかしてDPPtのED後要素を回収し終えたいですね……。○○エリアでのED後ストーリーはともかく、徘徊伝説の捕獲が終われるのか若干……いや、かなり不安ですが……💦

ちなみにNewポケスナに関してはまだ検討中です。ユキハミが登場するなら買いたいとは思っているのですが、未だに救助隊DXが進められていない現状を考えると着手するのがかなり先になりそうな気しかしないので……。

 

さて、そんな今回はシンオウ地方……ではなく、イッシュ地方での冒険の続きをお送りします!

今回でBWのメインストーリーの最後まで駆け抜けていきますので、真実理想を巡る物語がどのような結末を辿ったのか……そちらを振り返っていきましょう!

 

それでは、イッシュ冒険レポート第五回、スタートです!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

前回の最後、ポケモンリーグ周囲の地中から現れたプラズマ団の城より伸びてきた長い階段を上り、の中へ突入したところから再開です。

f:id:hoshi_dachi3:20210221161208j:plain

 

に入ると、そこにはゲーチスを除いた六人の七賢人が待ち構えておりました。

f:id:hoshi_dachi3:20210306151811j:image

▶ジャロ右3

「天に順う者は存し 天に逆らう者は滅ぶ」

※天の理法(道理にかなった法則)に従う者は存続して栄え、天の理法に反する者は滅びる。(デジタル大辞泉より)

▶スムラ左3

「大道廃れて 仁義あり」

※大道(人のふみ行うべき正しい道。根本の道徳)が行われていた時は人情が淳朴(純朴)で仁義を唱える必要はなかったが、後世大道が廃れてくると世の中に虚偽が多くなり、仁義の強調が必要になる。また、世の中が堕落すると義理人情の美しさが表れてくる。(広辞苑より)

▶リョクシ右2

「一を知りて 二を知らず」

※一方だけを知って、他方を知らない、狭い見解をいう。(精選版 日本国語大辞典より)

▶アスラ左2

「過ちて改めざる 是を過ちという」

※過失を犯したことに気づきながら、それを改めようとしないことこそ、真の過失である。(広辞苑より)

▶ロット右1

「君子は義に喩り 小人は利に喩る」

※徳のある者は、物事に対処するにあたって、まずはそれが正義であるかどうかを考えるが、小人はそれが利益につながるかどうかを考えることをいう。(会話で使えることわざ辞典より)

ヴィオ左1

「天に二日なく 民に二王なし」

※『天に二日無し』

一国に二人の君主があるはずがないことのたとえ。(広辞苑より)

また、『民に仁王無し』は『天に二日無し』の類語の一つに挙げられていた(会話で使えることわざ辞典より)ので、恐らく同じような意味だと思われます。

▶ジャロ右3

「さて……。我らが王様に何かあっては一大事。ゲーチスの計画も崩れ去るというもの。N様は落胆なされるだろうが、我ら六人、ここでを倒してみせる!」

 

六人を相手にするのは流石に厳しいかもしれませんが、名前を覚えるついでにまとめて相手してやりますよ!と意気込んだときでした。

f:id:hoshi_dachi3:20210306152521j:image

が駆け付けてきた方向から誰かの声が響き、ジャロ右3)は『?』を浮かべます。

 

すると――――

f:id:hoshi_dachi3:20210306152711j:image

ジム戦最後の一匹BGMと共にヤーコンさんが乗り込んできました!!

 

▶ジャロ右3

「貴様……ホドモエの……!?」

▶ヤーコン

「フン!オレさまだけじゃない!

 

ヤーコンがそう言うと同時に、場内には次々にジムリーダーたちが現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20210306152929j:image

アロエ

「悪いねえ……。あたしらの方が強いのに、人数まで多くってさ」

▶スムラ左3

ジムリーダー共め!」

カミツレ

プラズマ団のこと……放っておくのってジムリーダーとして酷いでしょ」

▶アーティ

「あのう、ベルに頼まれちゃったのもあるし」

▶ハチク

「……」

フウロ

「大丈夫だって!」

▶アイリス

「だいじょうぶだって!」

▶シャガ

ライトストーンダークストーン)を持つ者よ。先に進みなさい」

 

どうやら、ジムリーダーたちはベルの頼みでここまで駆け付けてくれたそうです。

サンヨウジムの三人だけ不在ですが、これはED後にベル『サンヨウシティのジムリーダーさん呼びに行ってたら全部終わっちゃってて』と話しているので単純に間に合わなかっただけの模様。

f:id:hoshi_dachi3:20210306153555j:image

あとこの辺りの真実はBW2の思い出リンクで掘り下げられているそうなので、いつかBW2を始めた際に確かめたいです。

 

ちなみに、が自由行動できるようになった後で七賢人ジムリーダーたちに話しかけると、それぞれからこのような話を聞くことが出来ます。

 

【七賢人】

▶ジャロ右3

ゲーチスは言われた。我らは選ばれた存在だと。

そう!世界を変えるために選ばれ、集められた我らが負けるなど有り得ぬのだ!」

▶スムラ左3

「我々プラズマ団の……の邪魔をするでない!」

▶リョクシ右2

「人事を尽くして天命を待つ。

全てのことは成した。後はN様を信じ、待つのみ」

※『人事を尽くして天命を待つ』

人間として出来るかぎりのことをして、その上は天命に任せて心を労しない。(広辞苑より)

▶アスラ左2

「一葉落ちて天下の秋を知る。

我々は歴史を知っている。このの出現はイッシュの歴史が変わる前触れ……」

※『一葉落ちて天下の秋を知る』

梧桐(あおぎり)は早く落葉するが、それを見て秋の来たことが分かるように、前兆によって後に来るものを予知することが出来る。(広辞苑より)

▶ロット右1

「雨垂れ石を穿つ……。

地の底にてこの日を待っていた……。誰にも邪魔はさせぬよ」

※『雨垂れ石を穿つ』

同じ所に落ちる雨垂れが長い時間をかけて石に穴をあけるように、微力でも根気よく続ければ成就する。(広辞苑より)

ヴィオ左1

「……天の道は有余を損じて不足を補う。

人からポケモンを奪うのは、自然のバランスを取っているのだ!」

※『天の道は有余を損じて不足を補う』

これだけはいくら調べても辞典に引っ掛かりませんでした……。

ですが、色々調べてみると、恐らく老子『道徳経』第七十七章の『天之道、損有餘而補不足。<天の道は余り有るを損じて而(しか)して足らざるを補う。>』が元になっているであろうということまで辿り着けました。

現代語訳だと『このように、天の道は余ったところを減らして、足りないところをを補っているのだ。』という意味になるそうです。

 

意味を調べていて分かったことですが、七賢人の六人の台詞は漢詩の引用が多いです。

……ぶっちゃけ古典は苦手な教科だったんですけど、ことわざとか故事成語、四字熟語を調べるのは好きだったので彼らの台詞は調べてて割と面白かったです。

 

【ジムリーダー】

▶ヤーコン

お前らのな、思い通りにはしねえよ。絶対!!」

アロエ

「これまでも、これからも、あたしらポケモンと一緒さ」

カミツレ

「……しつこいのはあまり好きじゃないの」

▶アーティ

ポケモンのために頑張ってるんだろ?

どうしてそんなポケモンと別れなくちゃいけないんだい?」

▶ハチク

「……!」

フウロ

「今よ!アクロバット!!」

▶アイリス

「まけないもん!ぜったい、ぜったい、ぜったい!!」

▶シャガ

そなたたちの考えも分からんでもないが……。

それ以外を全て否定する、そのやり方は許せん」

 

……ハチクさんリュウラセンの塔のときと違って全く喋らないんですね!?

確かに基本的に口数の少ない人でしたけど……!

 

ジムリーダーたちの後押しを受け二階に行くと、ダークトリニティの一人『来い』と言われます。

f:id:hoshi_dachi3:20210306163535j:image

 

そして、に声をかけたダークトリニティA『この城でもポケモンを回復させたりパソコンは使える……安心しろ』と二階にある一室を指します。

f:id:hoshi_dachi3:20210306163802j:image

その後がこの城の一番奥まで進むことがN様の望みだ……』と言い残してダークトリニティAは退場。

去り際の台詞的にNとハンデ無しの真剣勝負を繰り広げてほしいからなのでしょうけど、敵の割に親切すぎてびっくりです。

さて、回復+PC部屋を調べたいところですが、その前に二階の探索を行いましょう。

 

【二階:左端の部屋】

四人掛けのテーブルと暖炉がある部屋です。

中には男女のしたっぱが一人ずつ。

f:id:hoshi_dachi3:20210306164237j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306164252j:image

▶したっぱ男

N様チャンピオンよりも強いトレーナーであることを証明なされた……!

多くのトレーナーはN様に憧れ、号令に従うだろう!

つまりプラズマ団の言いなりだ!」

▶したっぱ女

「私たちプラズマ団は人から奪ったポケモンを使っていたのよ!

ポケモンって可哀想ね!

使う人の命令を無視することなんて出来ないもの!」

 

【二階:真ん中の部屋】

先程ダークトリニティAが教えてくれた部屋です。

部屋の作りは左端と同じ四人掛けテーブルと暖炉。

ですが、パソコンは見当たらないのでどうやら別の部屋にある模様。

中には桃髪の女性愛の女神)と金髪の女性平和の女神)がいます。

回復してくれるのは愛の女神の方です。

f:id:hoshi_dachi3:20210306164913j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306164917j:image

愛の女神

「私は愛の女神……。

Nと事を構えるトレナーよ、さあ休みなさい……。

ポケモン回復》

元気になったわね。

も、ポケモンも……。

トレーナーが戦うのは、決してポケモンを傷付けるためではありません。

N心の奥底ではそのことを気付いているのに、それを認めるにはあまりにも悲しい時間をこので過ごしたのです……」

平和の女神

「私は平和の女神……。

Nに平穏を与える者……。

……Nは幼き頃より人と離され、ポケモンと共に育ちました。

……悪意ある人に裏切られ、虐げられ、傷付いたポケモン

ゲーチス敢えてそうしたポケモンばかりNに近付けていたのです。

Nはその傷を分かち合い、ポケモンのことだけを考え、理想真実)を求めるようになりました。

あまりにもピュアでイノセントなNの心……。

イノセントほど美しく怖いものはないのに」

※『ピュア

純なさま。(※『純』①他の物が少しもまじらないこと。②自然のままで、つくりかざらないさま。)

純粋なさま。(※『純粋』①まじりけのないこと。異質なものをそれ自身に含まないこと。②もっぱらなこと。専一。③完全なこと。④邪念・私欲がなく清らかなこと。)

純潔(※①心にけがれがなくきよらかなこと。邪念や欲念がなく、心の潔白なこと。②性的に無垢なこと)。(広辞苑より)

『イノセント』

純粋なさま。(※『純粋』は上記参照。)

無邪気なさま。(※『無邪気』①邪心のないこと。わるぎのないこと。②深い考えのないこと。考えの単純なこと。③あどけなく、かわいらしいこと。)

広辞苑より)

 

……つまり、ゲーチスによるN外界との隔絶偏った教育全ての元凶では???

※ちなみにこちらも調べていて知ったことなのですが、愛の女神の名前バーベナ及び平和の女神の名前『ヘレナ』ゲーム内では登場しておらずアニポケポケスペなどのメディアミックス媒体でしか用いられていない名前だったんですね!?てっきりBW2で私がかつてプレイ出来なかった部分に出てきた名前だと思っていたのでびっくりです……!

 

【二階:右端の部屋】

案の定部屋の構造は同じ。

ここにもパソコンは無かったので、どうやら二階より上のフロアにあるようです。

中にいるのは男のしたっぱ二人。

また、暖炉の右側にまんたんのくすりが落ちています。

f:id:hoshi_dachi3:20210306170453j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306170449j:image

▶したっぱ男(右)

「全てはゲーチスの完全な計算通り、計画通り。

あのお方はどうすれば人の心を自在に操れるか、それを考えておられるのだ」

▶したっぱ男(左)

この城は数年前より奪ったポケモンをこき使い、密かに建造されていたのだ。

誰にも知られることなく……」

 

二階の探索が終わったので三階へ移動します。

この階ではダークトリニティの出現はありませんでした。

 

【三階:右端の部屋】

床や壁の構造は同じであるものの、雰囲気は打って変わって機械だらけの部屋に。

中にいるのは男性研究員が二人。

ここでようやくパソコンに巡り会えました!

f:id:hoshi_dachi3:20210306170824j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306170821j:image

▶研究員男(右)

よ、驚いたか。

この城こそがプラズマ団の!いや、ゲーチスの科学力!知識の結晶!」

▶研究員男(左)

我々はパソコンの預かりシステムにも忍び込めるようになった!

の号令がかかればボックスのポケモンを奪い、解き放ってやるのだ!」

 

……何か地味にとんでもないこと言ってませんか!?

というかゲーチスの野郎、いつのまにそんな技術を……!?

 

【三階:真ん中の部屋】

二階と同じ構造の四人掛けテーブルと暖炉がある部屋です。

中には男性したっぱが一人。

奥にはげんきのかたまりが落ちています。

f:id:hoshi_dachi3:20210306171535j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306171538j:image

▶したっぱ男

「オレは作戦として人からポケモンを奪うべく、N様からポケモンを与えられ、行動を共にしてきた……。

……そうして思うのは、ポケモンを手放すのは嫌だなあ。

オレ……プラズマ団に向いていないのかなあ?」

 

余談ですが、ソウリュウシティにいるNPCにこのようなことを話す男性がいます。

『……ここだけの話、オレ、昔プラズマ団にいたんだ。

だけどな、皆が同じ考えっておかしいだろ?

だから、自分はどうしたいか考えるためを抜けたのさ。

この話は、部屋の反対側にいるアイツには内緒だぜ』

ちなみに、このとき『部屋の反対側にいるアイツ』さんは

『オレはトレーナーとして弱っちいからさ、

トレーナーからポケモンを奪っているプラズマ団に結構賛成なんだ。

……盗られた人にはちょっと悪いけどさ』

と言っています。

 

【三階:左端の部屋】

構造は同じなので割愛。

手前にはミネズミと一緒にいる女性のしたっぱが、暖炉の左右には男女のしたっぱが一人ずついます。

f:id:hoshi_dachi3:20210306172256j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306172252j:image

▶したっぱ女(ミネズミと一緒)

「このポケモン、あたしに懐いちゃって……。

あたしは単なる道具としてしか見ていないのに……何なの……?」

ミネズミ

「ぎりぎりぃ」

▶したっぱ女(暖炉左)

ポケモンを捕まえる道具はもういらないのよ……。

ハイパーボール入手》

モンスターボール……。

あたしからすればポケモンたちを縛り付ける道具

だけど、あなたたちトレーナーからはポケモンとの絆なのね

……ボールが無くなれば来ればいいわ。それぐらいあげるから」

▶したっぱ男(暖炉右)

「……ポケモンリーグに行くか?」

ここで選択肢の登場です。

いいえを選択》「……そうか」

はいを選択》「……行け!」

f:id:hoshi_dachi3:20210306172745j:image

はいを選択すると、ポケモンリーグの回復+ショップ部屋に飛ばされます。

 

中では普通に回復、パソコン使用、買い物が可能ですが、外に出てリーグに入ろうとするとお兄さんに止められます。

f:id:hoshi_dachi3:20210306173130j:image

では、どうやって城に戻るかというと、転送先の左側にいるしたっぱ男に話しかけて『……プラズマ団の城に行くか?』という問いにはいと答えればOKです。

ちなみにいいえを選んだ際の反応は城にいるしたっぱ男と同じでした。

 

ここで三階の探索も終わったので四階へ。

すると、階段の手前でダークトリニティの一人が現れました。

f:id:hoshi_dachi3:20210306175602j:image

ダークトリニティB

N様理想真実)の英雄か、お前との戦いで分かる。

ポケモンと共に歩む今の世界を守りたいのか……それも分かる」

これだけ言うとダークトリニティBは姿を消します。

 

改めて四階へ。

階段を登るといきなりダークトリニティの一人が現れ、話しかけてきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210306180007j:image

ダークトリニティC

「あの部屋はN様与えられた世界……。

は入っても何も思わないが……なら何か感じるかもな」

ダークトリニティCもここで退場。四階の探索を始めます。

 

【四階:左端の部屋】

これまでの部屋とは完全に雰囲気が異なります

パソコン部屋(三階の右端)も他の部屋と少し雰囲気が変わってたものの、部屋の基礎(床と壁)は他の部屋と同じだったのに……!

 

 

 

 

 

……はい。

ポケモン界のみんなのトラウマの一つとして有名であろうNの部屋です。

f:id:hoshi_dachi3:20210306180350j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306182229j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306180347j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306182240j:image

ハーフパイプの上で拾えるのはふしぎなアメです。

また、室内にあるアイテムはいくつか調べることができ、その内容は下記の通りでした。

 

 

【室内のアイテムの調査結果】

▶黄色い額縁に入った紫の絵

幾何学パターンがプリントされたアートパネル』

▶緑の額縁に入った黄色と橙の絵

『アートパネルにはダーツが刺さったままだ』

▶おもちゃ箱(奥の壁側)

『トイボックスの中には新しいおもちゃが一杯……』

ハーフパイプ

スケートボードで使うハーフパイプが設置されている……。そこかしこにポケモンの引っかきあとがついている……』

▶おもちゃ箱(ハーフパイプの右手前)

『トイボックスの中にレールのパーツが入っている』

▶タイヤの山

『積み重なったタイヤの上にスケートボードが乗せられている』

▶ネットに電車のおもちゃが引っかかっているバスケットゴール

『家庭用のバスケットゴールだ……』

▶バスケットボール

『使い込まれた感じのバスケットボール……。ハルモニアとかかれている……』

▶電車とレールのおもちゃ

『電車とレールのセットだ。最近遊んだあとがある……?』

 

……それにしても、14歳程度に見えるより確実に年上である青年のN『与えられた世界』年齢と不相応の子供部屋で、しかも最近遊んだあとがある』とは……。

ここでゲーチスによるN外界との隔絶偏った教育が行われていたんですよね……。

 

【四階:中央の部屋】

今までの部屋と同じ構造です。

中には男のしたっぱが一人。

部屋の右側でかいふくのくすりを拾えます。

f:id:hoshi_dachi3:20210306182528j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306182524j:image

▶️したっぱ男

「遠い地のギンガ団ロケット団無駄に目立つから色々邪魔されたんだよな」

 

……いやプラズマ団も演説とかして無駄に目立っていたと思いますけど。

 

【四階:右端の部屋】

構造は同じ。

中には女のしたっぱが二人。

f:id:hoshi_dachi3:20210306204634j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306204637j:image

▶️したっぱ女(右)

「昨日までポケモンを愛していたトレーナーが今日ポケモンを手放す……。

明日は別のトレーナーがポケモンを逃がしていく……」

▶️したっぱ女(左)

「圧倒的な力でポケモンを奪ったとしても人々は反発するわ。

でも、心を操れば自分からポケモンを手放すのよ」

 

そして五階へ。

これまでの階とは異なり、廊下にはプラズマ団ロゴマークが描かれた掛け軸が並んでいます。

f:id:hoshi_dachi3:20210306205246j:image

 

そして部屋中央の一つだけです。

五階中央に佇む部屋に入ろうとすると、中からゲーチスが現れました。

f:id:hoshi_dachi3:20210306205451j:image

▶️ゲーチス

「ようこそ。ライトストーンダークストーン)を持つ者よ。

ポケモンリーグを包み隠すように出現したは、イッシュが変わることを意味するシンボル。

その伝説のポケモンを従え、チャンピオンを超えた最強のトレーナー!

しかも、世界を良くしたいという熱い思いを胸に秘めている!

これをと呼ばずして誰をと呼ぶのです?

ここまで舞台装置が整えば人々の心は掴める!

意図も容易くワタクシの……いや、プラズマ団の望む世界に出来るのです!

ワタクシたちだけポケモンを使い、無力な人を支配するのです。

長かったぞ!

計画を悟られぬよう息を潜めていた……苦しみの日々も終わる!!

さあ進め!

そして、にもの資質があるか確かめればいいのです!」

 

そう言うとゲーチスは道を開けてくれます。

この時点で『ワタクシの』って言ってるんですよねコイツ。

 

ちなみに、その後にゲーチスに話しかけると

『さあ!ライトストーンダークストーン)を持つ者よ!

この謁見の間にて、自分にもの資質があるか確かめればいいのです!』

と言うので、この先の部屋謁見の間であることが判明しました。

 

【五階:謁見の間】

が待っている部屋なので当然のことですが、今までの部屋とは完全に雰囲気どころか構造も異なります。

f:id:hoshi_dachi3:20210306210634j:image

 

荘厳な雰囲気の漂う床を進んでいくと、半分ほど歩いた辺りで玉座に構えていたNが話しかけてきました。

f:id:hoshi_dachi3:20210306211009j:image

▶️N

ボクが望むのはポケモンだけの世界……。

ポケモンは人から解き放たれ、本来の力を取り戻す」

 

ここでN玉座を降り、こちら側に歩いてきます。

 

f:id:hoshi_dachi3:20210306211550j:image

▶️N

「……さあ、決着をつけよう。

ボクには覚悟がある!

トモダチのポケモンたちを傷付けても信念を貫く!

……ここまで来たからには、にもあるんだろう?

あるならボクの元に来てみせてほしい!

の覚悟を!!」

 

ここでに操作権が戻るので、Nの待つ方へ進みます。

f:id:hoshi_dachi3:20210306211751j:image

▶️N

ボクと雌雄を決する覚悟でここまでキミはやってきた……。

……だのに、レシラムゼクロム)は反応しないんだね。

まだと認めていないのか。

がっかりだね。

……ボクは少しだけのことを気に入っていたのに。

幾度も勝負を重ねるうちに、ポケモンを大事にするトレーナーかもと感じたのに!

《首を横に振る》

……だけど、ボクの思い込みでしかなかった!

やはり、トレーナーが勝負をしても理解し合うことなんてない!

に出来ることは二つ!

真実理想)を求めるため、ボクに挑み、玉砕するか。

それとも、ここを立ち去り、ポケモンが人から解き放たれた新しい世界を見守るか。

《手を挙げる》

おいで、ゼクロムレシラム)!」

 

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307111621j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307111618j:image

 

Nが手を挙げてゼクロムレシラム)を呼ぶと、ゼクロムレシラム)がの壁を突き破ってNの背後に現れます。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307111701j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307111705j:image

 

すると、目の前で対となるが吼えた姿に呼応するように、のバッグの中で眠っていたライトストーンダークストーン)が蠢き出しました。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307111723j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307111727j:image

▶️N

ライトストーンダークストーン)が……!

いや、レシラムゼクロム)が!」

 

そして、カバンの中から出てきたライトストーンダークストーン)はNの間に現れます。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307111803j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307111800j:image

『周囲のオーラを取り込んだライトストーンダークストーンが、それを強烈なパワーに変換し、今……解き放つ……!!』

 

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307111908j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307111857j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307111900j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307111915j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307111911j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307111903j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307111923j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307111918j:image

ライトストーンダークストーン)がレシラムゼクロム)に姿を変え、遂に謁見の間の竜が揃いました。

 

 

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307112004j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307112008j:image

▶️N

ゼクロムレシラム)とレシラムゼクロム)は……元は一つの命……一匹のポケモンだった。

正反対にして全く同じ存在。

ゼクロムレシラム)とレシラムゼクロム)もと認めた人物の元に現れるポケモン……。

……そうか。やはりも。

そのポケモンが何と言っているか教えてあげるよ。

と戦いたい。仲間にしてみろ』

ここまでやってきた真実理想)を求めたいのか、確かめるつもりなんだね。

ボクの力を知りたい……。

さあ!レシラムゼクロム)を捕まえ、の仲間にするんだ!!」

 

遂にNと対になる伝説のドラゴンポケモンの捕獲チャレンジです。

ここでNに話しかけるとブラック版では『心してかかりたまえ。レシラム善の心を持たない人間を焼き尽くすというよ』ホワイト版ではゼクロム理想を持たない人間に牙を剥くらしいから』と言われます。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307113630j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307113623j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307113633j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307113627j:image

 

無事に捕獲成功です。準伝(というか三闘)の捕獲より苦戦しなくてホッとしました……。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307113620j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307113615j:image

 

ここで手持ちに空き枠が無い場合は従来の野生ポケモンの捕獲直後と同様にレシラムゼクロム)はボックスに転送されます。

しかし、その後レシラムゼクロム)を手持ちに加えますか?』と聞かれるのではいを選択。

……流石にここでいいえは選べませんよ!

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307113928j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307113931j:image

 

手持ちから入れ替えるポケモンを選び、レシラムゼクロム)を手持ちに加えます。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307114404j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307114359j:image

これでがそれぞれの真実理想を懸け、伝説のドラゴンポケモンと共に戦う準備は整いました。

 

▶️N

「……そうか。

真実理想)を追い求めるにその力を貸すと言われているレシラムゼクロム)がの力を認め、共に歩むことを決めたか……。

主人公の元に近付く》

さて……。

ポケモンが傷付いている。

そんな相手に勝っても無意味だ」

 

ここでNポケモンを回復してくれます。

流石にそのまま戦闘突入されたらキツかったので普通に有難かったですね……。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307114826j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307114822j:image

これで本当にが対等な条件で戦う準備は整いました。

Nは再びゼクロムレシラム)の元に戻り、改めてへ宣戦布告します。

 

▶️N

ボクには未来が見える!

絶対に勝つ!!」

 

互いの真実理想を懸け、Nとの五度目のバトルです!

f:id:hoshi_dachi3:20210307120027j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307120039j:image

 

この戦闘では事前に手持ちから入れ替えたポケモンの位置に関わらず、レシラムゼクロム)は一番手に出てきてNゼクロムレシラム)と対面する仕様になっています。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210307115121j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210307115124j:image

【戦闘時のNの台詞】

▶️最初のターン後

「……それでボクを止められるのかい!」

▶️最後の一匹(登場後)

「最後のトモダチ……ボクに勇気を分けてくれ!」

▶️最後の一匹(ピンチ)

「世界はボクでなくを選ぶというのか!?」

 

 

 

 

 

▶️勝利後

「これでボク理想真実)……ポケモンは……霧散する」

 

――――そして、の戦いのが決まりました。

f:id:hoshi_dachi3:20210307122457j:image

▶️N

「…… …… …… …… …… ……。

……ボクゼクロムレシラム)が敗れた。

の思い……。真実理想)……。

それがボクを上回ったか……」

 

ここでNの顔アップスチルに切り替わります。

f:id:hoshi_dachi3:20210307122857j:image

▶️N

レシラムゼクロム)とゼクロムレシラム)……。

がそれぞれを選んだ……。

こんなこともあるのか。

同じ時代に

真実理想)を求める者。

理想真実)を求める者。

共に正しいと言うのか?

……分からない。

異なる考えを否定するのではなく、異なる考えを受け入れることで世界は化学反応を起こす。

これこそが……世界を変えるための数式……」

 

Nとのバトルを通じて新たな答えを導きかけたときです。

f:id:hoshi_dachi3:20210307123508j:image

▶️ゲーチス

「それでもワタクシと同じハルモニアの名前を持つ人間なのか?

不甲斐ない息子め」

 

謁見の間の入り口にいたゲーチスが中に入ってきました。

驚くを横目にゲーチスNへ近付き、言葉を紡ぎ続けます。

▶️ゲーチス

「元々ワタクシN理想真実)を追い求めさせ、伝説のポケモンを現代に蘇らせたのはワタクシのプラズマ団に権威をつけるため!恐れ慄いた民衆を操るため!

その点はよくやってくれました」

 

ここでゲーチスNの目の前へ近寄り、更に強く言い放ちます。

▶️ゲーチス

「だが、伝説のポケモン従えた者同士が信念を懸けて戦い、自分本物のなのか確かめたい……と宣った挙句、ただのトレーナーに敗れるとは、愚かにも程がある!

詰まるところ、ポケモンと育った歪な不完全な人間か……」

 

『いやNそう育てたのは他でもないアンタだろ!』

……とツッコミたくなったところで、ゲーチスに話しかけてきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210307124041j:image

▶️ゲーチス

トウコトウヤ)!

まさか、のようなトレーナーが伝説のポケモンに選ばれるとは、完全に計算外でしたよ。

ですが、ワタクシの目的は何も変わらない!揺るがない!

ワタクシ世界を完全に支配するため!

何も知らない人間の心を操るため!

Nにはプラズマ団王様でいてもらいます。

だが、そのために事実を知る……邪魔なものは排除しましょう」

☆2010年発売作品(BW・光の軌跡)のラスボスゲーチスエドワード・パープルアイ)我欲にまみれたロクデナシしかいない説やめろ――――!

(トウヤくんもトウコちゃんもナツヤくんもミナミちゃんも良く頑張ったよ本当に……。)

 

『いやいやNと対等なトレーナーに育つことを勝手に期待してたのそっちじゃありませんでしたっけ?』

……とまたまたツッコミたくなったところで、本性を表したゲーチスの前にチェレンアデクが駆け付けます。

f:id:hoshi_dachi3:20210307124738j:image

▶️チェレン

「……支配だって?

プラズマ団の目的はポケモン解放することじゃ……」

▶️ゲーチス

「あれはプラズマ団を造り上げるための方便

ポケモンなんて便利なモノを解き放ってどうするというのです?

確かに、ポケモンを操ることで人間の可能性は広がる。それは認めましょう。

だからこそ!ワタクシだけがポケモンを使えればいいんです

▶️アデク

「……貴様。そんなくだらぬ考えで!」

▶️ゲーチス

「何とでも。

さて、と呼ばれようと所詮はポケモン

が認めたところで、トウコトウヤ)!

など恐るるに足らん。

さあ、かかってきなさい!

ワタクシ絶望する瞬間の顔が見たいのだ!」

 

ここでゲーチスに接近します。

f:id:hoshi_dachi3:20210307125215j:image

▶️N

トウコトウヤ)!!」

▶️ゲーチス

「誰が何をしようと!

ワタクシを止めることは出来ない!」

 

そして、レシラムゼクロム)の捕獲からここまでノンストップ(レポートポイント皆無のまま)ゲーチス戦へ突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20210307125432j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307125438j:image

流石に難易度のこともあってか手持ちは全回復されていましたが、ゲーチスの性格を考えると、ここでの主人公回復無しのN戦直後のコンディションで戦わされていてもおかしくない場面ですよね……。

 

【戦闘時のゲーチスの台詞】

▶️最初のターン後

「それぐらい計算済みですとも!!」

▶️最後の一匹(ピンチ)

「……ブツブツ。どういうことなのだ」

Nと違って最後の一匹を出した直後の台詞はありません

 

 

 

 

 

▶️勝利後

ワタクシの目論見が!世界の完全支配がっ!!」

 

――――というわけで、全ての元凶をぶっ飛ばしました。

f:id:hoshi_dachi3:20210307132039j:image

それにしても、ラスボスとはいえ一応NPCトレーナーどくまも戦法取ってくるって何なんですかああああああああ!?!?

(※初手のデスカーンの話です)

 

▶️ゲーチス

「……どういうことだ?

このワタクシプラズマ団を造り上げた完全な男なんだぞ!

世界を変える完全な支配者だぞッ!?」

 

敗北により大きく動揺するゲーチス

そんなを他所に、アデクNへ問いかけます。

 

▶️アデク

「さてNよ……。

今もポケモンと人は別れるべきだと考えるか?」

 

しかし、Nは横を向いて俯いたまま何も答えません。

そんなの姿を見て、ゲーチスはまたまた爆弾発言を投下します。

 

▶️ゲーチス

「……ふはは!

になれぬワタクシ伝説のポケモンを手にする……。

そのためだけに用意したのがそのN!!

言ってみれば、人の心を持たぬバケモノです」

f:id:hoshi_dachi3:20210307132348j:image

道理で外界との隔絶偏った教育Nに施していたわけだよゲーチスは!!

 

そんなこんなで話は続きます。

 

▶️ゲーチス

「そんな歪で不完全な人間に話が通じると思うのですか」

▶️チェレン

アデクさん。

こいつの話を聞いてもメンドーなだけです。

こいつにこそ心が無いよ!」

▶️アデク

「そうだな……。

本当に哀れなものよ」

 

よく言ったチェレン!!!

 

ここで改めてアデクNに呼び掛ける。

 

▶️アデク

Nよ……。

色々と思うことがあるだろう。

だが、お前さんは決してゲーチスに操られ理想真実)を追い求めたのではなく、自分の考えで動いたのだ!

だからこそ、伝説のポケモンと出会うことが出来たではないか!」

 

Nはようやくこちらを向く。しかし、その態度は否定的。

f:id:hoshi_dachi3:20210307132815j:image

▶️N

「……だが、ボクの資格はない!」

▶️アデク

「そうかあ?

伝説のポケモンと共にこれからどうするか……それが大事だろうよ!」

 

それでもまだアデクの言葉に納得の出来ないNは首を横に振る。

 

▶️N

「分かったようなことを。

今までお互い信じるもののため争っていた。

だのに!何故!」

▶️アデク

Nよ……。

お互い理解し合えなくとも、否定する理由にはならん

そもそも、争った人間のどちらかだけが正しいのではない

それを考えてくれ」

 

ここでチェレンアデクゲーチスを連行し、謁見の間にはNのみが残ります。

f:id:hoshi_dachi3:20210307133143j:image

▶️N

「……に話したいことがある」

 

Nを連れ、玉座のあった方向へと歩き出します。

f:id:hoshi_dachi3:20210307133319j:image

▶️N

と初めて出会ったラクサタウンでのことだ。

ポケモンから聞こえてきた声が、ボクには衝撃だった……。

何故なら、あのポケモンのことを『スキ』と言っていた……。

『一緒にいたい』と言っていたから」

 

※『ラクサタウンでのこと』はこちら。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

初めて戦ったときのN『そんなことを言うポケモンがいるのか……!?』と大変驚いておりました。

 

この後もNを連れてロイヤルブルーのカーペットの上を進んでいきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210307133551j:image

▶️N

「……ボクには理解出来なかった。

世界に人のことが好きなポケモンがいるだなんて。

それまで、そんなポケモンボク知らなかったからね……」

 

これは間違いなくゲーチスによる偏った教育の影響ですね……。

ここでNは身体の向きを変え、の方を見て言います。

 

▶️N

「それからも、旅を続けるほどに気持ちは揺らいでいった……。

心を通い合わせ、助け合うポケモンと人ばかりだったから。

だからこそ、自分が信じていたものが何か確かめるためと闘いたい……。

同じとして向き合いたい、そう願ったが……」

 

そして、二人玉座が飛ばされ、ゼクロムレシラム)に壁を吹き飛ばされた謁見の間の最奥に辿り着きます。

f:id:hoshi_dachi3:20210307133929j:image

▶️N

ポケモンのことしか……いや、そのポケモンのことすら理解していなかったボクが……。

多くのポケモンと出会い、仲間に囲まれていたに敵うはずがなかった……」

 

ここでNは外の景色が見える、突き破られた壁の目の前へ移動します。

f:id:hoshi_dachi3:20210307134133j:image

▶️N

「……さて、チャンピオンはこんなボクを許してくれたが……。

ボクがどうすべきかは、ボク自身が決めることさ……」

 

そう言うとNゼクロムレシラム)をボールから出し、の名を呼びます。

f:id:hoshi_dachi3:20210307134407j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307134403j:image

▶️N

トウコトウヤ)!!」

 

ここでNのアップCGが入りますが、以前電気石の洞穴で問われた質問の解答により台詞が変わります

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

このときの質問はにも夢はあるのか?』という内容です。

はいの場合は『夢がある……。それは素晴らしい。……の夢がどれほどか勝負で確かめるよ』

いいえの場合は『……夢を持たない人間にボクが理解出来るか!くっ……。の……ココロを折るしかないのか!』 

という反応が見られます。

 

はいを選んでいた場合》※ブラック版(主人公トウコ)での選択

f:id:hoshi_dachi3:20210307134738j:image

▶️N

キミがあると言った……。

その……叶えろ!

素晴らしいを実現し、キミ真実とするんだ!

トウコキミなら出来る!!」

(※恐らくホワイト版だと理想とするんだ!』になっていたと思われます)

 

いいえを選んでいた場合》※ホワイト版(主人公トウヤ)での選択

f:id:hoshi_dachi3:20210307134751j:image

▶️N

キミよ……を持て!

そのために理想を追い求めろ!

そして、いつか必ずを実現するんだ!!」

(※こちらもブラック版だと真実を追い求めろ!』になっていたと思われます)

 

ここでBGMが止み、台詞分岐も終了です。

それにしても、当時はブラック版しかプレイしていなかったので、まさかここで過去の選択により台詞が分岐してくるとは思っていませんでした……!

こういう発見があるので二作同時プレイ・選択肢分岐確認は楽しいです。

 

――――そして、Nとの会話に終わりのときが訪れます。

 

▶️N

「それじゃ……」

f:id:hoshi_dachi3:20210307135158j:image

 

『サヨナラ……!』Nが言い残したところで画面がブラックアウトし、ゼクロムレシラム)が羽ばたく音が響いたと思ったところでエンドロールに突入します。

EDと共にスタッフクレジットが流れ、それらが終わると青空の下、Nゼクロムレシラム)が何処かへ飛び去っていく様子が流れました。

f:id:hoshi_dachi3:20210307135755j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307135751j:image

やがてその姿も見えなくなり、青空もフェードアウトして『THE END』という文字が真っ黒or真っ白の背景の上に表示されます。

 

……これにて、BWメインストーリーは幕を閉じました。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

ということで、2020年中の完走は無理でしたが、2020年度中にBWのメインストーリーを完走する』という目標をなんとか達成することが出来ました!

 

この後のゲームプレイ予定はまだハッキリ決まっていないのですが、BDSP発売までにDPPtED後要素は回収し終えたいなぁとは思っております。

その後違うゲームを始めるにしても、旧作BW光の軌跡ED後要素をきっちり回収してからにしたいですね……新作ならともかく、流石にそろそろED後要素を積みゲー状態とした上で新たな旧作を始める状況から脱したいので……。

 

この辺りの方針は次の記事の投稿までに決められたらと思います。

というわけで、ここからは恒例と化してきたオマケの時間です。

 

オマケ①【1回城出たタイミングで徘徊伝説捕まえに行ってみた】

実は、三階左端の部屋にいた男したっぱにポケモンリーグまで飛ばされた辺りで『そういえばBW徘徊伝説ってトルネロスorボルトロスの一匹だけじゃない?』ということに気付いたので、電光掲示板で徘徊位置まで飛び、マスターボールをぶん投げてゲットしてきました。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210306174803j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210306174751j:image

 

捕獲に挑んだ時間帯が夕方だったこともあり、ED前でも行くことが出来る7番道路や8番道路付近で遭遇。しかも、投げたのがマスターボールなので当然一発捕獲です。

f:id:hoshi_dachi3:20210306174758j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210306174754j:image

ここで7番道路おばあさんの家に行くと、おじいさんから14番道路辺りにトルネロスボルトロス)を懲らしめたポケモンを祀った祠があるらしい』という情報が得られます。

要するにランドロスのことなのですが、こちらの捕獲チャレンジは他のED後要素を回収する際に行おうと思います。

 

オマケ②【遂にポケシフターが……!】

そんな他のED後要素の回収は後日別の記事を設ける予定ですが、BDSP発売までにDPPtED後要素は回収し終えたいと思っている以上『別の記事』をいつ投稿出来るか分からないので、目標として散々掲げてきたポケシフターの開通』については先に進めることにしました。

 

まずはシフトファクトリーに行き、2台のDSで第4世代第5世代を連携させます。

f:id:hoshi_dachi3:20210307193318j:image

 

次に、DSダウンロードプレイを受け付けた第4世代側で転送するポケモンを選択します。

f:id:hoshi_dachi3:20210307193332j:image

 

その後始まるミニゲームポケモンを捕獲。

f:id:hoshi_dachi3:20210307193322j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307193325j:image

 

全部捕獲するor時間切れでミニゲームは終了です。

f:id:hoshi_dachi3:20210307193329j:image

なお、このとき時間切れで捕獲出来なかったポケモンは転送されない仕様です。

 

ここで第5世代側に操作は戻ります。

f:id:hoshi_dachi3:20210307193548j:image

といっても、ポケシフターミニゲームで捕獲したポケモンは自動的にボックスに収まっているのですが。

 

ということで、次はこのポケモンたちを最新世代に送る準備を進めます。

まずは第5世代側のボックス1に転送したいポケモンをまとめ、ポケムーバーを開きます。

f:id:hoshi_dachi3:20210307193554j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307193551j:image

すると、ボックス1に入れたポケモンポケモンバンクへ転送されます。

 

その状態で第6世代or第7世代のソフトに入れ替えポケモンバンクを開くと、バンクの転送ボックスにムーバーで送ったポケモンたちが収まっています。

f:id:hoshi_dachi3:20210307193738j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307193734j:image

 

転送ボックスからバンクのボックスにポケモンたちを移動させると、今度はHOMEへ引越しする準備を始めます。

f:id:hoshi_dachi3:20210307193826j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307193823j:image

 

バンクHOMEに転送したいポケモンの入ったボックスを選び、HOMEに表示された引越しパスワードを打ち込んで転送開始です。

f:id:hoshi_dachi3:20210307193955j:image

 

ここまで行ってようやく最新世代までの転送が完了です。

中古の第3世代及び第4世代DPPt)から転送されてきたポケモンたちがHOMEに到着しました!

f:id:hoshi_dachi3:20210307193948j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210307193952j:image

 

こちらがオブリビア地方からシンオウ地方イッシュ地方を渡ってきたマナフィとなります。

f:id:hoshi_dachi3:20210307194104j:image

 

これでHOMEの図鑑に未登録なポケモンも残り6匹となりました……!

f:id:hoshi_dachi3:20210307194050j:image

前3匹はどうにかしてBDSPレジェンズアルセウスで埋められるといいのですが……。

後ろ3匹はまたゲッチャレやってくれるのを期待するしかないですね。

 

というわけで、オマケもこの辺りで終了です。

ではでは!

| ・∇・)ノシ♪

理想を尋ねて真実を知るイッシュ冒険レポート④

皆さんおはこんばんにちは。

ポケモン25周年を飾るポケモンデ―が日に日に近付いておりますね……!

そろそろポケモンダイレクトが放送されるのか、ポケダイがあるとして、新情報続報は何が来るのか……今から凄く楽しみです!

 

個人的に新情報

①満を持してダイパリメイク

(個人的にはプラチナ要素も含まれていると嬉しいです。出現ポケモン、地方の風景、やぶれたせかい、バトルフロンティアなどはプラチナ準拠であってほしいなと)

②ワンチャンあるかも剣盾DLC第3弾

ポケモンの解禁全タイプの使い手の登場という弾はまだ残っているので……)

③まさかのピカブイ式金銀再リメイク

(キョウやナツメが3年後を示唆する台詞を発しているため)

④救助隊、スナップに続く外伝リメイク

ポケモン25周年記念サイトの『#ポケモンひっそりヒストリー』『関連ゲームソフト』の例に挙げられていながらも現状特にリメイクが来ているわけではないピカチュウげんきでちゅう』『ポケモンピンボール』『バトルレボリューション』『コロシアム』のどれかはリメイクあるのではと予想しています。特に『げんきでちゅう』ピカチュウ全国図鑑ナンバーが『025』で今年『25』周年なので何か動きがあってもおかしくはないかと。あ、ちなみに『レンジャー』のリメイクだったら私が泣いて喜びます)

のどれか一つはあるのではないかと予想しております。

 

また、続報

①4月に出るNewポケスナ関係

登場ポケモンの紹介とかですかね。ユキハミちゃん来い来い……!)

②以前のポケダイで紹介していたUNITE

(そのときの目玉になっていたのでそろそろ続報が来そうだと踏んでいます)

③予定ではもう世にでていたはずのSleep

(2020年はとっくに終わりましたよ……?HOMEはちゃんとリリースされたのにこちらは音沙汰なしなので心配です。そもそも何をするゲームなのかも謎ですし)

④出すとは言われてるけどそれっきりな名ピカswitch版

3DS版で残したままの謎を解明する完全版ストーリーが判明するとか言われていたような……?)

ポケマス1.5周年絡みの情報

2/24に新バディーズ情報を出すそうなので再告知になりそうですが。新バディーズはネズさん実装告知動画の最後に映っていた予告背景がシュートスタジアムだったのでガラル勢、目玉の『マスターバディーズ』として出すのならダンデさんかなぁと予想しています)

辺りがあると嬉しいですね……!

 

そんな期待に胸を膨らませつつ、イッシュ冒険レポートの続きを始めます!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

ポケモンリーグを目指すため、ソウリュウシティを発ったところから再開です。

10番道路をしばらく歩いていると、チェレンに呼び止められました。

f:id:hoshi_dachi3:20210220165505j:image

いよいよメインストーリー最後のチェレン戦か……?と思いきや、駆けつけたのはチェレンだけではありませんでした。

シャガ博士から主人公がリーグへ向かうということを聞いたベルも一緒だったのです。

ここでポケモンリーグに向かうのか』チェレンに尋ねられます。

ジムリーダーの頼みもありますし、アデクNのことも気になるのではい一択なのですが、折角選択肢が出ているのでどちらも見てみましょう。

 

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210220165910j:image

アデクさんなら……チャンピオンなら大丈夫と信じているけど、

最悪の場合、君がプラズマ団のボス・Nと戦うんだね……。

だから、確かめたい!がどれだけ強いかを!』

 

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210220165944j:image

『隠さなくてもいい。

最悪の場合、君がプラズマ団のボス・Nと戦うのは知っているよ。

だから、確かめたい!がどれだけ強いかを!』

 

最後の台詞のみ共通していました。

ということで、今の自分の実力をチェレンに示すため、と七度目のバトルです!

『これまでの旅で培った全てをぶつける!』と言うチェレンの想いに応えましょう!

最後の1匹『……ボクもポケモンも、あらん限りの力を奮う!』

戦闘終了『……ありがとう。君は本当に凄いね』

 

バトル終了後、チェレンは素直に主人公の凄さを認めます。

その後ポケモンを回復し『今の自分では主人公に敵わないからNとの戦いで何か助けてあげら(れない)と言うのですが、が言葉を紡ぎ終える前にベルが声を上げます。

f:id:hoshi_dachi3:20210220171319j:image

ベルから渡されたのは『げんきのかたまり』です。これを渡すとベルは言いました。

 

▶️ベル

『それにしても面白いね。皆バラバラで』

▶️チェレン

『面白い?こんなときに君は……』

▶️ベル

『はい、チェレン。少しは笑おうよ。

深刻な顔するだけじゃ何にも変わらないんだから。

えーっとね、あたしたち、ポケモンと出会ってから同じ道のりを歩んだのに、色んなことがあって……皆凄く変わっちゃって、やりたいことも、出来ること別々でしょ?

でも、それって旅の意味があったんだなあって、なんか嬉しくなったの』

▶️チェレン

『……そういうことか。

……確かに、ボクたちは違うわけだし、それぞれの出来ることをすれば良いんだよね。

……皆にとって理想とか真実って、皆の数だけあるからね。

だけど、大事なときには助け合えるのが普通なんだ。

だから、人とポケモンはいつも傍にいるんだって、最近思えるようになった……。

トウヤトウコ

アデクさんやに何かあったとき、ボクが助けられるようになる。

そのために強くなる。

だから無理するな』

 

ここでチェレンは走り去ります。

f:id:hoshi_dachi3:20210220171939j:image

なりに『自分の求める強さ』の答えを出せたということですね。

そして、残ったベルは再び主人公に呼びかけ言います。

『あたしもあたしに出来ることするね。

だから……えーっと……

こういうとき、かっこいいこと言えたらいいのに……

えーっと!お互い頑張ろうね!!

 

ここでベルも去ります。

幼馴染にこうも背中を押されるとモチベーションが上がりますね……!

というわけで、己のやるべきことを果たすため、まずはバッジチェックゲートを抜けます。

f:id:hoshi_dachi3:20210206181455j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210206181502j:image

(実は、トライ〜アイシクルのゲートはソウリュウジム戦前にレベル上げも兼ねて先に10番道路を探索していたのでそのときに開けていました)

 

ここからは所持しているバッジに応じてゲートが開いていきます。

①トライバッジ(サンヨウジム/VSデントorポッドorコーン)

f:id:hoshi_dachi3:20210206181443j:image

 

②ベーシックバッジ(シッポウジム/VSアロエ

f:id:hoshi_dachi3:20210206181451j:image

 

③ビートルバッジ(ヒウンジム/VSアーティ)

f:id:hoshi_dachi3:20210206181458j:image

 

④ボルトバッジ(ライモンジム/VSカミツレ

f:id:hoshi_dachi3:20210206181512j:image

 

⑤クエイクバッジ(ホドモエジム/VSヤーコン)

f:id:hoshi_dachi3:20210206181505j:image

 

⑥ジェットバッジ(フキヨセジム/VSフウロ

f:id:hoshi_dachi3:20210206181508j:image

 

⑦アイシクルバッジ(セッカジム/VSハチク)

f:id:hoshi_dachi3:20210206181447j:image

 

⑧レジェンドバッジ(ソウリュウジム/VSシャガorアイリス)

f:id:hoshi_dachi3:20210220172711j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210220172714j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210220172718j:image

 

8つのジムバッジにより全てのゲートを開くことが出来たので、チャンピオンロードを攻略していきます!

f:id:hoshi_dachi3:20210220173205j:image

 

BWのチャンピオンロードのギミックはよくある『迷路のような洞窟を攻略』だけでなく『崖下り』も含まれています

f:id:hoshi_dachi3:20210220174201j:image

>>いやポケレンでよくあるやつ!<<

 

ここまで進むと攻略完了です。

f:id:hoshi_dachi3:20210220183511j:image

 

ゲートをくぐり抜けるとポケモンリーグはもう目の前です。

f:id:hoshi_dachi3:20210220183507j:image

遂にやって来ました……!

 

左側にあるスペースでポケモンの回復、アイテムの買い込みを済ませ、四天王に挑みます

f:id:hoshi_dachi3:20210220185133j:image

ポケモンリーグ純粋に強さのみを追い求め、示す場所!

その示す方法は至ってシンプル!

四天王とチャンピオンに勝つだけである!

四人いる四天王は誰からでも挑戦出来るし、

四天王全員に勝てばチャンピオンに挑戦出来る!

但し!但しである

一度挑戦を始めたなら、勝ち抜くか、敗北するまで出られないぞ!

 

ここで選択肢です。当然はいを選ぶところですが、折角なのでこちらの分岐も見てみることに。

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210220185358j:image

『では進むべし!』

門番のお兄さんが道を開けてくれます。

 

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210220185636j:image

『準備を怠るな!

あちらの入口を抜けて、ポケモンの回復など、

出来る限りの用意をするのだ!』

お兄さんめちゃくちゃ親切でした。

 

さて、分岐の確認も出来たところで中へ進みます。

ここで入口に柵が現れるので、お兄さんの言っていた通り後戻りは出来ません。

f:id:hoshi_dachi3:20210220185926j:image

中央の像には下記の内容が刻まれています。

『このポケモンリーグ四人の強者あり

南西にゴーストタイプの本質を知る者在り

南東にかくとうポケモンを使いこなす者在り

北西にあくタイプを極めた者在り

北東にエスパーポケモンを知り尽くす者在り

勇気と知恵で以て強者を打ち破りしとき

最強のトレーナー チャンピオンが待つ頂に導かれん』

 

要約すると『左からシキミギーマカトレアレンブの待つ部屋になっており、四人全員倒すとチャンピオンの部屋に行けるようになる』ということです。

では四天王に挑戦していきます!

この世代から四天王の戦闘順は任意で決められるので、像の説明通りに攻略していきます。

 

まずは南西の部屋にいるゴーストタイプの本質を知る者』ことシキミさんから。

彼女の言う『先程の挑戦者』は間違いなくNのことなのでしょう。

(余談ですが、勝利後に話しかけた際の『人だけ……ポケモンだけのお話よりも、人とポケモンが助け合うお話の方が絶対に面白いんです!』が分かりてしかないです。外伝で一番好きなのがレンジャーシリーズなのも恐らくこの辺りが起因していると思うので)

f:id:hoshi_dachi3:20210221113724j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210221113757j:image

その男、瞳に暗き炎をたたえ

ただ一つの正義をなすため

自分以外の全てを拒む〟

……今読んだのはアタシの小説なんです。

……先程の挑戦者を題材にしてみたのですが、何だか悲しくなっちゃいました。

ごめんなさい。挑戦者の方ですよね。

ゴーストポケモン使いの四天王シキミ、お相手致します!』

 

二人目。かくとうポケモンを使いこなす者』ことレンブさん。

7番道路でアデクチェレンに話していたお弟子さんです。

f:id:hoshi_dachi3:20210221120703j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210221120659j:image

挑戦者よ……。私の名前はレンブ

格闘の道を極めるべく、

師匠アデクの下、修行を続けている……。

そして、お前我が師匠が認めたトレーナー!

その強さ……どれほどのものか見せてもらいたいッ!!』

 

三人目。あくタイプを極めた者』ことギーマさん。

後に白髪面積が増えてアローラにやって来たり、パシオジコスを貰ったりと何かと話題が尽きない人ですよね、彼。

f:id:hoshi_dachi3:20210221122937j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210221122941j:image

『やれやれ……。

今日はどういう日かな?

続けざま挑戦者がやってくるとは……。

まあいいさ。

四天王ギーマ、その役割に従い、お相手するまで』

 

最後はエスパーポケモンを知り尽くす者』ことカトレアさん。

Pt及びHGSSバトルフロンティアにある施設・バトルキャッスルフロンティアブレーンを務めているコクランさんが仕えていたお嬢様です。

f:id:hoshi_dachi3:20210221125300j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210221125304j:image

『どなた……?

アタクシの眠りを妨げる野暮なトレーナーさんは?

アナタね……。ふうん……。

強さ優しさを併せ持ち、なんだか手強そう……。

だけど、欠伸が出ちゃうような退屈な勝負だけは勘弁ね……』

 

というわけで、四天王を全員倒しました。

f:id:hoshi_dachi3:20210221131953j:image

最後に倒した四天王は固有台詞が聞けない仕様なのが残念です。

 

『中央の像を調べるとチャンピオンの所に行ける』とのことなので、緑のワープパネルに乗り最初の部屋に戻ります。

f:id:hoshi_dachi3:20210221132001j:image

>>めっちゃ光ってる〜!!!!<<

 

像を調べると、青く光っている床ごと下に降り始めます。

f:id:hoshi_dachi3:20210221152530j:image

そして、チャンピオンの待つフロアに到着です。

当然ながら、四天王の間と同様に勝つ負けるまで出ることはできません

 

古代の神殿のような雰囲気を醸し出す長い階段をひたすら登り……。

f:id:hoshi_dachi3:20210221153104j:image

 

まだまだ登り……。

f:id:hoshi_dachi3:20210221153108j:image

 

階段を登り切った先に、チャンピオンの間が見えてきました!

f:id:hoshi_dachi3:20210221153101j:image

さて、中にいるアデクさんはどうなったことやら……。

シキミさん曰く『ただ一つの正義をなすため』チャンピオンを超えに行ったNとの戦いはどうなったのか……。

 

一抹の不安を抱きながら奥に進むと、Nアデクのバトルに決着がついたところでした。

f:id:hoshi_dachi3:20210221154327j:image

▶️N

『……終わった!

もうポケモンを傷付けることも、縛り付けることも無くなる。

トモダチ、ゼクロムレシラム)のお陰だ!

最も、チャンピオンという肩書きではボクを止められない。

それに、チャンピオン……アナタは優しすぎるんだ。

数年前、パートナーだったポケモンを病で失い、心のスキマを埋めるためイッシュを彷徨っていた……。

本気で戦ったのも久しぶりなんでしょう。

アナタのそういう部分はキライじゃないけど、

ボクチャンピオンよりも遥かに強いトレーナーとして、イッシュに号令をかける。

〝全てのトレーナーよ、ポケモンを解き放て〟と!』

▶️アデク

『頼む!

ポケモンと人を切り離す……それだけはしないでくれっ!!』

▶️N

『……ボクアナタはお互いの信念を懸けて、死力を尽くして戦った。

そして、勝利したのはボクです。

もう何も言わないでほしい』

 

ここでN主人公の到着に気付きます。

f:id:hoshi_dachi3:20210221155043j:image

▶️N

『……待っていたよ。

ボクの見た未来通り、キミストーンを手に入れたんだ。

そのライトストーンダークストーン)……ゼクロムレシラム)に反応しているね。

……だけど!

伝説のドラゴンたちに相応しいのはここではない!

地より出でよ!プラズマ団の城

このポケモンリーグを囲め!』

 

Nの号令と共に、DSの上下2画面をフル活用した城の登場演出が始まります。

f:id:hoshi_dachi3:20210221155315j:image

 

地中から現れた城はNの言う通りリーグ全体を取り囲み、

f:id:hoshi_dachi3:20210221155724j:image

 

から降ろされた階段はリーグ全体を突き刺していきました。

f:id:hoshi_dachi3:20210221155721j:image

 

ここで場面は再びチャンピオンの間に戻ります。

f:id:hoshi_dachi3:20210221160005j:image

▶️N

『今、出現したのが!プラズマ団の城

の言葉……あの高みから下々に轟かせる。

キミに来るんだ。そこで全てを決めよう。

ポケモンを完全にするため、人々から解き放つか!

それとも、ポケモンと人は共にいるべきなのか……。

ボクキミどちらの想いが強いか……。

それで決まる!』

 

主人公に宣戦布告を突き付けたNはそう言うと城へ向かい、そんなと入れ替わるように四天王全てを制したチェレンがチャンピオンの間へと現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20210221160407j:image

▶️チェレン

アデクさん、ボロボロですね。

……チャンピオンらしくないよ』

▶️アデク

『……よくここまで』

▶️チェレン

『……なんとかポケモンリーグを勝ち抜けました。なかなかタフでしたけど』

▶️アデク

『……やるではないか』

▶️チェレン

『……自分のやることが分かったから強くなれたんです。

トウコトウヤ)!Nに伝えてよ。

ポケモンがいることで強くなれる人間がいること、

ポケモンボク一緒に学び、強くなれたってことを』

▶️アデク

『……負けたわ。

途方も無い夢を語るうるさい小僧を黙らせるほどのポケモンとの絆を見せてやるはずだったがな……。

あいつの信念もまた本物だったということか。

心しろよ。

いつだって世界を変えるのは夢を本気で追い求める奴だ。

頼む!トウコトウヤ)!!

ポケモンと人を切り離しても何も生まれん……。

それを教えてやってくれい』

 

アデクさんの面倒はチェレンが見てくれると言うので、Nが待つプラズマ団の城へと向かいましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20210221161208j:image

──遂に最終決戦です!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

というわけで、今回はここまでとなります。

次回で恐らくBWメインストーリー完結まで書ききれると思います。

果たして、宣言通り今年度中にメインストーリーを完走出来るのか……!

近いうちに続きを更新したいです!

 

それでは、ここから恒例となりつつあるオマケの時間に突入します。

①⚡️暴風雨乱入!徘徊チャンス!!☔️

博士とのマスボ入手イベ後にソウリュウゲート(10番道路側)を通ろうとすると、受付のお姉さんに引き止められ『7番道路で自然現象じゃない暴風雨が発生中』と言われます。

f:id:hoshi_dachi3:20210220162331j:image

という訳で7番道路の様子を見に行きましょう。

 

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210220162401j:image

普段以上に激しい雨風になっています。

 

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210220162430j:image

風はブラック版ほど激しくないものの、が鳴っています。

こちらは今だとエレキフィールド状態で再現されそうな天候ですね。

 

途中にある民家の前を通るとおばあさんが出てきて話しかけられます。

f:id:hoshi_dachi3:20210220162922j:image

『ありゃりゃー

ポケモンさんがやってきおったのうー

おやおや

あんた、草むらなんかに入ったらいかんぞー

ポケモンさんにどつかれるでー

こんな雨風の中で立ち話もなんじゃろなー

なーんもない家じゃが、ちと寄っていきなさいなー』

 

おばあさんに言われ、主人公は自動的に家の中へ。

f:id:hoshi_dachi3:20210220163234j:image

『若えからってな、冷てー雨に打たれとったら風邪さんになっちまうぞー

スープでも飲むかー?口に合うか分からんがのー』

 

ここでまさかの選択肢発生です。

というわけで、いつも通り分岐を確認していきます。

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210220163513j:image

『それでええのじゃー

若いうちは遠慮なんかするもんじゃねえぞー』

 

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210220163509j:image

『そう言わんと少し飲めばええー

ばあちゃんの話に少し付き合ってくれんかのー』

 

ここからどちらの選択肢のルートでもおばあさんの話が始まります。

イッシュ地方にはなー、こんな大嵐雷雨)を起こすトルネロスボルトロス)って名前のポケモンさんがおるんじゃよー

この地方をぐるぐる飛び回って、すんげー)をざんざか降らしているごろんごろん鳴らす)んじゃー

ほれ、飲んでみなさいー。暖まるぞー』

 

そして、どちらの選択肢でもここでおばあさんはスープを振舞ってくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20210220164031j:image

主人公『♪』と音符マークを出すほど絶品なスープであったようです。

 

おばあさんの話はまだ少し続きます。

『大事に育てとった作物が大雨でダメになるんよー

本当に困ったポケモンじゃー

捕まえようと思ってもなー、あっちこっち飛び回っとって、見付けたー、思ってもすぐに逃げてしまうんじゃー

一日かけてイッシュ地方をぐるっと一周するんじゃー

朝は南の土地夜は北の土地にいるんじゃと

この辺りは夕方頃にやってくるんじゃよー』

 

ここでおばあさんの話は終了です。

おじいさん曰く『一度懲らしめられたトルネロスボルトロス)はここ30年ほど大人しくしていた』らしいですが、どういうわけか今になってまた現れるようになったそうです。

 

おばあさんの家を出ると、トルネロスボルトロス)が主人公の前に現れます。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210220164807j:image

 

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210220164810j:image

『酷い嵐……!

あのポケモンの仕業らしい!』

 

どちらのバージョンでもこのメッセージが出た後にトルネロスボルトロス)が去っていきます。

その後元の天気に戻るので、トルネロスボルトロス)の徘徊開始です。

天候が大荒れの場所で草むらを探索すると登場するので、電光掲示板の天気を確認すれば大まかな現在地は割り出せます。

 

とはいえ、メインストーリー完走前ではまだ訪れることが出来ない場所があるので、徘徊ポケモンの捕獲チャレンジは一旦後回しにしておきます。

というより単純にめんどくs(ry

 

②⚔三闘捕獲チャレンジ最後の一匹!🥊

打って変わってこちらは前回のオマケの続きです。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

チャンピオンロードの洞窟内にある『試練の室』テラキオンの捕獲に挑戦してきました!

f:id:hoshi_dachi3:20210220184234j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210220184237j:image

 

そして捕獲チャレンジ成功

f:id:hoshi_dachi3:20210220184241j:image

これで三闘は全て捕獲出来ました!

正直言ってテラキオンビリジオンのときより苦戦しなかったのであっさり捕獲出来た感が凄かったです。それでもホワイト版は一度倒してしまったのでリセットしましたが……。

 

というわけで、オマケパートも以上となります。

果たして、次の更新までに公式からは25周年絡みどのような情報を供給されるのでしょうか。

そして、3月中にメインストーリーは無事に完走出来るのか……!

 

ではでは!

| ・∇・)ノシ♪

理想を尋ねて真実を知るイッシュ冒険レポート③

皆さんおはこんばんにちは。

いつの間にか二月に突入していて、このブログも開設してから二年が経過しておりました。早いですね。

二年目もこれまでと変わらず色んなゲームを進められたらと思います!

 

というわけで、いつもの調子でイッシュ冒険レポートの続きをお送り致します!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

チェレンハチクの二人を追ってリュウラセンの塔へ突入するところから再開です。

f:id:hoshi_dachi3:20210116140706j:image

プラズマ団が塔の壁をぶち抜いて侵入した後なので橋が架かっています。

 

橋の手前のしたっぱとはバトルにならないので、そのまま塔の中へ。

f:id:hoshi_dachi3:20210116140655j:image

最初の階段の手前まで進むと、上の階で『何か』が暴れていることが原因の振動が発生します。

 

階段を登るとチェレンがいて、折れている柱も通ることが出来ることを教えてくれました。

f:id:hoshi_dachi3:20210116140709j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116140659j:image

それだけ言うとチェレンは先に上へ登っていき、を追いかけているとハチクも加えた二人がプラズマ団のしたっぱを食い止めている場面に遭遇します。

『ここは自分に任せて先に行け!』はポケモン世界じゃなければ完全に死亡フラグですよハチクさん

 

あと、ここのチェレンは印象的でした。

f:id:hoshi_dachi3:20210116140644j:image

敵の姿ですら思うところがある程に悩んでいるのが伺えますね……。

 

ここからしたっぱ戦が始まります。

したっぱを倒しつつ塔を登っていくと、先程上で暴れている描写のあった『何か』と思われる鳴き声が聞こえてきました。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210116140651j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210116140702j:image

鳴き声テキストでお察しですが、上で暴れている『何か』はNがトモダチになろうとしているドラゴンポケモンゼクロムorレシラム)のようです。

 

また、鳴き声の後に表示される振動に関するテキストには『激しく』という単語が追加されていました。

f:id:hoshi_dachi3:20210116140641j:image

恐らく『何か』が暴れている階との距離が近付いているからでしょうね……。

 

更に進むと七賢人のジャロがいて、彼が用意した四人のしたっぱとの連戦になります。

f:id:hoshi_dachi3:20210116140648j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116143031j:image

ところでゲーチス以外の七賢人未だに覚えられないんですが。

もしいつかBWリメイクが来たら他の六人の七賢人にもメインストーリー中で印象に残るようなイベントが用意されていることを願いたいですね……。

 

したっぱを全て倒すと最上階に行けるようになります。

ちなみに、このときジャロは『英雄によって新しい世界に導かれる。そう!お前たちトレーナーはポケモンを失うことになる!』と言っていました。

 

そして、最上階で主人公が見た光景は――

 

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210116152753j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116152745j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116152750j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116151942j:image

 

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210116152813j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116152806j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116152809j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116151931j:image

 

――英雄の片割れを背に従えたNの姿でした。

 

『どう、○○。世界を導く英雄の元、その姿を現し、共に戦うポケモン力強い美しい)姿は!』と主人公に語りかけるNは続けて『これからボクはゼクロムレシラム)と共にポケモンリーグに向かい、チャンピオンを超える!ポケモンを傷付けてしまうポケモン勝負はそれで最後。ポケモンだけの世界……ようやく実現する』と改めて目的のためにアデクを倒す宣言を突きつけてきます。

 

ここでゼクロムレシラム)が飛び上がり、Nは主人公に宣戦布告。

f:id:hoshi_dachi3:20210116153441j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116153449j:image

『そう!ゼクロムレシラム)と対をなすポケモンレシラムゼクロム)に認められてこそようやく対等になれる!ボクたちを阻止できる!

さて、どうする?

ボクの予測……ボクに見える未来なら、キミはレシラムゼクロム)と出会うだろう。

共に歩むポケモンに信じられているキミは……!

世界を変えるための数式……キミはその不確定要素となれるか?

ポケモンと人との絆を守りたいなら、レシラムゼクロム)を探すんだ!

……きっとレシラムゼクロム)はライトストーンダークストーン)の状態でキミを待っている』

ところでNポケモンの言葉が分かる以外に未来視も可能なんですかね?

 

フキヨセジム戦後の話も織り交ぜ主人公に『対になる英雄となれ』と促したNは飛び上がったゼクロムレシラム)に乗って塔を去り、入れ替わるように下の階からチェレンハチクが現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20210116154034j:image

伝説のポケモンと一緒にいるということはNは本当に英雄なのか?、伝説のポケモンを探せとは一体どういうことなのだ?と動揺するチェレンに対し、ハチクは『今大事なのは起きたことを解明するよりこれから何をするかだ』チェレンを落ち着かせ、二人を塔の外まで戻らせました。

 

自動的に戻ってきたのはベルアララギが待っていた場所です。

f:id:hoshi_dachi3:20210116154252j:image

チェレンアララギに事情を説明すると、ベル『伝説のドラゴンポケモンって二匹いるの?』と疑問を口にします。

そういえば、セッカシティNPCから聞けるドラゴンポケモンの話は片方(Nが連れている方)に関するものばかりでしたね。これらを踏まえると、伝説とされるドラゴンポケモンの話は片方にまつわるものだけが有名になっているのかもしれません。

 

すると、今度はアデクが現れます。ちなみに、アララギとは旧知の仲だそうです。

アデクリュウラセンの塔から放たれた激しい稲光凄まじい火柱)を見ていたようで、ゼクロムレシラム)を『世界を滅ぼす力を持ったポケモンと称します。

 

『それ(=ゼクロムレシラム)を従えた者が皆にポケモンを解き放てと言う……恐怖か、崇拝か……いずれにせよ、世界は変わりかねない。我々とポケモンはもう手を取り合うことが無くなる。そんな世界に……』

 

そして、ここでアデクによる神話の説明が始まります。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210116154816j:image

ゼクロムは強力な電撃を放ち、もう一匹のポケモンと共に太古のイッシュを一瞬にして荒廃させた……』

f:id:hoshi_dachi3:20210116155128j:image

 

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210116154823j:image

レシラムを噴き上げ、もう一匹のポケモンと共に太古のイッシュを一瞬にして荒廃させた……』

f:id:hoshi_dachi3:20210116155141j:image

ところでこの場面、何故に最後の台詞がブラック版では『Nは』、ホワイト版では『プラズマ団は』になってるんですかね……?

 

ここまで来ると二匹のドラゴンポケモンが揃うことがどれほど危険なのか嫌でも想像がつきます。ベルが混乱気味に『そんな凄すぎるポケモンを復活させるのって危ないんじゃあ……?』と尋ねるのも納得です。

しかし、伝説のポケモン相手に他のポケモンで抗えるとも思えず、アデクNの言う通りにするのは癪だが、ドラゴンを探すのは悪くない。むしろプラズマ団が二匹目を復活させたら一大事だ!』もう一つのストーンを探す方向に話を持っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210116155625j:image

ここで主人公もう一つのストーンがあるかもしれない』というアデクの発言を受けて古代の城に向かうこととなります。また、ハチクアララギはもう一度リュウラセンの塔を調べると言って再度塔へ向かいました。

 

また、一連の騒動を経てチェレン『こんなときポケモンのため、誰かのために何か出来るのが強さなんだ』と疑問に対する答えが少し分かり始めてきた模様。

f:id:hoshi_dachi3:20210116155851j:image

そんなチェレン主人公アデクと共に古代の城の探索を手伝ってくれます。

ベルはまだ混乱気味なのでここに残るそうです。ですが、主人公に古代の城がある場所を教えてくれました。

 

というわけでライモンシティに飛び、そこからリゾートデザートを通って古代の城へ。

f:id:hoshi_dachi3:20210117144459j:image

砂漠の奥にある入口に足を進めようとすると、チェレンが声をかけてきます。

ここでは『リゾートデザートポケモンたちに案外手間取った。ここまで来れたのはボクのポケモンたちのお陰だね』と『強さはポケモンがくれたもの』を自覚する発言が多く見られ、少しずつ彼が悩みに対する答えを掴み始めていることが伺えました。

 

アデクは先に中へ入ったようなので、彼と合流するためにも古代の城を進んでいきます。

すると、最初の階段を降りたところで七賢人のリョクシに遭遇しました。

f:id:hoshi_dachi3:20210117145254j:image

ですが、あくまで戦うのはプラズマ団のしたっぱです。

自分で戦わない上にストーリー上での絡みもほとんどないのならそりゃ覚えられませんわ。

 

したっぱを倒しつつ最深部まで辿り着くと、アデクゲーチスがいます。

f:id:hoshi_dachi3:20210117151218j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117151533j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117151540j:image

ゲーチスが主人公たちに告げたのはこの場にもう一つのストーンが無いということ。

まあ、該当の石シッポウ博物館にある(※キダチが『古いという以外に説明することが無い』と言っていた展示物です)ので当然といえば当然ですが……。

 

※キダチの発言についてはこちら

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

その後、気味が悪いのですがゲーチス主人公Nに選ばれたことを祝福してきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210117151956j:image

冷静に考えたら主人公にトレーナーとしての大成を勝手に期待し、そうなるよう仕向けたのはゲーチスなんですけどね。

 

ここから双方の考えがぶつかる問答が始まります。

ゲーチス

アナタがこのままポケモンと共存する世界を望むのなら、伝説に記されたもう一匹のドラゴンポケモンを従え、我らの王と戦いなさい。でないなら、プラズマ団が全てのポケモンを人から奪い、逃がし、解き放ちましょう!』

アデク

『……解き放つだと?トレーナーと共にあるポケモンがそれを望んだのか?人々からポケモンを奪うことがお前たちプラズマ団の謳うポケモンの解放なのか?』

 

f:id:hoshi_dachi3:20210117152347j:image

ここでゲーチス(長年〜病で失った)数年前より真剣勝負をせず四天王にポケモンリーグを守るよう命じた後、自分はイッシュ地方をふらふらしている』と称されるアデクさん。ポケモンにも病死という概念があるのは辛いですね……。

 

ゲーチス

『そのようなチャンピオンでも人々とポケモンが共に暮らす今の世界を守りたいと?我らがプラズマ団の王ポケモンを縛り付けるチャンピオンより強いことをイッシュの人間に示します!そして、イッシュを建国した英雄と同じように伝説のポケモンを従え、号令を発布するのです!全てのトレーナーにポケモンを解き放て、と!そのため、伝説のゼクロムレシラム)やに相応しい城も既に用意しているのですよ』

アデク

『ワシは負けぬ!ポケモンを愛するトレーナーのために!トレーナーを信じるポケモンのためにも!』

ゲーチス

『……はアナタに興味などない。勝利するのが当然の相手だと判断なさっておるのですよ』

アデク

『……それを言うためここに残っていたのか?ワシもバカにされたものだな』

ゲーチス

『まさか。親切ですよ、親切……。チャンピオンのアナタが無駄な怪我などなさらぬようにね。確かに、ワタクシは人々が絶望する……その瞬間を見るのが大好きですがね』

 

ここでゲーチスは退場。去り際のごきげんようのミスマッチ感が凄かったです。

また、ちゃっかりNの城についての伏線を張っていきました。

 

三人だけになった後、『これからどうするのか』チェレンに聞かれたアデク『自分がリーグに戻ってNと戦うしかない』と答えます。

もう一つのストーンの在処のこともあるので、三人は一旦地上へ。

『上手く言えないけどプラズマ団は絶対許せない!』と言うチェレンNは伝説のドラゴンポケモンを戦わせて自分の正しさを証明したいのか?』と疑問を口にするアデク

すると、主人公のライブキャスターにアララギから着信が入りました。

f:id:hoshi_dachi3:20210117153343j:image

アララギが示す次の目的地はシッポウ博物館……つまり、もう一つのストーンがある場所です。

といってもそれはメタ推理が出来るプレイヤーだからこそ分かることであり、ゲームの中の登場人物は知る由もありません。

 

なので、アデクは先にシッポウ博物館へ向かったものの、チェレン『あんな』ゲーチスの言うことなど信じたくないと古代の城を再調査することに決めました。

f:id:hoshi_dachi3:20210117153555j:image

後にも出てくるのですが主人公サイドのキャラからのゲーチス評が悉く酷い件。

 

チェレンとはここで別れ、アデクも向かったシッポウシティへ。

f:id:hoshi_dachi3:20210117171646j:image

すると、博物館の前には電話の主のアララギ、先に出発したアデクだけでなくリュウラセンの塔の調査に向かっていたアララギ、混乱状態でセッカシティに留まっていたベルの姿もありました。

 

主人公に対し『大変なことに巻き込まれてしまったのね』と言うアララギ。すると、博物館の中から展示物の古い石を持ってきたアロエが現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20210117171912j:image

展示物に対しアロエベル『このが本当にドラゴンポケモンなのか』と半信半疑のようでしたが、ここにアララギリュウラセンの塔を調査してみた結果、このライトストーンダークストーン)と同じ時代を示す成分が含まれていた』と告げます。

つまり、展示物は探していたもう一つのストーンだったことが確定です。

 

この後ベルも言ってたのですが、以前プラズマ団が展示物の骨を強奪しにきた際にの存在に気付かなくて助かりましたよね……。

f:id:hoshi_dachi3:20210117172256j:image

まあ、副館長のキダチですら『古いだけの石』と捉えていた展示物を考古学に関しては素人であろうプラズマ団のしたっぱたちが『実はドラゴンポケモンだ』と気付いていたらそれはそれで怖いのですが……。

もしプラズマ団のしたっぱの中に光の軌跡のレイラさんレベルの超絶有能考古学者がいて、展示物の石に目を付けていたら絶対ここで主人公サイド詰んでましたよね。

 

ここでアロエ主人公ライトストーンダークストーン)を託す……と思いきや、アデク『そのライトストーンダークストーン)を手にするということは、ワシに何かあったときNと戦うということだぞ。それでいいんだな?』主人公の意思を確認してきました。

その後、主人公が答える言葉の選択肢が現れるのですが、ここの選択肢分岐は結構パターンがあったんですよね。

 

▶選択肢①Nと戦うことになってもいいのか』に対するはいorいいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210117172809j:image

 

選択肢①ではいを選ぶと、主人公の覚悟を理解したアデクライトストーンダークストーン)を受け取るよう促します。

f:id:hoshi_dachi3:20210117173208j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117173215j:image

そして、アロエから『そうか……。このライトストーンダークストーン)はいざというときにあたしらとポケモンたちの真実理想)の未来を守るんだね』と言われ、ライトストーンダークストーンが託されます。

f:id:hoshi_dachi3:20210117173336j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117174507j:image

 

このときの『大切にしておくれよ』がとても重い……。

 

バッグからストーンの説明を読むとこんな感じです。

f:id:hoshi_dachi3:20210117180605j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117180611j:image

 

では、選択肢①でいいえを選んだ場合はどうなるかというと、二つ目の選択肢が現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20210117173537j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117173543j:image

これゲームがポケモンじゃなかったらバッドエンドルート不可避の選択肢では……?

 

▶選択肢②Nの望む世界を待つのか?』に対してはいorいいえ

まずは選択肢②ではいを選んだ場合です。

f:id:hoshi_dachi3:20210117173754j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117173800j:image

まさかの第三の選択肢が現れます。

 

▶選択肢③『いざというときのためストーンを受け取ってくれ』に対してはいorいいえ

というわけで、まずは①いいえ→②はい→③はいルートから。

 

f:id:hoshi_dachi3:20210117174250j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117174254j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117174247j:image

このルートだとアデク主人公ライトストーンダークストーン)を受け取るよう促すのではなく、押し付ける形になったことを申し訳なく思う様子が描かれていました。

ちなみに、この後続くアロエからライトストーンダークストーン)を受け取る流れは①はいルートと同じです。

 

では、①いいえ→②はい→③いいえルートならどうなるかというと……

『それでも……』に戻って会話が延々とループします。

つまり、選択肢③ではいを選ばない限りストーリーが永遠に進みません

流石ポケモンさん。バッドエンドルート直行を全力で回避しに来ています。

 

これで選択肢②のはいルートは回収できたので、次は選択肢②のいいえルートです。

選択肢②でいいえを選んだ場合はこうなります。

f:id:hoshi_dachi3:20210117174918j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117174925j:image

 

いいえ→②いいえルートは選択肢①ではいを選んだ場合と同じ流れに突入しました。

当然ながら、この後続くアロエからライトストーンダークストーン)を受け取る流れも①はいルートと同じです。

 

以上で選択肢分岐の検証が完了したので、主人公アロエからライトストーンダークストーン)を受け取った後の話に戻りましょう。

大切なものにライトストーンダークストーン)をしまった主人公に対し、アララギが根本的な疑問を口にします。

f:id:hoshi_dachi3:20210117175333j:image

言われてみればNも『自分と対になるドラゴンポケモンに認められろ』としか主人公に伝えていませんもんね……。

 

が、主人公ベルアララギに対しアデクアロエにはアテがあるようで、ソウリュウシティのジムリーダーの存在を挙げます。

f:id:hoshi_dachi3:20210117175501j:image

『ドラゴンポケモンの使い手なら何か知っているのかも』とのことです。これで次の目的地が決まりました。アデクは恐らくジムリーダーに話を付けるためか、先にソウリュウシティへ飛んで行きます。

ちなみに、このときアロエ『アイツなら』複数人を示唆する発言をしています。ブラック版のジムリーダーのシャガホワイト版のジムリーダーのアイリス両方を指しているのでしょう。

バージョンで戦うことになるジムリーダーは異なるものの二人が使うタイプは同じですし、剣盾のバージョン違いジムリーダーと違いBWのバージョン違いジムリーダーはどちらのバージョンでも両方出てくるので。まあ、剣限定ジムリのマクワさんは一応盾版(メロンさんのレアリーグカード)にも出ているのですが。

 

この後の流れはアララギが挙げる名前がバージョンで異なっていた以外同じです。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210117175846j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210117175853j:image

その後、アララギ『お前さんのすぐ隣にはいつもポケモンがいること忘れるんじゃないよ』と言い、アララギ『ドラゴンポケモンを目覚めさせる方法があるのか調べるため研究所に戻る』と残してカノコタウンへ。

 

アロエも心強い言葉で主人公を安心させつつ後の伏線を盛大に張っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210117180207j:image

また、ベル『大変そうということしかよく分からなかった』と言いつつ、主人公ソウリュウシティの場所を教えてくれます。

 

それでは主人公ソウリュウシティを目指して進みましょう。

ソウリュウシティへ行くにはシリンダーブリッジを渡る必要があるので、橋の入り口を通ろうとするとベルに引き留められます。

f:id:hoshi_dachi3:20210117182046j:image

 

そして、ベルは最近考えていることについて主人公に話し始めます。

f:id:hoshi_dachi3:20210117182202j:image

カミツレさんのような素敵なモデルも憧れるし、アララギ博士のようにポケモン研究もしてみたいなって思うし……でも、それにはやっぱりポケモンに詳しくないとね』

 

というわけで勝負して、と言われたのでベルと五度目のバトルに突入します。

バトルに勝つとベル主人公『本当に凄いね!』と言い、かいふくのくすりを渡します。

そして、ヒウンシティで自身の大切なポケモンプラズマ団に盗られてしまった経験からプラズマ団の言う通りにポケモンを解放したら悲しむ人ばっかりになる』主人公プラズマ団を止めてほしい旨を打ち明けてきました。

 

ポケモンが大好きな人からポケモンを奪われないようにして』

f:id:hoshi_dachi3:20210117183345j:image

恐らく、ベルの言った言葉こそ主人公であるが故に自分の口からは話せないor彼女Nにぶつける真実理想)なのでしょう。

 

その後は『ごめんね、大変なのにわざわざこんなこと言いに来て』と主人公に謝り(本当はリラックスさせるつもりだったとのこと)、でも『主人公なら絶対に大丈夫!あたしが保証する!』と頑張って明るく振舞ったベルは去っていきます。

 

それではいざシリンダーブリッジへ。

電車の通過する音が心地良い橋を渡っていると……

f:id:hoshi_dachi3:20210124172156j:image

な ん か い る

 

うっすらと見えるゲーチスに警戒しながら橋を渡っていると、案の定ダークトリニティに捕捉されました。

f:id:hoshi_dachi3:20210124172214j:image

 

f:id:hoshi_dachi3:20210124172852j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210124172859j:image

ゲーチス主人公ライトストーンダークストーン)の入手を労った後、Nの望みが『伝説のポケモンを従えた者同士が信念を懸けて闘い、自分が本物の英雄なのか確かめたい』というものであることを伝えます。

最も、ゲーチスの伝聞なのであまり信用ならないのですが……。

というよりその後の『そんなことをなさらずとも英雄になるための教育を幼い頃より施され』が不穏すぎる件。『その結果伝説のポケモンに認められた』とか言ってましたけど、『本当に純粋なお方』で誤魔化していますよねコレ。

 

ちなみに、プラズマ団の掲げるポケモンの解放』とはこういうことらしいです。

f:id:hoshi_dachi3:20210124173439j:image

『そう!世のトレーナー共がワタクシ共に逆らえぬよう無力にすることなのです。

ワタクシたちだけがポケモンを使えればいいのです!

その準備は整いました。

ワタクシの完全な計画が実行されれば……プラズマ団に逆らえない愚かなポケモントレーナー共が一人、二人とポケモンを手放していくでしょう。

その人数ら百人となり、千人となっていく……チャンピオンやジムリーダーもその流れには逆らえぬようになります』

 

つまり、人類の悪意の感染を利用するとのことです。

\汚ぇ人間は滅びろ!/って言われてもおかしくないレベルで人間愚カーを極めてませんかゲーチスよ。

 

f:id:hoshi_dachi3:20210124175313j:image

 『大衆を味方に付けたらいくらジムリーダーやチャンピオンでもポケモンを手放さざるを得ない状況に出来る、ポケモンを持つことが悪となる。ヒウンでポケモンを奪われたベルとやらも世間に流され自らポケモンを手放すのです』と言い放つゲーチスプラズマ団によるポケモン解放が実現した世界を主人公に語った後、『アナタがストーンを持っていても、伝説のポケモンに認められ、英雄になれるとは思えません』とまだ分からないことをあたかも確定しているかのように告げます。

 

最後に『ですが、愛しのポケモンと別れたくなければせいぜい頑張りなさい……』と言い残しゲーチスは去っていきました。

その後、後ろに控えていたダークトリニティも姿を消すのですが、上司は徒歩で帰らせておいて自分たちはさっさと消えていく三人の様子が少しシュールでした。

 

そして、野球選手NPCから『なげつける』のわざマシンを投げ付けられたり、ショッピングモールで買い物したりと9番道路を満喫してからソウリュウシティに繋がるゲートを通ると……

f:id:hoshi_dachi3:20210124182859j:image

……もしかして、さっき橋から去ったゲーチスNと共にソウリュウシティに来ていた?

 

不穏な雰囲気を感じつつ、ソウリュウシティに入ります。

この街はバージョンで街の雰囲気が異なるので、ゲートの受付スタッフの台詞も少し違うんですよね。

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210124205338j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210124212356j:image

ブラック版の街は近未来的な雰囲気でBGMもカッコイイ系です。

 

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210124205346j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210124212407j:image

一方、ホワイト版の街は古き良きといった雰囲気でBGMも穏やかなものとなっております。

 

街に着くとアデクと合流し、少し歩いた先でゲーチスの演説に出くわします。

ゲート内の男性が言っていたことに反し、Nの姿は見当たらないようですが……。

f:id:hoshi_dachi3:20210124212917j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210124212926j:image

『ウソつき』だの『皆を誑かそうと必死に弁舌を振るっておる』だの、やはり主人公サイドのキャラからロクな評価をされないゲーチスである。

 

ゲーチスの演説は途中からになるものの、その内容を伺うことが出来ました。

f:id:hoshi_dachi3:20210124213220j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20210124213230j:plain

『そうなのです!

我らが王、N様は伝説のポケモンと力を合わせ!

新しい理想の国を作ろうとなさっています!

これこそ、イッシュに伝わる英雄の建国伝説の再現!

(聴衆ザワつき①)

ポケモンは人間とは異なり、未知の可能性を秘めた生き物なのです。

我々が学ぶべきところを数多く持つ存在なのです。

その素晴らしさを認め、我々の支配から解放すべき存在なのです!

(聴衆ザワつき②)

我々プラズマ団と共に新しい国を!

ポケモンも人も皆が自由になれる新しい国を造るため、皆さんポケモンを解き放ってください。

というところでワタクシ、ゲーチスの話を終わらせて頂きます。

ご清聴感謝致します』

※ちなみに、ここではどちらのバージョンでも『新しい“理想”の国』という言い回しになっていました。こういうところを考えると、N『理想』ゼクロムを持つブラック版の方が正史っぽく聞こえてしまうような……。

 

演説を終えたゲーチスたちは街を去ります。

冷静に考えればポケモンたちの思いを無視した一方的な解放を訴えているだけなのですが、演説を最初から聞いていた聴衆にはかなり堪えるものがあったそうです。

捌ける前の聴衆の一人は『うぐぐ……。プラズマ団の言う通り、ポケモンを解き放とうか……』と言っていました。

また、この後も街の人たちに話し掛けると演説を受けて生じた考えの迷いが伺えます。

 

聴衆が捌けた後、『今の話おかしいよ!』と憤るアイリス『このイッシュはポケモンと人とが力を合わせ造り上げた。ポケモンが人との関係を望まぬというのであれば自ら我々の元から去る。たとえモンスターボールといえど、気持ちまで縛ることなど出来ぬと諭すシャガの会話が聞こえてきます。

二人に気付いたアデクは主人公を二人に引き合わせると、早速『伝説のドラゴンポケモンについて教えてくれ!』と本題に入ります。

先に話をつけていたわけじゃなかったんですね。

 

f:id:hoshi_dachi3:20210124220035j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210124220039j:image

そしてここでもまだボロッカスに言われるゲーチスよ。

 

また、演説パートには不在だったNについてはここでシャガから『Nというトレーナー、ゼクロムレシラム)を復活させたと……』という話を聞けるので、恐らく演説が始まった直後はソウリュウシティにいたのだと思われます。

アデクNが主人公にもう一匹のドラゴンポケモンを探せ!』と言ったことを伝えると、シャガ『二匹のポケモンを敢えて戦わせるつもりか』とやや怪訝な反応。

アイリス曰く『ドラゴンポケモンたちはもう仲良し』であり、アデクポケモンを戦わせるのはトレーナーで戦う理由はトレーナーとポケモンが理解し合うため』という言っていたので、かつての争いの後二匹は和解したのでしょう。

 

ここでアデク『トレーナーとポケモンが仲良く暮らしている今の世界の素晴らしさを彼奴に教えてやる』Nに勝つ気満々でポケモンリーグへ戻っていくのですが……

f:id:hoshi_dachi3:20210124220822j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210124220819j:image

……アイリスの発言を思うとアデクが心配になります。

シャガ曰く『彼はイッシュで一番強いポケモントレーナーだから心配ない』とのことですが……。

 

さて、それじゃあジム戦へ……!ではなく、ドラゴンポケモンの話をするので家に来てくれと言われます。

というわけで、アイリスの案内の元シャガの家へ。

f:id:hoshi_dachi3:20210206160612j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210206160620j:image

ここで二人から交互に聞けるのは、二匹のドラゴンポケモンにまつわる逸話です。

台詞は『ブラック版ホワイト版)』となっております。

 

▶シャガ

『君が持っているのはライトストーンダークストーン)だな。

ライトストーンダークストーン)から目覚めるだろうレシラムゼクロム)、既に目覚めたゼクロムレシラム)は元々一匹のポケモンだった』

▶アイリス

『……その一匹のドラゴンポケモンは双子の英雄共に新しい国を造り、人とポケモン幸せな日々を過ごしていたんだ!』

▶シャガ

『だが、ある日のこと……双子の英雄は真実を求める兄と理想を求める弟に分かれ、どちらが正しいか決めるべく争いを始めた……。

双子と共に歩んできた一匹のドラゴンはその体をに分かち、それぞれの味方をした……』

▶アイリス

理想真実)を求め、新たなる希望)の世界に導く黒き白き)ドラゴン……その名もゼクロムレシラム

そしてもう一匹、真実理想)を求め、新たなる希望)の世界に導く白き黒き)ドラゴン……その名もレシラムゼクロム)』

▶シャガ

は元々同一の存在故、争いは激しくなるばかり。どちらが勝つともいえず、ただただ疲れ果てていった……。

双子の英雄もこの争いはどちらかだけが正しいのではない……そう言って争いを収めた……』

▶アイリス

『なのに、なのに……英雄の息子たちがまた争いを始めちゃって……ゼクロムレシラムレシラムゼクロム稲妻)と稲妻)でイッシュを一瞬で滅ぼし、姿を消しちゃったって……。

だけどね、人がポケモンとの付き合い方を間違えなければ世界を滅ぼしたりしないよ。

だって、ゼクロムレシラムレシラムゼクロムも皆のために頑張って新しい国を造ったんだもん!

だから、だから……!』

▶シャガ

『……確かに、ポケモンは物を言わぬ。

それ故、人がポケモンに勝手な想いを重ね、辛い思いをさせるかもしれぬ。

だが、それでもだ!

我々ポケモンと人はお互いを信じ、必要とし、これからも生きていく……』

▶アイリス

『そーなのッ!!

だから、だからねっ、ポケモンとあたしたちを別れさせようとするプラズマ団なんか絶対許さないんだからッ!』

▶シャガ

『……すまない。最後話が逸れてしまったが、私たちが知っていることは以上だ。

残念ながら、伝説のドラゴンポケモンを目覚めさせる方法は分からぬ……』

 

ここでドラゴンポケモンに関する話は終わり、アデクとの約束だからと主人公をジムに挑戦させてくれます。

ジムリーダーとして戦う方はジムへ向かってしまうのですが、残った方からはこのような言葉が聞けました。

★ブラック(アイリス)

ポケモンも人も、皆仲良しで良いんだよね!』

☆ホワイト(シャガ)

『……人とポケモンの暮らす世界を完全に分けてどうなる?

今のように全てが交じり合い、あらゆる存在を認め、許す。

それこそが豊かになれる考え方だと……そう信じている』

 

それでは、ソウリュウジムへ挑戦です!

ギミックは『龍の首の向きを変えながら移動する』というものでした。

これが意外と難しくて一回迷子になりましたね。

そして、何度も触れてきましたがソウリュウジムは戦うジムリーダーが異なります!

★ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210206173714j:image

☆ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210206173722j:image

 

この頃はまだフェアリータイプが追加される前で、手持ちにこおりタイプの技を覚えているポケモンもいなかったので苦戦必至かと思いましたが無事に勝利。

f:id:hoshi_dachi3:20210206174420j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210206174426j:image

いつものようにジムリーダーからバッジとわざマシンを貰うと、それぞれからアデクが心配なのでポケモンリーグまで追いかけてほしい』と頼まれます。

 

ジムを出るとアララギがいます。

レシラムゼクロムを復活させる方法についての報告に来てくれた模様。

f:id:hoshi_dachi3:20210206175023j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210206175020j:image

ライブキャスターで伝えるのも何だか申し訳ないからと直接言いに来てくれたのですが、残念なことに『まだ解明出来ていない』そうです。

しかし、『きっとポケモンが誰かを認めたときに目覚める』と。

つまりNはちゃんと主人公にドラゴンポケモンを目覚めさせる方法を説明していた……?

 

そして、博士『バッジを8個揃えたトレーナーが次に向かうべき場所』を案内してくれます。それは10番道路にあるバッジチェックゲートとその先のチャンピオンロード

10番道路に向かうゲートまで一緒に進むと、そこで博士主人公に一つ質問します。

 

ポケモンと一緒に旅立ったこと後悔してる?』

 

ここでも選択肢が表示されるので、はいいいえ両方の反応を見てみましょう。

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210206180339j:image

『あっ!いいのいいの!そういうことは全部言わなくて。

でも、君たちがポケモンを選んでくれたこと、私、嬉しかったんだ!

だって、また人とポケモンの素敵な出会いが生まれたから!』

 

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210206180336j:image

『ありがとッ!最高の返事よね!

私も君たちにポケモンをプレゼント出来て凄く嬉しかったの!

だって、また人とポケモンの素敵な出会いが生まれたから!』

 

どちらの選択肢でも会話が終わると博士マスターボールをプレゼントしてくれ、その後『どんなことがあっても迷わずにポケモンと進んでね』と言い去っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210206180840j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210206180837j:image

段々と大きな事態が迫っている雰囲気を感じますが、一先ずポケモンリーグへ向かうことにしましょう。

アデクNの戦いはどうなっているのか、ゲーチスが用意したと語るとは……。

 

次回・チャンピオンロードポケモンリーグ(予定)に続きます!!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

というわけで、ここからはオマケです。

 

①【🌊『なみのり』を使って探索出来ていなかった場所を巡ってみた】

フキヨセの洞穴・導の間を訪れるとおじいさんから昔話を聞くことが出来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20210116170907j:image

『人とポケモンが別々の世界で暮らしていた大昔……人が始めた戦でポケモンたちの暮らす森が激しい炎に包まれたのじゃ。

ポケモンたちは炎と煙に巻かれて逃げ場を失った……そこに現れたのが伝説のコバルオンテラキオンビリジオンじゃった!

テラキオンは持ち前の怪力で逃げ道を塞ぐ岩を壊した。

ビリジオンは素早い身のこなしで火の粉からポケモンを守った。

そして、コバルオンは怯えるポケモンたちを導き、焼ける森から逃がしたのじゃ。

コバルオンテラキオンビリジオンは戦を始めた連中を圧倒的な力で蹴散らした。

連中は三匹の力に恐れをなして、ようやく戦を止めたのじゃ……。

人が戦いを止めなければ、ポケモンたちの平和も無い。人の行いによって多くの命が失われると彼らは分かっていたのじゃな……。

人との関わりを避けて、彼らは何処かへ去っていった……。それから、彼ら三匹の姿は殆ど見られなくなり、彼らは伝説になったのじゃ……。

わしは何十年も彼らを探し続けてきた……。そして、ようやくこの洞穴の奥にいることを突き止めたのじゃ。

しかし、伝説の三匹は人を信用しておらん。人ご近寄れば牙を剥き、襲いかかってくるじゃろう。

彼らは大昔の世界しか知らんのじゃから仕方ないのう……。人とポケモンがお互いに分かり合い、助け合う、そんな世界になったことを彼らは知らないままなのじゃ。

人とポケモンが信頼し合い、共に生きている姿を彼らに分からせることがお主なら出来そうじゃ……。

人を見直し、認めれば、人と共に生きることを彼らも選ぶじゃろう……』

 

要するに三闘の捕獲サブイベントですね。メインストーリークリア前でも捕獲できると思っていなかったので驚きました。

 

『人とポケモンだけではない……生き物はお互いに認め合い、信頼し合って生きていくことが一番なんじゃ……』と昔話を教えてくれたおじいさんが言うので、まずはコバルオンに人とポケモンが共存をする姿を見せに行きましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20210116171831j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116172106j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210116172812j:image

捕獲チャレンジ成功です。

すると、先程のおじいさんが現れて言いました。

コバルオンはお主を通じて人とポケモンが助け合い、暮らす世界に変わったことを感じ取ったようじゃな。コバルオンはお主と共に生きることを望んだのじゃろう。

コバルオンがお主と戦い、心を通わせたことは強い絆で結ばれているテラキオンビリジオンにもすぐに伝わるはずじゃ。

彼らもお主の心を見極めたいと思っとるじゃろう。

テラキオンビリジオンが人を遠ざけるための障害物は無くなるじゃろう。

彼らを探すかどうかはお主次第じゃがな……。

彼らは間違いなくお主を待っておるぞ……』

 

ここで言う『障害物』とはそれぞれヤグルマの森チャンピオンロードにあるものなのですが、現状挑戦できるのはヤグルマの森だけなのでそちらにいるビリジオンの捕獲チャレンジに行ってきます。

障害物の先にある思索の原へ行くと、ビリジオンが待っていました。

f:id:hoshi_dachi3:20210117171524j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117171531j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117171528j:image

こちらも無事に捕獲チャレンジ成功です。

ちなみにコバルオンのときより苦戦しました。ナンデナンデ?

 

ここで三闘に関する寄り道は一旦終了ですが、最後にもう一つ。

1番道路で波乗りして17番水道方面に進んだところの小屋にいるトレジャーハンターから貰えるタマゴからメラルバが孵りました!

f:id:hoshi_dachi3:20210117181607j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210117181614j:image

進化系のウルガモスについては古代の城での捕獲チャレンジがあるので、そちらも追々触れていきたいですね。

 

②【🎂ポケセンバースデー2021!】

そして、二月になったので毎年恒例のこの話題を。

f:id:hoshi_dachi3:20210206181113j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210206181119j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210206181107j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210206181116j:image

今回はマホミルのアメざいくがスターリボンの二択になっていたので、リボンアメざいくのマホミルを受け取りました!

配布限定技の『おいわい』は当然として、何気に『とっておき』もタマゴ技なんですよね。地味に技構成がレアというかなんというか……。

 

ちなみにトリプルミックスに進化させました! 

f:id:hoshi_dachi3:20210213112752j:plain

かわいい🍰💞

 

それではオマケもこの辺りにして……ではでは!

| ・∇・)ノシ♪

理想を尋ねて真実を知るイッシュ冒険レポート②

皆さん新年あけましておめでとうございます。

と言っても、もう1月も3分の1は過ぎているんですよね……早くないですか!?

 

さて、そんな新年一発目の記事は昨年ラストの記事の続きで『イッシュ冒険レポート』の二回目となります!

年末年始と三連休で一気に進んだストーリーを振り返っていきましょう!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

前回、4番道路側のヒウンゲートでベルとバトルを終えた続きから始まります。

4番道路に出るとチェレンが待っているので、四度目のチェレン戦に突入です。

f:id:hoshi_dachi3:20201231111804j:image

 

バトルが終わると、博士から幼馴染トリオに一斉着信があります。

しかし、ベルは着信に気付かなかったのか応答せず。

f:id:hoshi_dachi3:20201231112700j:image

通話で言われた通りライモン側のゲートまで行くと、博士からハイパーボールが貰えます。

また、博士から幼馴染トリオに図鑑とポケモンが贈られた理由は3人の母親『子供たちに旅立ちという経験をさせたい』と博士に頼んでいたから、という話が聞けます。

 

ここで『4番道路で未捕獲のポケモンをゲットすることをお礼にしたい』と言うチェレンと別れ、主人公は次のジムがあるライモンシティへ。

すると、育て屋のおじいさんがプラズマ団のしたっぱと揉めている場面に遭遇します。

f:id:hoshi_dachi3:20201231163101j:image

 

バトルが終わるとしたっぱ二人は遊園地の方へ逃走し、育て屋のおじいさんからお礼に自転車を貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201231163415j:image

これでようやく移動速度が上がる……!

 

その後、育て屋に戻ったおじいさんと入れ替わるようにベルが現れ、ライモンシティの名所を色々教えてくれます。

街についての説明を終えたベルミュージカルホールを見に行くのですが、ここで彼女を追わずに5番道路に繋がるゲート(もう一つの方のゲートについては未確認ですすみません……!)を通ろうとするとベルが主人公をミュージカルホールの中まで連れて行ってくれるイベントが発生しました。

f:id:hoshi_dachi3:20201231163942j:image

中に入るとミュージアムについての説明がされ、グッズケースを貰えます。

 

その後ドレスアップの体験を終えてホールの外に出ると、ベルの父彼女を連れ戻しに来ていました。

旅を続けたいと旅を止めさせたいは口論になるが、そこに現れたカミツレの言葉を受け、ベルパパの旅の継続を認めます。

そして、父からの許しを得たベル『あたしのやりたいことが見つかるまで旅を続ける』ことに決めました。

f:id:hoshi_dachi3:20201231164656j:image

BGMも相まって名シーンですよねここ……!

 

ベルと別れ、カミツレもジムに向かったことが分かったのでジムがある遊園地の方へ。

そういえば、逃げたプラズマ団が遊園地の方へ向かっていたような……と思っていると、観覧車について難しい力説をするNが下のような提案を持ち掛けてきました。

余談ですが、上記のベル親子のシーンを12/31、遊園地突入を1/1にプレイしていたので、ここからゲーム内の季節がになっています。

f:id:hoshi_dachi3:20210101124328j:image

そしてこれが後に『観覧車密室事件』と語られる例のシーンの導入である。

 

Nに言われるがまま観覧車に乗ると、ゴンドラの中でNの口から自身がプラズマ団の王様であると明かされます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101124406j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210101124350j:image

ところでこの観覧車のゴンドラの扉って現実の観覧車と同様に外からしか開かない構造ですよね?ポケスペでこのシーンに相当する回でゴンドラの扉を観覧車の内側から開いている描写があったのが未だに引っ掛かっているので……。いやゲームと漫画は別だろってツッコまれたらそれまでですが。

あと当時は本誌リアタイ勢だったのであの回にはめちゃくちゃ衝撃受けてました。

 

観覧車を降りると先ほど育て屋のおじいさんに絡んでいたしたっぱ二人が現れ、Nは主人公に問いかけます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101124444j:image

ちなみに、ここは選択肢でNの反応が微妙に異なっていました。

▶はい

f:id:hoshi_dachi3:20210101124454j:image

▶いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210101124534j:image

 

三度目のN戦へ。と判明したこともあり、Nの肩書きがプラズマ団に変わっています

f:id:hoshi_dachi3:20210101124742j:image

 

バトルが終わるとN主人公『ボクを止めたければ各地のジムバッジを集めてポケモンリーグに向かえ』と言い残し、その場を去ります。

f:id:hoshi_dachi3:20210101125318j:image

チェレンNもそれぞれが抱える事情のために『チャンピオンを超え』ようとしているんですよね……。

 

さて、Nの言葉もあるのでライモンジムに挑みましょう。

ジムのギミックは『ジェットコースターに乗りつつスイッチでコースを変えていく』というものです。

f:id:hoshi_dachi3:20210101165059j:image

 

勝利すると今までのジムと同様にジムバッジとわざマシンが贈呈され、カミツレから『跳ね橋を通れるようにしてあげるから5番道路に来て』と言われます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101170153j:image

これで次のジムがあるホドモエシティへの道が繋がるので、回復を済ませて5番道路へ向かいます。

 

ゲートを抜け5番道路に出るとチェレンに呼び止められるので、五度目のチェレン戦となります。

f:id:hoshi_dachi3:20210101170852j:image

バトルの回数が増すごとにこの台詞がチェレンの常套句と化していく=強さに囚われているように思えます。

 

バトルが終わるとカミツレが現れ、跳ね橋の方まで二人を率いてくれることになります。すると、その途中にいた男性カミツレに話しかけてきました。

f:id:hoshi_dachi3:20210101171623j:image

この男性こそ現時点のイッシュ地方チャンピオン・アデクです。

会話の中で『チャンピオンになってどうする?強くなるだけでいいのか?』チェレンに問うアデクは、主人公も合わせた二人に『この子たちと戦ってみないか』と進言します。

 

というわけで、チェレンとタッグバトルです。

ちなみにチェレンはバトル前にポケモンの回復をしてくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101172745j:image

バトル後のチェレンと園児二人組の反応は対比的なものでした。

ポケモンが一緒にいればそれでいいという人もいれば、強さを重視する人もいる……BWは随所に色んな人の考えの違いが見えますね。

 

ここでアデク一行と別れ、跳ね橋の手前まで行くとカミツレヤーコンに連絡して跳ね橋を下ろすよう要請してくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20210101172904j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210101172900j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210101172856j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210101172852j:image

偶然とはいえ、オレンジの空が物凄く綺麗なタイミングで跳ね橋が下ろされるアニメーションが見れました……!

なお、この場面で『オレンジの空の下』を思い出したものの風花さんの曲名SSRは未所持である。

 

跳ね橋の開通を見届けるとカミツレは『テレビの仕事がある』と言ってライモンシティに戻り、チェレン強さこそ正しいとチャンピオンに証明する』と言い残して先にホドモエシティへ向かいます。

跳ね橋の上でハネを拾いつつ主人公も遅れてホドモエシティに到着するとチェレンヤーコンがおり、ヤーコンは『橋を下ろしたせいでプラズマ団が街中に逃げたから探してくれ。見つけてくれたらジム戦の相手をしてやる』と二人を歓迎するどころか激おこモード。

f:id:hoshi_dachi3:20210101173821j:image

というわけで、ジムに挑むためにもプラズマ団を探しましょう。

 

街の南にある冷凍コンテナプラズマ団がいるかも?ということで突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20210101203011j:image

寒いの苦手なチェレンかわいい

 

なお、コンテナの中でもチェレン『チャンピオンになることに強さ以外の意味はあるのか?』と悩んでいる模様。少し前に会ったアデクの言葉が引っ掛かっているようです。

f:id:hoshi_dachi3:20210102154745j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102160249j:image

一番奥のコンテナの中に七賢人のヴィオとしたっぱたちがいます。

『王(=N)のトモダチとなるポケモンを預かっていると言うヴィオはそのポケモンを傷付けるわけにはいかないと、したっぱたちに主人公チェレンの相手を任せてきます。したっぱは八人いるので、それぞれ半分の四人を相手することに。

 

四人したっぱを倒すと作業員を引き連れたヤーコンが登場し、ヴィオを含めたプラズマ団たちは作業員たちに連行されていきました。

f:id:hoshi_dachi3:20210102161236j:image

その後、ヤーコンは『約束通りジム戦をしに来い』と言い残しジムに戻ります。

このときチェレンプラズマ団の言い分にプラズマ団の理想は人とポケモンが離れ離れになること、つまりポケモンがいない世界を目指しているようなものじゃないか』と呟いていました。

 

さて、ヤーコンからのお許し(?)も得たところでホドモエジムに挑戦しようとジムに向かうと、ゲーチスヤーコンヴィオやしたっぱたちの受け渡し交渉を持ち掛けている場面に遭遇します。

f:id:hoshi_dachi3:20210102162656j:image

街中での争いを避けるため、ヤーコンはゲーチスの言い分を呑んでヴィオたちを返します。その後、プラズマ団一行は去り、ヤーコンはジムへ戻り、チェレンはジム戦前のトレーニングのためそれぞれこの場からいなくなります。

 

これでようやくホドモエジムに挑戦できます。

ギミックは『リフトで移動する』というものです。

f:id:hoshi_dachi3:20210102164909j:image

ヤーコンが待ち受ける最深部はかなり地中深くにある模様。

 

勝利するとジムバッジとわざマシンの贈呈……となると思いきや、ここで渡されるのはジムバッジのみです。

f:id:hoshi_dachi3:20210102165836j:image

先に6番道路での用事があるので、わざマシンはそちらを済ませてから渡すと言われます。

 

それならばと6番道路に行こうとするとベルに呼び止められ、四度目のバトルに。

f:id:hoshi_dachi3:20210102170409j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102170420j:image

ここでも主人公の性別で呼び止め方が微妙に異なっています。

 

ベルとのバトルが終わると、彼女から『そらをとぶ』のひでんマシンが貰えます。

どうやら、あの後ベルパパ『早く帰って来れるように』という意図でくれたとかなんとか。

 

チェレンにもひでんマシンを渡すとのことでベルとはここで別れ、ヤーコンの用事がある6番道路の電気石の洞穴の前まで行きます。

すると、デンチュラの巣で入口が塞がれていました。

f:id:hoshi_dachi3:20210102172334j:image

これをヤーコンのワルビルが撤去してくれるのですが、巣の消え方がどうあがいてもポケレンシリーズのターゲットクリアだったんですよね!!!

これなら近くにいたポケモンレンジャー(※6番道路には戦闘後にクラボのみをくれるNPCトレーナーのポケモンレンジャーが男女一人ずついます)に頼んでタゲクリしてもらった方が早かったのでは……?

 

その後、ヤーコンから『じならし』のわざマシンを受け取り電気石の洞穴の中に入ると、いきなりダークトリニティ(トリニティと言いつつこのシーンには二人しかいないのだが)に捕捉されます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102174057j:image

彼らに連れて来られたのはNの目の前。

目的を果たすと二人は再び姿を消し、Nとの会話になります。

ちなみ、N曰く入口にデンチュラの巣を仕掛けたのはダークトリニティとのこと。 

 

そんな前置きはここまでにして、Nは主人公に問い掛けます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102174123j:image

ここも選択肢によって反応が微妙に変わります。

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210102174238j:image

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210102174305j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102174332j:image

Nの話によると、ゲーチス主人公の事を話してみたところ、ゲーチスは主人公に興味を持ったのかダークトリニティを使って主人公たち幼馴染トリオのことを調べさせたそうです。

 

以下、調査に伴うゲーチスの感想

チェレン強さという甘い理想を求めている』

ベル誰もが強くなれるわけではないという悲しい真実を知っている』

主人公どっちにも染まっていないいわばニュートラな存在』

f:id:hoshi_dachi3:20210102174656j:image

これらの調査結果を踏まえ、ゲーチス主人公がトレーナーとして大成することを期待していると教えられます。

 

これで言いたいことを言いきって満足したのかNが去り、洞穴をしばらく進んでいると再びベルに呼び止められます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102174524j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102174531j:image

ここも主人公の性別によって呼び止め方が異なります。

 

ベル主人公を呼び止めたのは電気石の洞穴のギミック(ぐらぐら浮いている石は大きくて電気を帯びている石がある方向に向かって押すと磁力に引き付けられる)を教えるためで、その話が終わるとアララギ博士が現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102174541j:image

ポケモンの起源を調べていることを理由に父親からギアルの調査を頼まれた』と言う博士は主人公にしあわせタマゴをくれました。

ちなみに、ベルが同行している理由は博士のボディーガードのためだそうです。

 

ここで二人とはお別れ……かと思いきや、洞穴を少し進むと二人が追いかけてきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102180949j:image

古い洞穴を調べてもギアルの存在証明は100年以上前のデータでは不可⇒ギアルは100年前に突然誕生したポケモン?という博士の話は聞いていて興味深かったです。

 

再び二人と別れ、橋の手前まで進むとまた唐突に現れたダークトリニティ(今回はちゃんとトリニティでした)に捕捉されます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102181636j:image

主人公を捕捉し橋を渡り終えた三人は『階段の下でプラズマ団が待ち構えているからそこまで来い』と言い残して姿を消します。

 

そして、その言葉通り洞穴の出口の手前にはNが待ち構えていました。

N『灰色の世界からポケモンと人間を白黒切り分けてポケモンを独立させること』とのこと。そして、自分のように主人公にも何かしらのがあるのか尋ねます。

f:id:hoshi_dachi3:20210102190402j:image

ここも選択肢で答えが変わります。

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210102190648j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102190643j:image

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210102190704j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210102190707j:image

 

そして、Nと四度目の勝負です。

三度目の勝負のときは撮り逃してしまったんですが、このカットインかっこいいですよね……!

f:id:hoshi_dachi3:20210102190741j:image

 

ここのバトル終了後の台詞は『トモダチになりたいポケモンが異なることもあり微妙に違います。

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20210102191113j:image

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20210102191124j:image

こうしてバージョン別の台詞を並べるとNには真実より理想を追究している方が合っているように聞こえるんですよね。

ガラルスタートーナメントの相方ホップ選択ルートの方が正史っぽく感じた件といい、『公式が提示する物語の可能性が多岐にわたる場合、全ルートを比較するとどうしても或る一つのルートに正史っぽさを感じてしまうのは避けて通れないということでしょうか……。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

まあそもそもポケモンって基本的に二種同時販売な上クリスタル版以降は主人公も選べるようになっているので

A版男主でプレイした世界

A版女主でプレイした世界

B版男主でプレイした世界

B版女主でプレイした世界

と最初から世界の可能性4パターンあるんですけどね……。

これでポケマスで『ブラックを男主でプレイした世界』のその後を見せ付けられて解釈違い(※しかも『ブラックを男主でプレイした世界』におけるそれぞれの主人公描写はかなり本家に忠実なので文句も言い難い)に効果抜群を食らったのが『ブラックを女主でプレイした世界』がBWの軸となっていた私です……。かつてプレイしていたときもブラックが一番やりこんでたので……。

 

話は戻して、ここで主人公の声を耳にしたベル博士と共に現れます。

ラクサ演説後のシーンにはチェレンしか居なかったので、Nとこの二人が直接会うのはここが初めてですね。

f:id:hoshi_dachi3:20210102191201j:image

ここでポケモン勝手に分類して分かった気になっているポケモン図鑑も貴女の考え方も嫌い』と初対面の博士にありったけの嫌悪感を吐き散らしたNはフキヨセ方面へと去っていきます。

ただ、この辺りの話は現実でも割とあることだと思うのでNの言い分を否定しづらいんですよね。現実の動植物の分類(生物の授業で習う用語で言うと『二名法』に出てくるようなやつです)も言ってしまえば『人間が勝手に分類してそう名付けているだけ』ですし……。

 

一方、博士Nの意見も考え方の一つとしては分かるから、と真っ向から反論する様子はありませんでした。この辺りは両者の精神年齢の違いが如実に表れているように感じます。

そして、博士『もう少し調査を続ける』と洞穴に戻り、ベル『今は博士のボディガードだから』と彼女に付き添うことになったのでここでお別れです。

 

洞穴を抜けるとそこはフキヨセシティとなります。

少し進むと父親の方のアララギ博士が現れ、図鑑をアップデート(姿の切り替え機能の実装)してくれました。

f:id:hoshi_dachi3:20210102191810j:image

この後ジムリーダーのフウロも出てくるのですが、彼女は『ジム戦の相手をしてあげたいけど、ヘリに乗っていたときにタワーオブヘブン付近で見かけたポケモンの様子を見に行きたいから先にそっちに来て欲しい』と言い颯爽とタワーオブヘブンに向かってしまうので、まだジムには挑戦出来ません。

 

タワーオブヘブンを目指して7番道路を歩いていると母親から着信があります。

f:id:hoshi_dachi3:20210103154624j:image

ちなみに母親も元はトレーナーだったそうです。ライモンシティでベルの父親も元々はトレーナーだったという描写があったので、もしかすると幼馴染トリオの両親はトレーナー時代からの知り合いだったのかも……?

(最新作の剣盾でもソニアとルリナはジムチャレンジで知り合ってそこから友人になったとルリナのリーグカードに書かれていますし)

 

そんなこんなでタワーオブヘブンに到着。

最上階までの道のりにイベントは無いのでひたすら上を目指していきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210103165744j:image

塔登りの時間だオラァ!!!

 

入ってすぐの場所にいた女性が話していた鐘がある屋上に着くとフウロがいます。

フウロがヘリから見えたポケモンは彼女の勘が告げた通り傷を負っていたものの、げんきのかたまりを与えてるとたちまち元気を取り戻して飛び去ったと教えてくれます。

ちなみに、何故操縦中にポケモンを見つけられたのかというと、パイロットも兼業しているだけあって視力には自信があるからだと語っていました。

 

そして『鳴らす人の心根が音色に反映される』という鐘を鳴らしてみないかと提案されるので一つ鳴らしてみましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20210103165842j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210103170037j:image

あの鐘を鳴らすのはあなたということですねわかります

 

音色から主人公の人柄を感じ取ったフウロは改めて主人公に名乗り、ジムに挑戦するよう言い残して先にジムへと戻ります。

f:id:hoshi_dachi3:20210103170058j:image

 

というわけで、フキヨセシティに戻ってジム戦です!

ギミックは『大砲に乗り込んで移動する』というものなのですが……

f:id:hoshi_dachi3:20210103171450j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210103172844j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210103172851j:image

f:id:hoshi_dachi3:20210103172848j:image

……何度見ても歴代ギミックでここが一番(物理的に)ぶっ飛んでませんか!?

なおネタ路線でぶっ飛んでるギミック部門個人的1位はカキの試練だと思っています。

 

ちなみにフウロ的にこのギミックは『特訓』らしいです。

f:id:hoshi_dachi3:20210103173442j:image

いや特訓かコレ……?

 

物理的にぶっ飛んだ後はバトルで気持ち的にぶっ飛びましょう!ということでいざジム戦!!

f:id:hoshi_dachi3:20210103173511j:image

 

勝利後、いつものようにジムバッジとわざマシンが贈呈されます。

f:id:hoshi_dachi3:20210103173956j:image

その後、フウロから『ネジ山方面にプラズマ団が飛んで行ったのを見た』という情報が得られます。

 

次の目的地にプラズマ団がいると聞いて若干の不安を覚えつつジムを出ると、入口のすぐそばでNが待ち構えていました。

ジム戦直後の未回復状態でバトルを持ちかけられるのかと身構えていたのですが、N主人公のポケモンと話をしたかっただけのようです。

f:id:hoshi_dachi3:20210103175700j:image

このとき名前が挙がるのはパーティーの先頭に設定していたポケモンです。

あと、このシーンに雨が降っているのが個人的に凄く好きなのですが、これって仕様なのかたまたまなのかどっちなんですかね……?

 

N主人公のポケモンの会話は主人公には聞こえないのですが、その後のNの言葉からいくつかの主人公に関する情報がNに教えられていたことが判明します。

f:id:hoshi_dachi3:20210103175745j:image

情報①『カノコタウンで生まれ育ち母親と二人暮らし』

情報②『ポケモン図鑑をキッカケに世界を見聞するための旅をしている』

 

f:id:hoshi_dachi3:20210103175923j:image

そして、主人公を信頼しているポケモンの関係を『良い』と称したN『全ての人とポケモンがキミたちのように向き合うなら、人に利用されるだけのポケモンを解き放たずにポケモンたちと人の行く末を見守ることが出来るのに』と、ただ単純に人とポケモンを別離させたいというわけではないような言葉を零します。

 

また、ゲーチスが探しているという『特別な石』についても教えてくれました。

f:id:hoshi_dachi3:20210103180416j:image

石の正体は新たな英雄を待つために姿を変えた伝説のドラゴンポケモンであり、Nはそのポケモンとトモダチになりたいのと語ります。

 

また、人間とポケモンを白黒ハッキリ区別して切り分けるにしても争いまでは起こしたくないようです。

f:id:hoshi_dachi3:20210103180609j:image

 

f:id:hoshi_dachi3:20210103180658j:image

ここの台詞はリアルの動物にも言えることなので深く考えさせられますね……。

 

最後に主人公とポケモンの仲を引き裂くことに関しては多少の良心が働いていた様子を見せ、Nは去っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210103180938j:image

 

これでフキヨセシティにおける現時点のイベントは終了したので、次のジムがあるセッカシティにいくために7番道路を抜けてネジ山の入り口がある階段を登ろうとするとチェレン六度目のバトルを仕掛けてきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210109183306j:image

相変わらず『◯◯バッジを持つ者同士で勝負だ!』が常套句となっていますが、彼は彼なりにここまでの道のりで『自分の求める強さとは何か』を考えて続けているようです。

負けないことが強さなのか、勝つことが全てなのか。

勝負は楽しいけど強いって何なのか。

チェレンの悩みごとはこちらも色々と考えさせられますね……。

 

バトルが終わると、ポケモンレンジャーの段差飛び降り並に豪快なショートカットを踏んでアデクが階段の上にあるネジ山の入口の手前から主人公チェレンの前に現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20210109184140j:image

意外とタフだなこのおっちゃん。

 

『弱いから負けたのに良い勝負だったと言われても』と困惑するチェレンアデクは改めて『強くなってどうするのか』を問いかけます。

f:id:hoshi_dachi3:20210109184601j:image

その言葉に『生きている証が欲しい』から『強くなってチャンピオンになり存在理由を得たい』と答えるチェレン

すると、そんなチェレンに弟子(=イッシュ四天王のレンブの姿が重なったアデク『何になりたいかは大事だが、それ以上に大事なのは強くなり得た力で何をするのかではないのか?と再び問いかけます。

そして、二人に『なみのり』のひでんマシンを渡すと『共に歩むポケモンが何を望むか忘れるな』と言い残しアデクは去ります。

 

ただ、チェレン何をしたいのか分からないからトレーナーとして強くなることで自分という存在をみんなに認めてもらうんだ』とまだ少し反発気味な模様。

f:id:hoshi_dachi3:20210109185052j:image

これはどのシリーズのポケモンでも言えることだと思うのですが、主人公『プレイヤーの分身的な立ち位置』であることもあって基本的に選択肢以外の意思が描写されていない関係上、ストーリー内で『悩みと葛藤を繰り返して成長していく姿』を見せるのはライバルが担当していますよね。

 

これで次にチェレンと会うのはハチクとのジム戦を終えた後かな……と思いきや、ネジ山に入ってすぐの場所ですんなり再会します。

f:id:hoshi_dachi3:20210109190737j:image

ネジ山の視察中だったヤーコンもいます。

ちなみに、フキヨセのジムバッジを取る前にネジ山に行った際に入口を塞いでいた作業員はヤーコンの部下だったりします。

 

ネジ山を進むとプラズマ団のしたっぱから『強大な力に通ずる何かを手に入れた』ということが伺えます。

f:id:hoshi_dachi3:20210110154607j:image

この後したっぱは去り、チェレン『チャンピオンに言われたこと、強くなって何をしたいのか、そもそも誰のために強くなるのか』を少し考えたいからしばらくここに残ると言います。

 

ネジ山を出るとセッカシティで、出口のすぐそばにアララギ博士がいました。

f:id:hoshi_dachi3:20210110154940j:image

ここも選択肢で反応が微妙に変わるところです。

▶️はい

f:id:hoshi_dachi3:20210110155146j:image

▶️いいえ

f:id:hoshi_dachi3:20210110155159j:image

この後博士から得られるリュウラセンの塔についての情報は下記の通りです。

イッシュ地方で最も古い建造物といわれている。

伝説のポケモンが生まれた場所とも眠る場所とも伝わっている。

セッカシティを抜けた先にある。

詳しいことは何一つわかっていない、というのも塔の中に入った人間がいないため。

 

上記の情報を伝えるとアララギ博士リュウラセンの塔の見学に行くため去っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210110165215j:image

また、この街にいるNPCの数名からは伝説のポケモンについての話が聞けるのですが、全てブラックではゼクロムホワイトではレシラムに関するものとなっております。

▼男性NPC

『伝説のポケモン理想真実)を求める英雄を助ける。そして、肉体が滅ぶとダークストーンライトストーン)となり新たな英雄の誕生を待つという……そんな話を小さいときに聞いたことがあるよ』

▼女性NPC

『伝説のポケモンゼクロムレシラム)は英雄に知識を与え、敵対者に稲光火柱)で刃向かう。その英雄とポケモンの親子のような姿に心酔した多くの民は一致団結し、建国し、昔のイッシュは発展した……そう言われているのよ』

 

ちなみに、別のNPCからはリュウラセンの塔に関する話も聞けます。

▼男性NPC

理想真実が交じり合い出来たとされるリュウラセンの塔……。数千年も昔よりあそこにそびえ、ワシらを見守っておる……。本当かどうか知らんがな』

▼女性NPC

『風雪にさらされても変わらずそびえる塔……。その存在は人に何を伝えるのでしょう』

 

セッカジムには特に何の前イベントをこなさなくても挑戦出来たので、真っ直ぐハチクの元へ伺います。

ギミックは『スイッチを押しながら方向転換ボードの向きを調節しつつ氷の床を進む』です。

f:id:hoshi_dachi3:20210110165158j:image

シッポウジムの頃からかくとうタイプポケモンを連れてきているので、ここはかなり攻略が楽に感じました。

 

f:id:hoshi_dachi3:20210110165418j:image

勝利後、ジムバッジとわざマシンも贈呈されてから話しかけた際に聞ける『いくら戦えど強さとは何か分からない。だが君なら何か答えを見つけるかもな』という言葉がチェレンの考え事も相まって刺さりましたね……。

 

ジムを出ると幼馴染の二人が揃っています。

f:id:hoshi_dachi3:20210110165643j:image

『何をしたいのか、何をすべきか考えようと自分と向き合ったら何も無いように思えた』『自分は本当に強くなったのか、ポケモンが強くなっただけなのかよく分からなくなった』チェレンは考えすぎて迷走してしまった模様。

 

f:id:hoshi_dachi3:20210110165854j:image

一方、ベルはというと『だいすきクラブに行って自分のやりたいこと、自分に出来そうなことを探す』とのこと。彼女も未だ悩みの最中にいるようです。

 

すると、ジムの中からどこか殺気のある様子のハチクが出てきます。

f:id:hoshi_dachi3:20210110170018j:image

ハチクチェレンベルの二人ではなく違う誰かの気配に気付いていたため上記のような様子となっていました。

 

姿を見せない怪しい気配……といえばダークトリニティです。

ハチクに気配を察知された三人は姿を現し、『主人公だけに伝える予定だった』という用件を話し始めます。

f:id:hoshi_dachi3:20210110170338j:image

三人主人公に伝えたかったのはゲーチスからの伝言で、リュウラセンの塔に来い、そこでNがお前を待っている』という内容でした。

 

その後三人は去り、ハチクチェレンは即座にリュウラセンの塔へ向かいます。

ベルは少し迷っているようだが『あたしもとりあえず行くべきだよね?』という様子。

 

主人公もリュウラセンの塔へ向かうため街を北上するとアララギがいます。

ちなみに、ここでのベルの呼び止めは男女どちらでも同じでした。

f:id:hoshi_dachi3:20210110171541j:image

アララギ曰くプラズマ団壁をぶち抜いて塔の中に侵入し、ハチクとチェレンプラズマ団を追いかけていった』とのことです。

 

ここでベル『そもそもリュウラセンの塔って何?』と聞かれたアララギ『イッシュの国ができる前の太古の昔からそびえ立ち、塔の最上階では伝説のドラゴンポケモン理想真実)を追究する人間が現れるのを待っていた』と伝わっていることを教えてくれました。

そして、まだ子供である主人公たちプラズマ団との荒事に首を突っ込むことをあまり良しとしていないアララギでしたが、ベル『二人は強いから大丈夫』という言葉を受けて考えを改め、主人公に塔を登って様子を見てきてほしいと頼みます。

また、ベル『二人と比べてあまり強くないからここで博士のボディーガードをしたい』と志願したので博士の傍に残ることに。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

……というわけで、今回はここまでです。

次回はリュウラセンの塔から開始します!

 

そろそろイッシュ地方の冒険もクライマックスが近付いてきましたが、果たして年度末までにメインストーリーを完走できるのでしょうか……。

まあ、それが終わったところでED後要素を回収したいシリーズや未消化のシリーズが沢山待ち構えているのであまりのんびりとはしていられないですが……!

 

さて、ここからはオマケの時間です。

まず、年末の仕事納めの日に人が少ない時間帯を狙って映画を観に行ってきました!

f:id:hoshi_dachi3:20210111113643j:plain

f:id:hoshi_dachi3:20210111113657j:plain

とうちゃんザルード冒険キャップを無事に入手完了です!

にしても、まさか映画でも怪しい人物の見分け方に使っている勘が当たるとは……。

 

あと、元日に配布されたKIBOのピカチュウも受け取りました!

f:id:hoshi_dachi3:20210111114852j:image

特別な技を覚えているポケモンは軽率にポケジョブに出すと折角の技が上書きによって消えてしまう恐れがあるので、速攻でレベルアップ技を覚える最後のレベルまで上げに行きましたよね……。こういうとき剣盾はバトルが出来る相手が多くて助かります。

 

ではでは!

| ・∇・)ノシ♪

理想を尋ねて真実を知るイッシュ冒険レポート①

皆さんおはこんばんにちは。

気付けば2020年ももう片手で数えられる日数しか残っていなくて本当に驚いています……!

 

さて、前回の記事で『年内に最低でもあと一回は更新したい』と書いてから結構日が空いてしまいましたが、何とか宣言通り(?)に一つは記事が出来ました!

内容はタイトル通りです!遂にイッシュ地方での冒険が始まります!

これ本当にポケシフター開通を年内→年度末に延ばして正解でしたわ……。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

まずはゲーム開始時お馴染みの挨拶・前口上・主人公の設定タイムです。

アララギ博士とお話します。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215905j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215936j:image

というわけで、前回の記事でも紹介しましたが、改めて主人公たちを紹介します。

 

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201115215924j:image

かつてブラックをプレイしたときと同様に女主人公を選択しました。

この辺りの選択はダイヤモンドでもそうだったのですが、基本的に『かつてプレイしていたソフトはその当時と同じ主人公の性別御三家ポケモンを選ぶ』ようにしています。

名前は安定のデフォ名でトウコちゃんです。

 

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201115215814j:image

ブラックがトウコちゃんスタートなので、こちらでは男主人公を選択。

名前は他のソフトと同様にデフォ名のトウヤくんです。

 

主人公の性別と名前を決めると、本格的にイッシュ地方の冒険が始まります。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215817j:image

 

博士がカノコタウンにある主人公の家に贈り物を届けに行く場面が描かれます。

ちなみに11月に始めたのでゲーム内の季節はです。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215833j:image

個人的に季節変化ギミックはかなり好きだったので第5世代だけで終わったの残念なんですよね……。

 

博士が研究所に戻ると主人公を操作できるようになります。

主人公の部屋に博士からの贈り物が置かれていて、それを主人公とチェレンが見ている場面からスタートです。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215940j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215822j:image

ちなみに、もう一人の幼馴染であるベルは少し遅れて登場します。

 

三人揃ったところでようやく動けるようになるので、一歩を踏み締め、博士からの贈り物を開きます!

f:id:hoshi_dachi3:20201115215826j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215859j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215910j:image

プレゼントボックスの中には手紙と三つのモンスターボールが入っていました。

というわけで、御三家選択の時間です!

 

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201115215829j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215919j:image

上述の通り、かつてプレイしていたときと同じツタージャを選択。

 

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201115220059j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115215928j:image

 

ブラック版と被らないようにするためポカブミジュマルの二択だったのですが、個人的に今後プレイするであろうBW2でメイポカブを当てたかったという理由でミジュマルにしました。

 

三人がそれぞれポケモンを選び終えると、ベルポケモンバトルを申し込まれます。

というわけで、室内でのバトルをチェレンが若干不安視する傍ら、ベルと初めてのバトルです!

f:id:hoshi_dachi3:20201115215914j:image

何気に『主人公が選んだ御三家に不利なタイプを選んだライバル』の先駆者ですよね彼女。

 

バトルが終わるとパワフルなポケモンたちにより部屋がめちゃくちゃになります。

そして、二人のバトルを見ていたチェレン『二人だけバトルを楽しむのはずるくない?』といった具合でポケモンを回復してくれた後にバトルを申し込んできました。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215839j:image

 

f:id:hoshi_dachi3:20201115215836j:image

流れるようにチェレンとの初バトルです。

 

幼馴染二人とバトルを終えると、二人はめちゃくちゃにした部屋の件を主人公の母親に謝罪するため先に一階へ下ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201115215932j:image

丈夫なWiiさん

 

二人を追って主人公が一階に行くと、チェレンベルが主人公の母親に謝罪していものの『後片付けはあたしがやっとく!』と全く怒っていませんでした。

その後、博士にポケモンのお礼を伝えるためチェレン『研究所の前で待ってる』と、ベル『一度家に戻る』と言って主人公の家から去ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201123172948j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123173015j:image

二人が去った後、主人公の母親は主人公のポケモンを回復してくれた後にライブキャスターを渡してくれました。

 

ベルが来ていない状態では研究所に入れないため、先にベルの家に行って彼女の様子を見に行きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123173159j:image

ベルの父親は超が付く程の過保護であるため娘の旅立ちを猛反対しており、そのせいで父娘は揉めてしまったようです。

主人公に親子喧嘩を見られたベルは少し申し訳そうにしながら研究所に向かいました。

 

これで三人揃ったので研究所に入れるのですが、ここを無視して道路に出ようとするとチェレンが止めに来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123173527j:image

 

というわけで研究所にお邪魔します。

f:id:hoshi_dachi3:20201123173904j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123173907j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123173910j:image

博士にプレゼントのお礼を言うと、渡したポケモンと共に旅に出て図鑑を完成させてほしいと頼まれました。これでポケモン図鑑も入手です!

 

その後、博士はポケモンの捕獲方法を教えるので1番道路に来て欲しい』と言い、先に出て行きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123174054j:image

これは恐らく追々登場するアララギ博士の父でしょうね。

どちらもアララギ博士なので地味に区別が難しい父娘です。

 

研究所を出ると主人公の母親がいて、既に博士が娘or息子と幼馴染二人に依頼した内容を把握していた母親は三人にタウンマップを贈ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201123174501j:image

そして、もう一度『部屋の後付けはあたしがやっとくから心配いらない』と言い、二人の親にも事情を話しておくと伝えて三人を送り出してくれました。

 

その後、ベル『最初の一歩は皆で踏み出そう』という案に乗り、三人同時に一歩を踏み締め、1番道路へ向かいます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123175818j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123175821j:image

はいここGOTCHA!(アニメPV版)に出たところです!!!!!!!!

 

1番道路で三人にポケモンの捕まえ方を教えると、博士は『カラクサタウンで待ってる』と言って一足先に次の町へと向かいます。

このときモンスターボールを五個くれました。

f:id:hoshi_dachi3:20201123175916j:image

 

f:id:hoshi_dachi3:20201123182024j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123182027j:image

その後、ベルの提案でカラクサタウンまでの道のりで誰が一番ポケモンを捕獲できるのか競争することに。

 

幼馴染二人は御三家以外に捕獲したポケモンの数が1匹なので、2匹以上捕獲すると競争に勝てます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123182020j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201123182017j:image

捕獲競争が終わると三人に向けて博士から着信が入り、『カラクサタウンのポケモンセンターで待っている』と言われます。

 

というわけで、第二の町ラクサタウンに到着です。

ここで博士をガン無視して2番道路に出ようとするとプラズマ団に止められます。

f:id:hoshi_dachi3:20201123182510j:image

 

ポケモンセンターに行く前に色々と町を探索します。

博識なチェレンは既にポケモンセンターのことを知っているようです。

f:id:hoshi_dachi3:20201123183019j:image

個人的に印象に残ったイッシュ地方のお話(byカラクサ民家の少年)

『世界を導く英雄の元、そのポケモン姿を表し英雄の助けとなる……』

 

さて、ポケモンセンターの前にいる博士に話しかけると施設の中の説明が始まります。

第5世代以降はORASやLPLEのような過去作リメイクを除いて)ポケモンセンターの中にフレンドリィショップが併設されている形となっているのでかなり楽です。

f:id:hoshi_dachi3:20201123183200j:image

回復→PC→ショップの順で説明すると博士は『サンヨウシティに着いたら発明家のマコモに会いなさい』と言ってカノコタウンに戻ります。

 

そして、ポケモンセンターを出ると出ーチスプラズマ団の演説が始まります。

f:id:hoshi_dachi3:20201129104513j:image

よく見ると、この時点で観客の中にNが混ざってるんですね。

 

ポケモン解放を訴える演説が終わり、観客が捌けるとそのNが主人公に話しかけてきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129104719j:image

ここでチェレン『随分早口なんだね』と言っている通り、Nの文字送りスピードは設定を『はやい』にしているときの文字送り以上に早く流れるよう設定されています。

 

そして流れるように最初のN戦へ。

f:id:hoshi_dachi3:20201129104958j:image

初戦終了後の『そんなことを言うポケモンがいるのか……!?』という台詞は終盤になってその意味が分かるのでしっかり覚えておきましょう・

 

バトルが終わるとNは去ります。チェレンも主人公にジム戦を話を振った上でサンヨウシティへ向かうのでここで一旦お別れです。

f:id:hoshi_dachi3:20201129105231j:image

 

主人公もサンヨウシティに向かうため2番道路に出ると、母親から着信の後に本人が現れてランニングシューズを渡されます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129105548j:image

どうやら、めちゃくちゃになった部屋を片付けていたら出てきたそうです。

これでようやく走れるようになりました!

 

そして、サンヨウシティの直前でベルに呼び止められます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129111705j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129111702j:image

ここの呼び止め方が主人公の性別で微妙に違うんですよね。

女の子同士の方が何処となく距離感詰まってる感じがします。

 

その流れで二度目のベル戦に。

f:id:hoshi_dachi3:20201129111708j:image

 

 

ベルとのバトルが終わるとサンヨウシティに入れます。

しかし、肝心のジムはジムリーダーが不在のためまだ挑戦出来ません。

f:id:hoshi_dachi3:20201129112113j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129112940j:image

また、この時点ではマコモにも会うことが出来ません。

 

このままジムリーダーを探してトレーナズスクールに直行しても構わないのですが、夢の跡地にいる女の子から最初に選んだ御三家に不利なタイプ(選んだ御三家の有利タイプに効果抜群を取れるタイプ)ポケモンを貰えるので、こちらを先に入手しておきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129114519j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129114516j:image

 

寄り道も終わったのでトレーナズスクールに向かいます。

しかし、チェレンはいるものの肝心のジムリーダーがいません。

f:id:hoshi_dachi3:20201129115045j:image

チェレン曰く『先程までジムリーダーと状態異常について話していた』とのことなので、入れ違いになったということでしょうね。

 

スクールで学んだ成果を試したいということで、二度目のチェレン戦に突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20201129115027j:image

このバトルが終わるとチェレンはオレンのみをくれます。

 

そして、スクールの外に出るとジムの入口にデントがいるので、話しかけることでようやくジム戦が解禁!

f:id:hoshi_dachi3:20201129115636j:image

というわけで、サンヨウジムに挑みます!

ジムギミックは『カーテンに描かれたタイプに有利なタイプの床スイッチを押す』という単純なものです。

 

二人のジムトレーナー戦と三問のギミックを解くとジムリーダーの前に到着します。

f:id:hoshi_dachi3:20201129132620j:image

サンヨウジムは選んだ御三家によって三人のうち誰と戦うのかが変わります。

 

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201129132704j:image

くさタイプツタージャを選んだので、相手はほのおタイプの使い手のポッドです。

 

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201129132725j:image

みずタイプミジュマルを選んだので、相手はくさタイプの使い手デントです。

 

ジム戦に勝利すると、毎回恒例のジムバッジわざマシンを入手できます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129133448j:image

第5世代からわざマシンが使い切りではなく永続になります。

これ以降、使い切りのわざマシンは剣盾のわざレコードまで登場しないんですよね。

 

ジムを出るとようやく会うことができたマコモに話しかけられ、彼女の研究室までオート移動となります。

f:id:hoshi_dachi3:20201129133444j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129133451j:image

そして、今やすっかり懐かしい存在となってしまったひでんマシンを貰えます。

 

続いてマコモ『夢の跡地にいるムンナからゆめのけむりを採取してほしい』と頼まれるので再び夢の跡地に向かうことに。

f:id:hoshi_dachi3:20201129133454j:image

ちなみに、奥にいる少女はマコモの妹でボックス管理人のショウロです。

 

夢の跡地にある木をいあいぎりで切り、奥に進もうとするとベルが現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129134115j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129135009j:image

ポケモンの鳴き声を聞きつけ奥に進むと、ムンナを蹴りつけるプラズマ団のしたっぱに遭遇します。

 

そして、初めてのプラズマ団したっぱ戦へ。

f:id:hoshi_dachi3:20201129135040j:image

実際は男したっぱ→女したっぱの連戦となります。

 

連戦が終わっても、したっぱはムンナを蹴ることを止めません。

f:id:hoshi_dachi3:20201129142013j:image

 

そのとき、ゲーチスが増えたり瞬間移動したりする謎現象が起きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129142120j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129142110j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129142104j:image

さり気なくとんでもないことを暴露されている件。

 

そして、ゲーチスの謎現象に恐れ戦いたしたっぱが逃げたのと入れ替わるようにムシャーナが現れます。

f:id:hoshi_dachi3:20201129142113j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129142107j:image

その後、ムシャーナムンナと入れ違いになる形でマコモが現れ、先程の謎現象ゲーチスムシャーナの能力で見せた夢幻であったことが説明されました。

 

ムシャーナムンナが去った場所にはゆめのけむりが残されており、これを持ち帰ったマコモは研究室へ戻ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201129142117j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129142100j:image

ベルはムンナを探すためしばらく夢の跡地に残るそうなので、主人公は先にマコモの研究室に向かいます。

 

ここでマコモからはCギア、ショウロからはともだちてちょうが貰えました。

f:id:hoshi_dachi3:20201129143427j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129143457j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129143536j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201129143551j:image

これでようやく下画面が埋まります。

また、ポケモンセンター二階の通信ルームも使用が解禁されました。

とはいえ、WiFiコネクションはとうの昔にサ終してるのでユニオンルームしか使えないのですが。

 

これにてサンヨウシティでやれることは終わったので、次のジムがあるシッポウシティを目指します。

3番道路を進んでいるとチェレンに呼び止められ、三度目のチェレン戦に。

f:id:hoshi_dachi3:20201206155211j:image

 

 

バトルが終わると猛スピードでプラズマ団が横切り、遅れてベルと女の子が登場します。

f:id:hoshi_dachi3:20201206155721j:image

女の子のポケモンを奪ったしたっぱを追いかけるため、主人公とチェレン地下水脈の穴へ。

 

 

地下水脈の穴ではプラズマ団のしたっぱとのシングルバトル→タッグバトルが続きます。

f:id:hoshi_dachi3:20201206162205j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206162305j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206162321j:image

タッグバトルに勝つとしたっぱは退場し、チェレンは女の子にポケモンを返すため一足先に彼女とベルが待つ場所へ戻ります。

遅れて主人公が3番道路に戻ると女の子からお礼にヒールボールが貰え、ベルは女の子に付き添うためここでお別れ。

 

これで3番道路の下側の道に進めるようになるので、途中でチェレンから濃い草むらについての説明(野生のポケモンが二匹同時に飛び出してくることがある)を受け、しばらく歩くとシッポウシティに着きました!

f:id:hoshi_dachi3:20201206165508j:image

チェレンポケモンセンターの場所とこの街のジムリーダー・アロエが使うタイプを教えてくれた後にカゴのみをくれます。

 

ジム兼博物館に入ろうとするとNが再び登場。

f:id:hoshi_dachi3:20201213145630j:image

二度目のN戦です。ちなみに、Nの手持ちは毎回変わるので前回のバトルから続投しているポケモンはいません。

 

バトルが終わるとNは対になるパケ伝のポケモンとトモダチになると言い残して退場します。

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201213150407j:image

 

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201213150420j:image

 

これで博物館に入れるようになるので、キダチ(副館長でアロエの夫)の案内を受けます。

展示物は基本的にどちらのバージョンでも同じなのですが、キダチが『砂漠で見つかった、古いというだけで他は特に何も無いけど綺麗だから展示している石』のみバージョンで異なります。

ブラック

f:id:hoshi_dachi3:20201213150848j:image

ホワイト

f:id:hoshi_dachi3:20201213150859j:image

 

後のライトストーン/ダークストーンですねわかりまs(ry

 

ジムは二階にあるのでいざ挑戦!

ギミックは『ヒントのメモを頼りに指定の本を探す』というものです。

f:id:hoshi_dachi3:20201213153411j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201213153414j:image

 

勝利後、ジムバッジとわざマシンが貰えます。

f:id:hoshi_dachi3:20201213153513j:image

その直後、キダチが駆け込んできてプラズマ団が展示物のホネを奪いに来た』という旨を聞かされます。

 

夫婦の後を追い掛け、主人公も博物館の方に戻ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201213154453j:image

これはかなり的を得ていると思った女の子の台詞

 

すると、プラズマ団は堂々と夫婦の前で『えんまく』を焚き、展示物のホネを強奪してしました!

f:id:hoshi_dachi3:20201213155218j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201213155643j:image

ジムの外に出るとヒウンジムのジムリーダー・アーティ、幼馴染二人が次々と現れるので、アロエチェレンベルには博物館の守護を、主人公アーティには泥棒探しを任せて自身は3番道路側のゲートの監視に向かいます。

また、このタイミングでベルからマコモから預かった』というダウジングマシンを渡されました。

 

プラズマ団ヤグルマの森にいるので、こちらを追いかけていきましょう。

また、この森にはNPCトレーナーとしてポケモンレンジャーがいるのですが、BWのポケモンレンジャー戦闘後にきのみをくれる仕様となっています。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153337j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201220153320j:image

イッシュでレンジャーベースを置いてそうな街といえばヒウンシティですかね?

それに加えてあと2~3箇所ぐらいイッシュ地方にレンジャーベースがありそうです。

(※私は本編世界にもゲーム内に描写されていないだけで外伝と同様レンジャーベースが存在していると思っています。じゃないとNPCの職業にわざわざポケモンレンジャーが出てくる理由やマナフィのタマゴを通じて本編とポケレンシリーズが繋がっている理由が謎になってしまうので……。)

 

個人的に好きなNPCレンジャーさんの台詞です。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153334j:image

BWはポケモンと人間の共存』がテーマなのもあり、随所にポケモンが傍にいることの良さ』を語る人が多い印象です。

 

こちらはキャプチャ絡みでハッとした話。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153340j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201220153344j:image

ポケモンと心で会話する』ための媒介が恐らくキャプチャ・スタイラーってことなんでしょうね。

 

それからもなんやかんやで最後のしたっぱを追い詰め、ようやく盗んだホネを返してくれることになりました。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153330j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201220153316j:image

 

すると、七賢人のアスラが登場し、意味深なことを言い残して引き上げていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201220153323j:image

プラズマ団が退場後、アーティは主人公に『ヒウンジムで待ってる』と言い、アロエはホネ奪還のお礼につきのいしをくれてそれぞれの街へと戻っていきます。

 

これでヒウンシティに行けるようになったので、ヤグルマの森を抜けてスカイアローブリッジへ!

f:id:hoshi_dachi3:20201220153921j:image

 

爽快な橋を駆け抜けるとイッシュ地方一の大都会・ヒウンシティが待っています!

f:id:hoshi_dachi3:20201220172838j:image

残念ながらここまで進行したとき現実の月が11月から12月に変わっていたのでゲーム内の季節もからに変わってしまいヒウンアイスが買えなかったんですけどね!!!

週末にしかゲームを進められていなかったのが原因では

 

色々街を探索した後にジムを訪ねると、闇深い言葉を残してチェレンが去っていきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201226160740j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226160751j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226160757j:image

ライバルが『チャンピオンになる!』と意気込むのは他の地方でもよくあることなのですが、チェレンの場合そこに生の意味を見出そとしているのがね……。

 

その後、アーティが『プライムピアにプラズマ団が出た』と言って様子を見に行ってしまったので、まだジム戦には挑めなさそうです。

f:id:hoshi_dachi3:20201226160714j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201220174219j:image

主人公もアーティの後を追いかけプライムピアに向かうとベルアイリスがおり、ベルムンナプラズマ団に盗られたということが判明します。

 

幼馴染のポケモンをパクった不届き者のプラズマ団ジムの前のビルにいるので、敵討ちも兼ねてキツめに倒しておきましょう。

その後、ビルの入り口を塞いでいたしたっぱたちがビルの中へ引き返していくので、主人公たちも後を追って中に突入します。

f:id:hoshi_dachi3:20201220174232j:image

Nがトモダチになろうとしているドラゴンの話を聞かされたり、ゲーチスが友情を語ったりするのを聞き届けるとムンナベルの元に帰ってきます。

ここでプラズマ団一行は『真のアジトなら既に別の場所にある』と言い『けむりだま』を残して去っていくのですが、ムンナの奪還には成功したので一先ず問題は解決。

 

ベルアイリスは街巡りへ、アーティはジムに戻ったのでここでようやくヒウンジムに挑めるようになります。

ジムのギミックは『ミツの壁を抜け、床のスイッチを押しながら道を拓く』というものです。

f:id:hoshi_dachi3:20201226163211j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226163223j:image

ジムバッジ獲得。

ちなみに、ヒウンシティNPCダンサーのチーム結成サブイベントをクリアしていると『おまもりこばん』が貰えるため、ここから得られる賞金の金額が増やせます。

 

ジム戦に勝利し、ジムを出るとベルから着信が来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201226164043j:image

4番道路側のゲートで待っているとのことです。

アイリスに鍛えてもらったこともあり、自分のポケモンを自分の力で守れるくらいの力はついたという幼馴染のお願いに応えましょう。

 

ゲートに入るとベルと3度目のバトルになります。

f:id:hoshi_dachi3:20201226164342j:image

初戦の室内戦のこともあって今回ベルはきちんと受付スタッフにゲート内のバトルの可否を尋ねていました。結果は『電光掲示板さえ壊さなければOK』とのことです。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

……ということで、今回はここまでです!

思ったより『イッシュ冒険レポート』の開始に時間がかかってしまいましたが、何とか年内に1回目を始められて良かったです……!

あとは今年度中にメインストーリーを完走し、ポケシフターを開通できるかどうかですが……この辺りは何とか頑張って進めていきたいです。

 

ここからはオマケです。

まずはFGO5.5章を無事に完走しました!

f:id:hoshi_dachi3:20201226173446p:image

平安京PUで金時を呼べなかったのが物凄く悔しい!

多分これもエドっさんのせい

 

続いてゲッチャレの進捗です!

なんとかマーシャドーを貰えるまではポイントを稼げました!

f:id:hoshi_dachi3:20201226171813j:image

実はキミきめは劇場に観に行ってたんですけど、その当時まだUSUMどころが3DSを持っていなくて入手出来なかったんですよね。

なので、数年越しのリベンジ達成?成功です!

 

最後に、3か月経ったのでミリシタで9月にあった連勤イベントの衣装が交換できるようになりました!

f:id:hoshi_dachi3:20201226173540p:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226173512p:image

f:id:hoshi_dachi3:20201226173524p:image

やはり衣装まで揃えた完全版MVは良い……!

 

それでは、オマケもここまでとして……恐らくこれが年内最後の更新となるので、この言葉で締め括らせていただきます。

 

皆さん、よいお年を!

| ・∇・)ノシ♪

キズストくん涙の閉校式〜近況報告を添えて〜

皆さんおはこんばんにちは。

色々あった2020年ももう今月で終わりなんですね。

そう考えると早かったような……とにかく、驚くばかりです。

 

さて、今回の記事は11月下旬~12月上旬にかけての諸々の振り返り回です。

今回はカテゴリーが凄いことになっていますが、その分振り返りも多いです。

 

それでは色々と振り返っていきましょう!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

①【ありがとう、そしてさようならキズストくん……!】

皆さんは以前こちらの記事で触れたキズストくんことキズナストライカー!のことを覚えておりますでしょうか。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

上記の記事で述べた通り、こちらのアプリは2020年12月7日14時を以てサービスが終了しました。

f:id:hoshi_dachi3:20201207183441j:image

 

最後のログインボーナスはユウキくん。

これに元々残っていた分を合わせると20連分のSスターが手元にあったので、曜日ガチャとスペシャルガチャを10連ずつ回してガチャ納めとしました。

f:id:hoshi_dachi3:20201207070831j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201207142335j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201207142344j:image

『監督さんのバカバカバカ〜!』が色んな意味で突き刺さる……。

 

さて、アプリに関する思い出も一監督としての私の想いも上記の記事で述べたのですが、閉校日を迎えたということで今一度、もう少しだけキズストくんについてお話していこうかと思います。

 

まず、ゲーム内アイテムに関してはどうにかして揃えることが出来ました。

f:id:hoshi_dachi3:20201206081847j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206081851j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206081854j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201206081845j:image

 

最推しの夜宵リョウくんに関しては全衣装のレベルマも達成しています。

f:id:hoshi_dachi3:20201206081908j:image

 

しかし、残念なことにゲーム内称号のコンプリートは出来なかったんですよね……。

f:id:hoshi_dachi3:20201206081935j:image

流石に全衣装のプラチナ称号を取るのは厳しかった……。

 

監督レベルも上限(200)に到達することは出来なかったので、やり残しが多少あるまま閉校を迎えてしまったことは凄く悔しいです。

f:id:hoshi_dachi3:20201207070758j:image

 

また、ゲーム内には未開放のまま終わってしまったキズナシナリオもありますし、公式ブログの話では開催出来なかったクリスマスイベントもあったそうですし、悔しい点は他にもあります。

(未開放シナリオをまとめたシナリオ本とかオフライン版アプリが出てきてくれたら嬉しいのですが、恐らく望み薄でしょうね……。)

 

ですが、それ以上に楽しい思い出をキズストくんには貰ったので本当に感謝しかありません!

f:id:hoshi_dachi3:20201206081801j:plain

本当に本当にありがとうございました!キズナストライカー!』!!!

 

最後に。

f:id:hoshi_dachi3:20201207142750j:image

花ちゃんのまた会う日までを信じて待っています。

一監督として、皆とのキズナが紡いだ思い出を胸に抱きながら。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

……さて!

ここからは一転、近況報告パートとなります!

別れがあれば出会いもある!近況報告では様々な『出会い』を中心にお送りしていきますよ!!

 

②【VS徘徊伝説inシンオウ

まずはこの記事以降のDPPtの話です。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

まず、DPではエムリットマスターボールを費やし捕獲致しました。

f:id:hoshi_dachi3:20201126210555j:image

 

ただ、PtDPより徘徊ポケモンの数が多いのでマスターボールの使用は保留としています。

f:id:hoshi_dachi3:20201126210610j:image

出来たらクレセリアに使いたいところですが、なかなか上手く遭遇出来ないんですよね……。

 

そして、マスターボールを使えるのは1回だけなので、こちらでも捕獲要員エルレイドさんを用意することにしました。

f:id:hoshi_dachi3:20201126215818j:image

『くろいまなざし』は丁度パールに♂のムウマがいたのでそちらから遺伝、♀のラルトスプラチナで野生出現する個体を捕獲しました。

そこから♂のラルトスのタマゴを孵化させ、『さいみんじゅつ』を覚えるレベルまでラルトスを進化させずに育て、その後エルレイドが『みねうち』を覚えるレベルに合わせてラルトスキルリアと進化させていき……最後に『かげぶんしん』で埋めている枠を『でんじは』に出来たら完璧なのですが、DPPt(とHGSS『でんじは』わざマシンを入手するにはBPが必要なのでこれはもう少し先になりそうです。

 

エルレイドVS徘徊伝説のその後についてはまた『シンオウ冒険レポート』シリーズで発表出来たらと思います!

 

あと、タマゴといえばパルパークで受け取ったメタモンの力を借りてフィオネを孵すことが出来ました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126210619j:image

これでマナフィフィオネをHOMEまで送ることが出来たら図鑑完成に近付けます……!

 

③【ダイマックスアドベンチャー完走!】

続けてのお話です。

サブタイトル通り、ダイマックスアドベンチャーで捕獲できる伝説のポケモンを全て捕獲することに成功しました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126205801j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126205804j:image

画像はソードですが、シールドでも勿論揃っています。

というよりずっとセルフ協力プレイでアドベンチャーを巡ってました。

 

ちなみに、一番最後に捕獲したのはパルキアでした。

これがなかなかHPを削れなくて、リアルパルキアのバカヤロー!!』案件と化しましたね……。

f:id:hoshi_dachi3:20201126210048j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126210110j:image

さみしがりのみえっぱりで思わずふふってなった。

 

また、ソードだけなんですが、幸運なことにカプ・テテフ色違いだったんです!

f:id:hoshi_dachi3:20201126210020j:image

 

通常のポケモンなら何度か色違いに遭遇していて、それらは全て伝説のポケモンを持ち帰るために泣く泣く見送っていたのですが、

【⚔️で遭遇した色違いポケモン

f:id:hoshi_dachi3:20201126214748j:image

 

【🛡で遭遇した色違いポケモン

f:id:hoshi_dachi3:20201126205916j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126215828j:image

まさか伝説のポケモン色違いにまで遭遇できるとは思っていなかったので吃驚仰天です……!

あと、最初に色違いのポケモンに遭遇したときに気付いたんですが、同じホストでアドベンチャーを巡っても色違いの判定は別々に行われているんですね。

 

④【宣言通りBW始めました!】

お次はサブタイトル通りです。

上記のシンオウ冒険レポートで触れた通り、次にプレイすると宣言していたBWを始めました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126210424j:image

近いうちに『イッシュ冒険レポート』シリーズを始めた際に改めてお話すると思いますが、ブラック版が主人公トウコ・御三家ツタージャホワイト版が主人公トウヤ・御三家ミジュマルでスタートしました。

現在も少しずつストーリーを進めており、ヒウンジムからバッジを貰った辺りまで到達したら『イッシュ冒険レポート』シリーズで諸々を振り返っていきたいと考えております。

なので、もうしばらくお待ちください!

 

⑤【祝!GOとHOMEの連携開始!】

そしてこちらは念願の!GO⇒HOMEの連携開始についてです!!

装飾付き、キラキラ、リトレーンといったGO固有の個体はGOの方に残し、それ以外の転送可能なポケモンはほぼ全てHOMEの方に送りました。

 

GO側のトレーナーレベルの上限の都合で少し遅れての機能解禁となりましたが、無事にHOMEへの転送を完了させ、キョダイマックス個体のメルメタルを入手。

f:id:hoshi_dachi3:20201126225852j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126225849j:image

 

こちらをswitch版のHOMEからに送り、バトルでダイマックスさせることでキョダイマックスの姿の図鑑登録を完了させました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126214800j:image

ちなみに、連携記念キャンペーンに合わせてGOで開催された色違いメルタン捕獲チャレンジは失敗に終わりました。無念!

 

⑥【幻のポケモンゲットチャレンジ開始!】

あと、幻のポケモンといえば少し前に始まった幻のポケモンゲットチャレンジがありますよね。

こちらもポケモンセンターでぬいぐるみやマスコットを買ったり、ポケストップ自販機で麦茶を買ったりして少しずつポイントを集めております。

 

今のところ入手できた幻のポケモン1ポイントで入手できるゲノセクト

f:id:hoshi_dachi3:20201126214857j:image

 

13ポイントで入手できるボルケニオンの二匹となっており、

f:id:hoshi_dachi3:20201128172937j:image

23ポイントで入手できるマーシャドーはまだゲット出来ていないのですが、こちらは『薄明の翼』のDVDプレゼントが始まったタイミング(つまり12月25日以降)ポケモンセンターで色々買うことで残りのポイントを集めようかなと考えていることです。

 

それはそれとして『薄明の翼』は普通に売って欲しかったんですけどね!!!!!!!!!!

 

⑦【ようやくガラル勢が来たポケマスくん】

その前に、19シーズンメイの復刻に勝てました!

f:id:hoshi_dachi3:20201126210724j:image

実装当時はまだそこまで女主人公のコンプに本気じゃなかったので見送ってたんですよね……。無事に入手できてよかったです。

なお、後述する他のガチャに関してはとことん八つエド案件に見舞われた模様。

 

そして、本題はこちらです!

ゲームそのものの発売日と鎧の孤島の配信日はログボ+既存キャラに関連話をさせるだけで済まし、冠の雪原に至ってはログボすらなかったポケマスくんがようやくガラル勢のバディーズを実装してくれました!!!

ぶっちゃけ遅すぎる気はしなくもないんですが、その辺りは恐らく『ゲーム本編の展開が落ち着かない限りパシオに来れない』という事情でもあったのでしょう。

 

さて、まさかのザシアンを引き連れフェス限実装という破格の扱い(ガラルの主人公は最終的にチャンピオンになるのでフェス限実装でも問題は無いと思うのですが)で実装されたポケマス時空ユウリちゃんですが、こちらのバディーズサーチに挑んだところ……

f:id:hoshi_dachi3:20201130154617j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201130154627j:image

……特に推してる女主人公に限って天井するのナンデナンデ!?!?!?

※うp主はコンプ狙ってたりするほどの女主推しなのですが、その中でも特に好きなのがトウコちゃんとユウリちゃんだったりします。ちなみにトウコちゃんを天井したときの話はこちら。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

 

……もしかしてミュウツー様、エドっさんの転送先をパシオに設定してたりしません?

(※光の軌跡のメインストーリーはエドワードの行方に関しては不明なまま完結しています)

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

 

⑧【悪魔堕天使に財布むしり取られた話】

で、パシオに飛ばされたかもしれないエドっさん(と書いて物欲センサーと読む)がしつこく顔を出すのがこちらの765プロ劇場ことミリシタです。

f:id:hoshi_dachi3:20201126210331p:image

f:id:hoshi_dachi3:20201126210325p:image

天井して間もないところにエミリー限定まで来るのナンデナンデ!?!?!?

ナンデナンデ言いたいだけだろ

 

天井のくだりはこちらを参照ください。

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

まあエミリーが次にSSR来るならほぼ確実に限定だろうと踏んでいましたし!?こちらはギリギリ天井免れましたし!?(※但し折り返しは通過済)致命傷で済みましたけど!?

f:id:hoshi_dachi3:20201126210319p:image

お願いだからもうずっとミュウツー様のなぞのばしょに幽閉されててくれエドっさん!!!!

 

というかここまで八つ当たりエドっさん案件を引き摺るとは思っていませんでした。

頭文字が一緒光の軌跡のプレイ期間お仕事ガールズガチャが被ってた合体事故なだけだったはずがナンデナンデ……?
hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

⑨【最近のFGO

序盤あまり触ってる時間無くてマジで間に合わないかもって焦って林檎かじりながら4.5章相当のイベントを駆け抜けた矢先に5.5章の実装予告が来て焦ったマスターです。

 

f:id:hoshi_dachi3:20201126211059p:image

ちなみにノーチラスイベのPUは半分だけ仕事してくれました。

星5の単体ライダーは初めてなので嬉しい!

 

5.5章3.5章(大奥)や4.5章(ノーチラス)と異なりメインストーリーの一つとして常設してくれたのが救いです。

f:id:hoshi_dachi3:20201205143511p:image

ただ、基本的に某神のごとく『コンティニューしてでもクリアする』精神のマスターなので、なるべく配布されたコンティニューアイテムが使用可能な期間中に完走したいですね……。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

とまあ、こんな感じの振り返りで今回は終了です!

FGO5.5章をやりつつBWメインストーリーも進めていくので年内に『イッシュ冒険レポート』が始められるのかは微妙なところですが、ゲッチャレマーシャドーの件があるので少なくとももう一記事くらいは今年中に更新したいと思っております。

 

なので、今回はいつもと変わらぬ締め括りとしましょう。

ではでは!

| ・∇・)ノシ♪

懐かしと初めてのシンオウ冒険レポート⑥

皆さんおはこんばんにちは。

 

本日はポケモン剣盾発売1周年記念日ですね!

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

この11月半ばは本編タイトル(剣盾→ピカブイ→USUM→SM)の発売記念日が連続しているので、めでたいこと尽くしな気がします!

それとはまた別で、月日の経過の早さに驚かされるのですが。

そして一年前の記事で書いた予定通りに全く進んでいないという。

 

さて!今回お送りするのは『シンオウ冒険レポート』の続きとなります。

ここからはED後要素をひたすら回収していく……のですが、今回で全てのED後要素は回収していません!!

 

理由は文末に今後の予定も合わせて述べますので、ひとまずED後のシンオウ地方にゴー!です!!

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

まずはED後要素をフルで回収するため、シンオウ図鑑『見つけた数』の完成を目指します。

未回収要素のヒントはマサゴタウンの研究所前にいる助手から貰えるので、最初に話しかけたときに出てくるカンナギタウンの長老が主人公に見せたいものがある』という言葉に従い、カンナギタウンへ向かいましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20201114145332j:image

 

すると、DPでは登場しない方のパケ伝の情報が得られます。

ダイヤモンドの場合】

f:id:hoshi_dachi3:20201114145328j:image

 

パールの場合】

f:id:hoshi_dachi3:20201114145313j:image

 

Ptではこんごうだまを持っていたらディアルガが、しらたまを持っていたらパルキアが出てくるよという話を聞くことができ、

f:id:hoshi_dachi3:20201114145324j:image

 

長老の言う通りテンガン山で入手出来るこんごうだま

f:id:hoshi_dachi3:20201115122616j:image

 

しらたまを携えて、

f:id:hoshi_dachi3:20201115122624j:image

 

やりのはしらへ行くと、ディアルガパルキアの捕獲に挑めます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122627j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115122620j:image

ちなみに、両方の玉を所持している状態だとディアルガとの戦闘準備が優先されました。

 

の二匹はこれで終了。

空いていたアンノーンはズイの遺跡で出てきた個体をサクッと捕獲して埋めたので、お次は湖のポケモンたちです。

 

まずは感情の神・エムリットから。

とはいえエムリットは俗に言う『徘徊ポケモンの一種なので、『見つけたポケモンとして登録されるとすぐにシンオウ地方を飛び回り始めます。

f:id:hoshi_dachi3:20201114145336j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114145339j:image

エムリットが徘徊を始めた直後、ナナカマド博士が現れ『徘徊ポケモンマーキングマップがあれば居場所が確認できる』と教えてくれるのですが、肝心のマーキングマップを貰い忘れていたので回収しに行きました。

 

f:id:hoshi_dachi3:20201114145317j:image

素でバッジ入手個数に応じて貰えるポケッチアプリの受け取りを忘れておりました。

 

続いて知識の神・ユクシーです。

ユクシーは徘徊しないタイプのポケモンなので、この場でそのまま捕獲チャレンジに移項します。

f:id:hoshi_dachi3:20201114145321j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114145944j:image

こちらもn年前のリベンジ達成。

伝ポケを倒さずにきちんと捕獲できるようになったことに進歩を感じる。

 

湖のポケモン最後は意志の神・アグノムですが、アグノムに関してはDPでは下記の記事で触れた通り既に捕獲済みなので、

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

やり残していたPtでのみ捕獲チャレンジです。

f:id:hoshi_dachi3:20201114150205j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114153531j:image

エムリットの捕獲はまだ残っているものの、これで『見つけた数』に湖のポケモンを追加出来たのでここは一旦良しとしましょう。

徘徊ポケモンの捕獲は時間がかかるので後回しです。

 

DPではここでシンオウ図鑑『見つけた数』を全埋めすることに成功しているのですが、Ptではまだ少し埋め残しがあります。

それがハクタイの森にある森の洋館20時以降に出現するロトムです。

f:id:hoshi_dachi3:20201114221150j:image

シン、ダズル、イマチに並ぶホラーNG勢のナタネさんに代わって、森の洋館の調査を行っていきます

但し、調査と言いつつ報告パートは無い。

 

どこからともなく皿が飛んできそうな食事室ですね……。

f:id:hoshi_dachi3:20201114221157j:image

※皿が飛ぶのはオブリビア地方にあるジュゲマの屋敷です。

 

二階の個室が立ち並ぶフロアは……

f:id:hoshi_dachi3:20201114223004j:image

な ん か い る

幽霊少女がいる場所で拾えるわざマシン『みがわり』だったのも不穏な件。

 

ロトムが登場するのは左から二番目にある部屋のテレビです。

f:id:hoshi_dachi3:20201114223021j:image

 

テレビを調べて叩くとロトムが出てきます。

f:id:hoshi_dachi3:20201114223039j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114223104j:image

ロトム自体は図鑑スマホのお陰で全然怖くないという。

 

ちなみに、DPでは全国図鑑入手後ロトム捕獲チャレンジが可能となります。

f:id:hoshi_dachi3:20201114223132j:image

 

ここまで来ると3タイトルのシンオウ図鑑『見つけた数』が全て埋まったので、まずは助手に確認してもらいます。

f:id:hoshi_dachi3:20201114152128j:image

 

助手に完成を確認してもらったところで、コウキもしくはヒカリの言う通りナナカマド博士シンオウ図鑑を見せに行きましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20201114152810j:image

 

シンオウ図鑑の完成報告が終わり、ナナカマド博士からポケトレを貰うと研究所にオーキド博士が現れ、オーキド博士が主人公の図鑑を全国図鑑にアップデートしてくれます。

f:id:hoshi_dachi3:20201114152805j:image

 

そして、全国図鑑が手に入ったことでパルパークが解禁されました。

f:id:hoshi_dachi3:20201114152813j:image

これで中古で購入したGBAソフト(第三世代)からポケモンを輸送できます!!!!!

 

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

そしてやはりここで触れた予定通りにも進んでいないような(ry

 

早速、パルパークを訪れるとオーキド博士に再会します。

f:id:hoshi_dachi3:20201114224045j:image

オーキド博士は主人公にポケッチのアプリを渡し、シンオウ地方での拠点にしているハクタイシティへと去っていきました。

 

という訳で、以前中古で購入したGBAソフト(第三世代)の五作品から輸送対象として選んだ御三家・伝説・幻のポケモン+αを輸送していきます。

ダブルスロットが使える本体(DSLiteでずっとプレイしていたのがパールだけなので、パールを受け入れ先にして諸々の準備を始めましょう。

f:id:hoshi_dachi3:20201114155730j:image

 

輸送対象に選んだポケモンは全てリーフグリーンにまとめておいたので、こちらから六匹選んでパールに送ります。

f:id:hoshi_dachi3:20201114155646j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201114155841j:image

ちなみに、+αの選出は

フィオネのタマゴを作るために必要なメタモンポケトレ使えば捕獲できるけど手間がかかるので)

・嫁ポケのロコン

・御三家と同等ポジションのピカブイ系列(ピカチュウ、ブースター)

・推しポケのチルット

・毎作恒例の大器晩成ポケモン(600族)からボーマンダ

だったりします。

 

ここまで済ませると、後はパルパークで捕獲ショーに参加するだけです。

f:id:hoshi_dachi3:20201114155914j:image

パルパーク内で出現したポケモンにパークボールを投げるとボールに収まってくれるので、これを六匹分繰り返せばOKです。

後はショーで捕獲したポケモンをボックスに入れて貰えば輸送終了となります。

 

これでパルパーク関連は終了です。

第三世代→第四世代の輸送が完了したので、次は第四世代→第五世代の輸送についてですが、それは後述致します。

 

ここからは全国図鑑入手後のイベントです。

DPでミズキからイーブイが貰えるのは全国図鑑入手後でした。

f:id:hoshi_dachi3:20201114225826j:image

Ptですぐに貰えたのはPtシンオウ図鑑にブイズが追加されたからなのでしょうね。

 

続いて、まんげつじまクレセリア徘徊開始イベントです。

ミオシティにある船乗りナミキさんの家に行くと、彼の息子が悪夢に囚われている姿が確認出来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122730j:image

どう見てもダークライが原因です本当に(ry

 

息子を悪夢から解放するにはみかづきのはねが必要なので、これを入手するためにまんげつじまへ向かいます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122734j:image

ちなみに、Ptでは一度ナミキさんがみかづきのはねを探しにまんげつじまへ向かったものの、トレーナーでは無かったためか見つけることが出来なかった旨を奥さんから聞くことが出来ます。

 

まんげつじまの奥にいるクレセリアに話し掛けると、上述のエムリットと同様『見つけた数』に登録された後にシンオウ地方の徘徊を開始します。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122741j:image

そして徘徊ポケ安定の捕獲後回しである。

 

クレセリアが島を去った後、先程までクレセリアがいた場所にみかづきのはねが落ちているのでこれを拾います。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122737j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115122727j:image

これでナミキさんの息子を悪夢から覚ませることが可能となります。

ミオシティに戻り、息子にみかづきのはねを使いましょう。

 

みかづきのはねを使うと息子は囚われた悪夢から現実へと戻ってくる(=目が覚める)ので、これにてミッション完了です。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122720j:image

ところで息子くんが囚われていたダークライ悪夢の場所って……もしかして、『なぞのばしょ』だったりします……?

 

お次はおくりのいずみにあるもどりのどうくつの探索です。

こちらはDPPtで内容(とかくれいずみへの道・おくりのいずみのBGM)が異なります。

 

DPではのある部屋を三回通ることに成功した先の部屋ギラティナがいて、捕獲に挑戦することが出来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122856j:image

 

一方、メインストーリー中でギラティナの捕獲が済んでいるPtではのある部屋を三回通ることに成功した先の部屋やぶれたせかいへ通じる穴が開いており、そこから向かったやぶれたせかいはっきんだまを入手することが出来ます。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122849j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115122852j:image

はっきんだまギラティナに持たせることでオリジンフォルムを維持できるようになります。

 

こちらはPtのみの要素です。

パルパークでオーキド博士が去り際に言っていたハクタイシティの拠点に行き、話し掛けるとカントー三鳥の徘徊が始まります。

f:id:hoshi_dachi3:20201115122845j:image

……こちとらつい先日ガラル地方そちらの三匹によく似た徘徊ポケモンを捕まえろって言われたところなんですけど!?

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

話は戻って、こちらはDPPtで共通のイベントです。

殿堂入り前は通してもらえなかったチャンピオンロードの先に進むと、タッグトレーナーの一人・マイと一緒に行動するイベントが発生します。

f:id:hoshi_dachi3:20201115165812j:image

 

224番道路側の出口までマイを案内すると同行イベントは終了です。

彼女は道路の先にある石板に来るポケモン(=シェイミ)を見るために訪れたそうですが……。

f:id:hoshi_dachi3:20201115165809j:image

f:id:hoshi_dachi3:20201115165815j:image

こちらの石板にシェイミを訪れさせるには、かつてPtで配布されていた『オーキドの手紙』たるアイテムが必要なんですよね……。

なので、マイシェイミと対面するイベントは今となっては発生不可能ということになります。

非正規手段ことなぞのばしょを用いた裏技ならシェイミがいる『はなのらくえんに到達し、捕獲に挑めること自体は可能らしいですが、イベントそのものは発生しないそうなので。

 

┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈

 

ということで、今回回収したED後要素はここまでとなります!

……ところで、殿堂入り後のジュンの伝言ことキッサキシティで船に乗れ!関連のイベント(◯◯エリア上陸、バクと行動、ヒードランとの遭遇)が全く含まれていませんね?

hoshi-dachi3.hatenadiary.jp

 

この辺りについて、冒頭で触れた通りの理由を説明していきます。

◯◯エリア三か所で発生するイベント、もといED後ストーリーはエリア探索を含めると時間がかかりそうなので、これらについてはポケシフターの開通後に行おうと考えたからです。

 

『ポケシフターの開通』年内から今年度中に引き延ばしたのなら別に時間がかかろうと先にDPPtで◯◯エリア関連イベントを回収しても良いとは思ったのですが、3DSシリーズの生産が終了した』ことがどうも引っ掛かって……というより、もたもたしているとポケモンバンクサービス終了する(=第五世代→第六・第七世代への輸送が止まる)んじゃないかと不安になったので、こちらの不安を先に解消してしまいたい気持ちの方が勝ってしまいました。

キズストくんがサ終決定したのもあってサ終が何よりも怖いんですよね……。

 

そのため、◯◯エリア関連イベントの回収は後に回し、次回からは今年度中にポケシフターを開通する』ことを優先とした『イッシュ冒険レポート』シリーズを始めようと思います。

そして、ポケシフターが開通出来たタイミングで◯◯エリア関連イベントの回収(DPPt)、ED後ミッション(光の軌跡)、体験版以降のストーリー進行(救助隊DX)といった未消化状態のイベント等を進めていきたいと考えております。

その間に最新作(リメイク含む)が出たらまた予定が変わりそうですが……。

あとダイマックスアドベンチャーの伝ポケ捕獲(剣盾)も終わっていないのでそちらもいずれ進めていきます……!

 

という理由で、次回より舞台をシンオウ地方からイッシュ地方に移した冒険を始めていきます!

ではでは……!

| ・∇・)ノシ♪